2005年12月09日

カノツメソウ

カノツメソウ Spuriopimpinella calycina


カノツメソウは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の林内に生育するセリ科カノツメソウ属の多年草です。暗い林の中を通る登山道や林道の脇なんかにちらほらと見られる感じ。茎は細長くて、草丈は50cm〜1mほどになります。毛は生えていません。林内にひっそり咲く線の細いセリ科です。

上にのびた茎につく茎葉は3出複葉ですが、根生葉は2回3出複葉で長い柄があります。小葉はやや大小あって数cmから10cm前後です。先が細長くやや尾状にのびてとがります。小葉の縁には粗めのギザギザ(鋸歯)があります。特に上部の葉では幅が狭くなることが多く、小葉は披針形です。毛は葉脈上にちょっと見られます。

カノツメソウ Spuriopimpinella calycina


花期は8月〜10月。筆者の近辺で見られるセリ科の中では、もっとも花期の遅いセリ科です。同じころに見られるのは、ヤマゼリやノダケあたりですかね。茎の先に「複散形花序」と呼ばれる花序をのばして、小さな花がたくさんつきます。たくさんといっても、それなりの草丈のセリ科の中では、やや花はまばらな方かもしれませんね。花は白色。花弁より長い雄しべが目立つといえば目立つでしょうか。また、小散形花序の付け根の部分には、線形の「小総苞片」というものがヒラヒラと数枚ついています。

果実は長さ5mm程度の長卵形。果実ができるころ、長さ2mmくらいの雌しべの花柱や、ガクの先端部分の三角形が残っています。晩秋のころ、咲き誇っていた秋の花も終わり、木々たちの鮮やかな紅葉が主役となる山道では、カノツメソウも静かに次世代の種子を実らせて、今年の花の役目を終えようとしていました。

「カノツメソウ」という名前は、セリ科っぽくないような、ちょっと変わった名前ですが、これは根の形からきているとか。確かめたことはないですが、鹿の爪の形に似ているのだそうですよ。セリに似ている雰囲気のあることから、山地に生えるセリということで「ダケゼリ」とも呼ばれるそうです。ただし、「セリ Oenanthe javanica」はまさにセリ科の植物ですが、カノツメソウとは別属のセリ属(Oenanthe)です。

【和名】カノツメソウ [鹿の爪草]
【別名】ダケゼリ [岳芹]
【学名】Spuriopimpinella calycina
【科名】セリ科 UMBELLIFERAE (APIACEAE)
【撮影日】2005/11/20
【撮影地】東京都八王子市

■当ブログ内関連記事
ヤマゼリ

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 19:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。