2006年01月10日

ガガイモ

ガガイモ Metaplexis japonicaガガイモ Metaplexis japonica


ガガイモは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野の日当たりのよい草地などに生育するつる性の多年草です。葉は対生。長いハート形。幅は3cm〜5cmくらい、長さは5cm〜10cmほど。先はとがっています。表面は光沢のある緑色、裏面はやや白っぽい緑色。

花期は8月。葉の脇(葉腋)から花序が出ます。花序は球状で、遠目には白っぽいような紅紫色の花が集まってつきます。1つ1つの花の直径は1cmほど。外側はほぼ白色、内側は紅紫色。白っぽく見えるのは、外が白いだけでなく、内側には白っぽい長めの毛が密生しているからなんですね。夏の咲くのでケバケバは温かすぎかな。花冠の先は5つに分かれて星型、結構ぶ厚くみえます。

花の中央に見えているのは、雄しべと雌しべがくっついた「ずい柱」です。その先には柱頭が突き出しています。ガガイモ科の花では花冠ののどの部分に「副花冠」というものがあります。その副花冠はふつうずい柱の基部をとりまいています。咲いている花の中心部分をまじまじと見ると、副花冠の存在が見えてくるはずです。

果実は長さ10cmくらいの「袋果」で、先のとがった披針形。表面にはブツブツの突起があります。その果実の中には楕円形の種子ができます。この種子には翼がある上によく風にのる「種髪」もあります。種髪は、絹のような毛で、タンポポの綿毛(冠毛)のようなものです。袋の中から出た種子の種髪はパッと開いてなかなか美しいものです。

【和名】ガガイモ
【学名】Metaplexis japonica
【科名】ガガイモ科 ASCLEPIADACEAE
【撮影日】2006/01/08
【撮影地】山梨県

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 20:44| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hanaboroさん、こんばんは。ことしもよろしくです。(^^)/

ガガイモですね。
hanaboroさん、開いた実を見られたんだ。いいな♪
うちの方では、花や若い実まではなんとか見られても、
すぐに刈られちゃうから、実がはじけて綿毛が飛ぶところまでは
なかなか見られないんですよね。
去年は、思いあまって青いうちに解剖してしまったけれど、
今度は私も、自然にはじけた実を見てみたいです。

この殻が、
ちっちゃい神様スクナヒコナノミコトの乗り物なんですよね。
よっぽどちっちゃくて軽くないと 沈んじゃいそうですが…、
神様なら大丈夫なのかな。
Posted by はもよう at 2006年01月10日 21:43
*はもようさん*

一緒、一緒。うちの近くのもみんなきれいに刈り取られてしまいますよ。なかなか熟した果実は見られないんですよね。近所だと植物の最終的な姿を見届けられないのがちょっと残念です。

写真のはちょっと山の高いところだったので、人手が入るのが少ないところでした。たまたま見ることができてラッキーでした。写真のよりももっといい状態のがあったのですけれど、わたしが写真を撮る前に連れが飛ばしてしまいました。うぅ〜。

若い果実って、中身が塊になっていて、それがあの毛のついた種子に変身するのかって、何か不思議ですね。

そっか、神様の乗り物なんですね。果実の殻、そういわれれば、ボートみたいでしたよ。
Posted by hanaboro at 2006年01月11日 20:23
ガガイモの種ってまだ見たことがないのですよ。
と言いましょうか正体不明の種と遭遇していまして、もしかして? と写真を見ていて思いました。
http://blog.goo.ne.jp/ashiato3/e/c9449cbd5c7f01f948745e791c2c2816

はもようさんも書いてらっしゃいますが、少名毘古那神(すくなひこなのかみ)はこの天羅摩船ガガイモの船に乗って大己貴命(おおなむじのみこと:大国主命)のトコロへいらっしゃって、一緒に国造りをされるのです。
http://blog.goo.ne.jp/ashiato13/e/8806638782bb08a626af546366be73e9
すくなひこなの神さまもこの浜にいらっしゃったのかもしれません。
Posted by 夢喰い at 2006年01月11日 21:14
hanaboroさん、お連れの方が飛ばしちゃったの〜?
それは残念。

若い実を開いちゃったときも、
綿毛が絹糸のようにツヤツヤしていて、
これが熟し切って野山をほわほわ飛んでいくのが見られたら、さぞや綺麗だろうなと思ったんですよね。
お連れの方もそう思ったのかな?


夢喰いさん〜(^^)/、
をを!すくなひこなの神様は、ガガイモのお船に乗って、
そちらの方へ着いたんですか。
webで調べても、そこまでは解らないで居たんですよね。
ありがとう。
Posted by はもよう at 2006年01月11日 23:58
*夢喰いさん*

すっ、すごい!神様をお迎えする神事のこと、お船のお話、いろいろ教えてくださってありがとうございます。神話の世界に引き込まれたようで、勉強になりました〜。

正体不明の種子ですが、すでにみなさんのコメントがありましたね〜。ガガイモではないかもしれないですね。でも長〜い毛がきれいですね〜。
Posted by hanaboro at 2006年01月14日 18:10
*はもようさん*

ありゃっつ!どうも何かと勘違いしているみたいですね。ごめんなさい。連れは、一刻も早くわたしに見せてやろうと思って、撮ってきたらしいです。きっと、その前にすっかり中の種が飛んでしまったお船をわたしが必死に撮影していたのを目撃していたからでしょうね。

神様のお話などなど、ありがとうございます〜。またいろいろ教えてくださいませ。
Posted by hanaboro at 2006年01月14日 18:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11545972

この記事へのトラックバック

カズコ・G. ストーンの絵本 ががいもの種
Excerpt: ふわふわふとんカズコ・G. ストーン Kazuko G. Stone しげみむ...
Weblog: Ui-ed
Tracked: 2006-02-14 05:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。