2005年12月10日

ウスゲタマブキ

ウスゲタマブキ Parasenecio farfarifolius var. farfarifolius


ウスゲタマブキは、本州の関東以西、四国、九州に分布し、山地の林内に生育するキク科コウモリソウ属(Parasenecio、以前はCacalia)の多年草です。草丈は50cm〜1mを超えるくらいになります。まだ若いうちはクモの巣状の白っぽい毛、「クモ毛」が見られますが、次第に薄くなっていきます。

葉は丸みのある三角形に近いような卵形。長さは10cm〜15cm、幅も広くて15cm前後〜20cm近く。先は細くなって少しとがります。付け根の方はハート形の上部のように少しくぼんだ心形です。葉柄は長めです。裏面には薄くクモ毛が生えています。このクモ毛が密生しているタイプを「タマブキ (Parasenecio farfarifolius var. bulbifer)」といって、こちらの方は、北海道と本州の関東以北に分布するとされています。

ウスゲタマブキは、葉の脇などに「ムカゴ(珠芽)」ができます。これが大きな特徴です。コウモリソウ属の仲間はよく似ていますが、ウスゲタマブキ、タマブキの他に、ムカゴができるのは、北海道に見られる「コモチミミコウモリ」くらいではないでしょうか。こちらもまた変わっていて、葉柄に翼があって、付け根は茎を抱きこみます。

ウスゲタマブキ Parasenecio farfarifolius var. farfarifoliusウスゲタマブキ Parasenecio farfarifolius var. farfarifolius


花期は8月〜10月。茎の先に細長い円錐状の花序をのばして、長さ1cmほどの頭花をパラパラパラッとですが、それなりにたくさんつけます。

キク科の花なので、1つの頭花は複数の「小花」が集まってできています。しかし、ウスゲタマブキの小花はすべて両性の「筒状花(管状花)」なので、ふつう花びらにみえる「舌状花」はありません。白い筒の先から茶色っぽいヒラヒラが見えるような、いつ花が咲いたんだろうかというような地味なものです。でも筒状花は最盛期には黄色で、先が5つに裂けて反り返っています。筒状花の数は5個〜6個。それを包む「総苞」も細長い筒状で、長さは1cm程度。白色の総苞片が5つ並んでいます。

果実は長さ6mmくらいの円柱形の「そう果」で、白い冠毛があります。

【和名】ウスゲタマブキ [薄毛珠蕗]
【学名】Parasenecio farfarifolius var. farfarifolius
(Cacalia farfarifolia var. farfarifolia)
【科名】キク科 COMPOSITAE (ASTERACEAE)
【撮影日】2005/11/20
【撮影地】東京都八王子市

■当ブログ内関連記事
モミジガサ
テバコモミジガサ

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 18:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10488847

この記事へのトラックバック

花に嵐のたとえもあるさ
Excerpt:       パームスプリングスに咲くひと際目立つ花。 この花の名前は「オオゴチョウ」 沖縄県三大名花のひとつでもあるこの花は、蝶が群舞しているように見えることから黄紅蝶(オオゴチョウ)と名付けられ..
Weblog: 魅力のパームスプリングスとゴルフ生活
Tracked: 2005-12-11 19:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。