2004年12月02日

ナベナ

ナベナ Dipsacus japonicus


ナベナは、本州、四国、九州に分布するほか、中国や朝鮮にも分布しています。山地の日当たりのよい草地や湿り気のある林縁部などに生育し、草丈は1m〜1.5mくらいまでなる越年草です。越年草というのは、一年草のうち秋に発芽した状態で越冬し翌年に開花結実する草本のことです。

ものすごく珍しい植物というわけではありませんが、だからといってどこにでもあるというわけでもなく、地域によってはレッドリストに入っている植物です。お目にかかれるのはちょとした偶然の出来事のような気がします。

花期は8月〜9月、たくさん枝分かれして長く伸びた枝の先に球状の頭花をつけます。頭花は直径が2cmぐらいで、そこにはたくさんの小さい花(小花)が集まっています。小花の色は淡い紅紫色です。花の最盛期は紅紫色の球がとてもかわいらしいものです。

写真では、花はとっくに終わってしまって茶色くなり、ツンツンとつき出たトゲのようなものが目立っています。これは針状になったガクの裂片で、小花の間から出ています。花時期には緑色で先の方は紫褐色をしています。針状になったガク裂片にはさらに細かい毛がたくさん生えているので、全体的にトゲトゲした印象になります。

茎はかなり丈夫にできているのでしょうか、株全体が茶色になって枯れているのにしっかりと立っていました。「ナベナ」という変わった名前ですけれど、残念なことにその由来はわかっていないのだそうです。

【和名】ナベナ
【学名】Dipsacus japonicus
【科名】マツムシソウ科 DIPSACACEAE
【撮影日】2004/11/28
【撮影地】山梨県富士吉田市

■当ブログ内関連記事
マツムシソウ

posted by hanaboro at 20:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログ大賞の月間賞を発表します!
Excerpt: ブログ大賞の月間賞(11月)を発表します。 「一億人が集まるブログ」にたくさんのトラバをいただき、本当にありがとうございました。この間、多くのブロガーの方々が当ブログを紹介していただき、また励ましの..
Weblog: 一億人が集まるブログ
Tracked: 2004-12-02 22:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。