2006年01月07日

オヤマボクチ

オヤマボクチ Synurus pungens


オヤマボクチは、北海道、本州の中部以北、四国に分布し、山野の日当たりのよい場所に生えるキク科ヤマボクチ属の多年草です。しばしば紫色っぽくなった茎も太めで、草丈は1m〜1.5mを超えることも。草本としては結構な大物で、つける頭花も迫力があります。全体にアザミ属に似た印象もありますが、アザミ属のように葉にトゲはありません。茎は上部でよく枝分かれします。

葉は互生。下部の葉はとても大きく、長さは15cm〜30cmを超えるくらいにもなりますが、上部の葉ほど小さくなります。表面は濃いめの緑色ですが、裏面には白い綿毛が密生しています。縁には鋸歯あり。

同属のハバヤマボクチによく似ていますが、葉の形、特に付け根の形が違います。ハバヤマボクチは三角状で付け根の部分が横に張り出して、その張り出した部分の先が少しとがる感じになります。オヤマボクチの葉は広卵形で、付け根の形は心形、丸っこい感じです。といっても少々微妙なときもありますよね。

オヤマボクチ Synurus pungens


花期は9月〜10月。長めの柄の先に1つずつ大きな頭花を斜め下向きにうつむき加減につけます。頭花の直径は、フジアザミよりは小さめですけれど、4cm〜5cmにもなります。ふつう花びらといっている「舌状花」はなく、すべて濃い紫褐色の筒状花(管状花)からできています。その筒状花はふつうは両性です。総苞の部分は鐘形。総苞片は堅くトゲのように細長くて、外側に開いています。特により外側にある「総苞外片」は反り返ります。総苞には白いクモ毛が多くみられますが、蕾の時にはもっと目立ちます。

ハバヤマボクチとの花の違いをみるなら、1つ1つの筒状花をとりだして、筒の部分の様子を観察します。筒はより幅広の部分と細い部分がありますが、オヤマボクチの場合はその細い部分の長さの割合が短くなっています。ハバヤマボクチだと広筒部と狭筒部が同じくらいの長さです。

アザミ属(Cirsium)の頭花に似ていますが、大きな違いは「冠毛」です。アザミの冠毛はフワフワの羽毛状。でもオヤマボクチの冠毛は羽毛状でなく、褐色を帯びた剛毛なんです。長さは2cmくらいあります。そう果は長さ5mm〜6mmくらいです。

秋も深まり冬の足音が近づく11月の山中。まだ秋の花がちらほら残る林道脇。最盛期は過ぎてしまったけれど、ドライフラワーになるまでには、まだ間のありそうなオヤマボクチの頭花。その総苞片の間には、カメムシたちが数匹もぐりこんでいました。越冬の準備なのかどうなのか。よくまぁ、そんな隙間に入ったものだと感心させられるのでした。

【和名】オヤマボクチ [雄山火口]
【学名】Synurus pungens
【科名】キク科 COMPOSITAE (ASTERACEAE)
【撮影日】2005/11/06
【撮影地】東京都檜原村

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 20:24| 東京 ☀| Comment(29) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。