2004年12月06日

モミジルコウ

モミジルコウ Ipomoea x sloteri
2004/11/23 わずかに残った紅葉

モミジルコウは、もとは「ルコウソウ(縷紅草 Ipomoea pennata)」と「マルバルコウ(丸葉縷紅 Ipomoea coccinea)」の交配種といわれているつる性の一年草です。ルコウソウの葉が魚の骨のように線状に深く切れ込むのに対して、マルバルコウは先端がとがったハート形をしています。モミジルコウはその中間的な葉で、モミジのように手のひら状に裂けた形をしているので、その名があります。ちょうど秋には紅葉するので、細くて小さいモミジみたいにみえます。

花期は夏〜秋。葉の脇(葉腋:ようえき)から長い柄のを出して、赤いロート状の花を咲かせます。ロート状の部分の直径は2cm〜3cmほどで、大きな花ではありませんが、赤色は濃く鮮やかなもので目につく花だと思います。

モミジルコウ Ipomoea x sloteri
2005/06/30 双葉と本葉

栽培されているものが逸出して野生化していることも多いのですが、写真を写した場所は月極駐車場の脇で、他の栽培種の姿もいくつか見えましたから、もしかすると野生化したものではなくて栽培されていたものかもしれません。だとしたら、勝手に撮影してはいけませんでしたね。すみません。

学名についてですが、属名は図鑑によってはサツマイモ属(またはイポメア属:Ipomoea)となっていたり、ルコウソウ属(Quamoclit)となっていたりします。これは、IpomoeaCalonyction(ヨルガオ属)、Pharbitis(アサガオ属)、Quamoclit(ルコウソウ属)を分ける場合とこの4つの属をIpomoeaに含める場合があるためです。

モミジルコウの学名としては、ここでは「Ipomoea x sloteri」としていますが、Ipomoea multifidaQuamoclit cardinalisQuamoclit x sloteriとなっていることもあります。

【和名】モミジルコウ [紅葉縷紅]
【別名】ハゴロモルコウソウ [羽衣縷紅草]
【学名】Ipomoea x sloteri
【科名】ヒルガオ科 CONVOLVULACEAE
【撮影日】2004/11/23、2005/06/30
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
マルバルコウ

この秋といっても、もう冬ですが、これが筆者が写した唯一「紅葉」と名のつくものです。一体、何をやっていたのでしょうね。

posted by hanaboro at 11:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普通のもみじみたいですね。
この先がつるになっているのかと思うと、なんだか不思議な感じです。

いつもながらhanaboroさんのお写真はステキですネ。
Posted by 知三朗 at 2004年12月06日 16:34
■知三朗さん、こんばんは。

青緑色のフェンスに絡まっていたんですけど、小さくて遠くからだと何か赤っぽいものがあるな〜ってぐらいで、よくわからなかったんですよ。写真に写っている葉は長さが3.5cmぐらいで、幅が2.5cmぐらいだったんですけど、近づくとちょっと細身のもみじみたいでしたよ。今年は秋の紅葉をちゃんと観賞することもなく過ぎてしまったものですから、これを見て、一応紅葉狩りをしたということにしてしまいました。

しゃっ、写真ですか〜?いえいえ、そんなステキなものでは。。。上手に写せないもので、ただそこにあるものの力に任せているだけで、わたしは何も工夫せず適当に写しているんですよ〜。過去には本当はお見せしてはいけないようなものがたくさん出ていますし、これからも出るかもしれないので気をつけてくださいね(笑)。
Posted by hanaboro at 2004年12月06日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。