2005年12月15日

ツヅラフジ

ツヅラフジ Sinomenium acutumツヅラフジ Sinomenium acutum


ツヅラフジは、本州関東以西、四国、九州に分布し、山地や丘陵地などの林縁などに生育します。ツヅラフジ科ツヅラフジ属の落葉つる性の植物です。「アオツヅラフジ」とは、同じツヅラフジ科ですが別属に分類されています。茎は長くのびて他のものに絡まってよじのぼります。若い茎は緑色ですが、しだいに木化してきます。

葉はハート形に近いようなちょっと幅の広い卵形のものや、5つ〜7つに縁が浅く裂けるものもあって、葉の形はとても変化に富んでいます。今回は、地面に落ちている葉を見て、その存在に気づきました。その葉は裂けるところまでは行かないですが、縁にはちょっと鈍いかどがある感じでした。しかし、何だか様子が変なんですよね。どの葉にも葉柄がないんです。本当だったら5cm〜10cmくらいの長めの葉柄があるはずなのに。落葉時には葉柄と葉身が離れてしまうようですね。そういえば、秋に美しく紅葉していた「ツタ」もそうですね。赤い葉柄が葉身とは別々に散らばっていました。

葉の大きさは、アオツヅラフジよりは大きくて、葉身の長さは5cm〜15cm。表面は濃いめの緑色、若いうちは毛が生えていますが、しだいになくなっていきます。付け根からのびる5本〜7本の葉脈が目立ちます。

花期は5月〜7月。枝の先や葉の脇(葉腋)から円錐状の花序をのばして、小さな花を多数つけます。花序の長さは10cm〜20cm程度。ふつうは雄花と雌花が別の個体につく雌雄異株ですが、しばしば両方つけるものもあるのだとか。花は小さく色は淡い黄緑色、そう目立つものではありません。果実は球形の「核果」で、熟すと黒くなります。果実の直径は6mmくらいです。

先日、アオツヅラフジの果実の中のカタツムリのような、イモムシのようなアンモナイト状の種子、ようやく確認しました。そうなると、このツヅラフジの果実も確かめてみたくなるのですが、その日は結局、ツヅラフジの果実にはお目にかかれませんでした。。。

【和名】ツヅラフジ [葛藤]
【別名】オオツヅラフジ
【学名】Sinomenium acutum
【科名】ツヅラフジ科 MENISPERMACEAE
【撮影日】2005/12/11
【撮影地】東京都八王子市

■当ブログ内関連記事
ツヅラフジ

■Trackback People : 蔓(ツル)植物

posted by hanaboro at 19:52| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツヅラフジを見たいのですが、八王子のどのあたりでしょうか。また他に生育している土地、生育してそうなとちとかあったら教えてください。
Posted by テルシー at 2006年05月10日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。