2005年12月21日

ノササゲ

ノササゲ Dumasia truncata


ノササゲは、本州、四国、九州に分布し、山地や丘陵地の林縁などに生育するマメ科ノササゲ属のつる性の多年草です。結構、身近なところにもふつうに生えているのですが、少し暗めの林内で見られることも多くて、あまりたくさん花をつけているのに出会わなかったりします。果実となると、またなかなか見られなくて、今シーズン見ることができたのは、結局この記事の写真のものだけでした。

葉は質の薄い3つの小葉からできています。表面はやや青みの強い緑色で、薄めの色のこともありますが、裏面はもっと色が薄くて白っぽいです。小葉は長卵形。3枚ともそれほど大きさの差はないですが、頂小葉がやや大きめで、長さは5cm〜15cm、幅は2cm〜4cm。ヤブマメやツルマメなどより葉は大きいのですが、毛は裏面にまばらにあるくらいだし、質が薄く葉脈のシワシワ感がないので、ノササゲの葉は繊細に見えます。

ノササゲ Dumasia truncataノササゲ Dumasia truncata


花期は8月〜9月。葉腋から小さめの花序を垂らして数個の花をつけます。花は淡い黄色のマメ科の「蝶形花」です。長さは1.5cm〜2cmほど。ガクが細長い筒状です。そのガク筒の先は斜めにスパッと切ったような形で、裂片状には裂けないようですね。

豆果は、長さは3cm〜5cm、幅は8mmくらい。先に近い方がやや幅の広い形の鞘で、中に入った豆にそってボコボコとくびれて数珠状になります。ヤブマメだと特に豆果の縁の部分に毛が多く、ツルマメだと枝豆のように毛深いですが、ノササゲの豆果には毛が見られません。

熟すと鞘(豆果)自体が紫色になって、2つに裂けます。中の豆(種子)は、黒紫色の球形で、白っぽく粉をふいたようになっています。1つの鞘の中の種子は3つ〜5つほどです。裂けた豆果からぶら下がった種子は、かなり長い間、豆果から離れずにくっついています。

【和名】ノササゲ [野大角豆]
【別名】キツネササゲ
【学名】Dumasia truncata
【科名】マメ科 LEGMINOSAE (FABACEAE)
【撮影日】2005/11/23、2005/10/13
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
ヤブマメ
ツルマメ

■Trackback People : 蔓(ツル)植物

posted by hanaboro at 18:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。