2004年12月10日

タチツボスミレ

タチツボスミレ Viola grypoceras


タチツボスミレは、国内では北海道〜沖縄まで分布し、海岸に近い場所や人家周辺〜亜高山まで幅広く生育しています。日本で最もふつうに見られるスミレのひとつです。

スミレの仲間では多年生の種の場合、ふつうに花が開く「開放花」と開かない「閉鎖花」という2つのタイプの花をつけます。開放花はふつう春に開き、閉鎖花は開放花が咲き終わった後も葉の脇(葉腋)から次々と出てきます。閉鎖花は開かないので、同じ花の中で受粉が行われ結実します。真冬の時期を除けば、年中種子がつくられているんですね。

ところで、写真ですが、これは12月上旬、関東の丘陵地で写したものです。写っているのは開放花です。この場所はひと月ほど前に草刈が行われ、目だった背の高い草はまったくなくなっています。日の光を受けることができるようになった背の低い草たちが、11月の温かさという条件も重なって、あちこちで花を開いていました。昼間は春のような陽気ですが、午前中はまだ葉や花に露が残ります。写真の花は夜の冷え込みなどで早々に花弁が傷んでしまったようですが、周囲の個体は次々と花を咲かせていました。まるで春の里山のようです。

スミレは種類が多く、花弁がなくなると種類を特定しにくい感じがしますが、花の後ろ側に出る「距(きょ)」や花の中から突き出している柱頭の状態、花弁の内側(特に「側弁」)にブラシのような毛があるかどうか、「托葉(たくよう)」という付属物の様子、葉の形や質感などからわかる場合があります。名前を調べるときは花だけではなく、いろいろ観察して総合的に見て判断するということですね。

ちなみに、タチツボスミレの托葉はくしの歯状に切れ込んで、ギザギザしています。

【和名】タチツボスミレ [立坪菫]
【学名】Viola grypoceras
【科名】スミレ科 VIOLACEAE
【撮影日】2004/12/08
【撮影地】東京都日野市

■Trackback
My Garden - お花ダイスキ!」さんの記事
→「たぶん(^^ゞ タチツボスミレ
蕾の状態と、ちゃんと咲いている花の様子がわかります。ほかにも毎日たくさんのお花の情報がアップされていて、いつも楽しいブログです。ぜひ訪問してみてください。

■Trackback People : 野に咲くすみれ

posted by hanaboro at 12:57| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(4) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hanaboroさん
12月でお花が咲いているなんて、とてもびっくりしました〜 
以前お話していたスミレが庭の片隅でようやく産声をあげましたので、いの一番にTBならびにご報告です!

かわいいですよね〜
Posted by すぅ at 2005年04月14日 21:40
*すぅさん*

ご報告、TB、どうもありがとうございます。TBPのことについてお話していたころのこと、覚えていてくださったんですね。うれしいです。道ばたには、ほかにも、ふつうの「スミレ」や「ヒメスミレ」、それから、野生化した「ウィオラ・ソロリア」なんかも見られますよ。

昨年の秋や初冬のころ、こちらはまるで春のような暖かさだったんですよね。それで、いろんな春の花が12月に咲いていました。さすがに年末ごろからは寒い日が続いて、春の花の開花もほとんどなくなりますた。もちろん、今ではたくさん咲いていますよ。
Posted by hanaboro at 2005年04月15日 00:53
hanaboroさん
穴があったら入りたいです。(///o///)ゞ
ありがとうございます。
そうなんですよ〜 野に咲くスミレにTBしたくて、いまや遅しと待っていたので、感激もひとしおでした。

春の花が12月に咲いてしまう異常気象にはちょっと、ムムムですが、でもうれしいプレゼントですね。
Posted by すぅ at 2005年04月15日 10:20
*すぅさん*

あらあら。どうしました?
大丈夫ですよ。穴に入らなくても。。。
こちらこそ、感激もひとしおですよ。あのころからずっと、いつもは抜いちゃうかもしれないタチツボスミレを大事に育ててくれてたなんて、うれしいです。

確かに、冬に春の花が見られるのは、ちょっとうれしかったですね。今日は、タチツボスミレのほかに、ニオイタチツボスミレというのも咲いていました。
Posted by hanaboro at 2005年04月15日 19:28
hanaboroさん、こんばんは。
ようやくこの記事にトラックバックできました。
スミレって意外と種類が多いので同定が大変ですね。
都会でも見られるスミレは、タチツボスミレの一種
と判断しても宜しいのでしょうか。うーん、悩ましい。

P.S.本文1行目、「海岸」の文字に反応してしまったことは内緒です(笑)
Posted by タツヤ at 2005年04月24日 02:33
*タツヤさん*

こんにちは。タツヤさんの記事、拝見いたしました。お写真のスミレは、タチツボスミレで間違いないと思います。

スミレ。種類おおいし、それによく似てるんですよね〜。近くに数種類生えていることもあるし。なかなか、大変なときもありますね。

都会でも、いくつかありますよ。「タチツボスミレ」以外に、ただの「スミレ」という名前のスミレや「ヒメスミレ」などは、アスファルトの隙間でよく咲いています。それから、公園の芝生なんかでは、「ノジスミレ」や白い「アリアケスミレ」などですね。大きくて葉がテカテカした帰化種(園芸種)の「ウィオラ・ソロリア」も多いですよ。このあたりの代表な種をチェックしておくと、わかりやすくなるかも。

そういえば、タツヤさんのブログタイトル「KAIGAN」って、「海岸」のほかにもいろいろと、意味がこめられていたんでしたよね〜。この記事、タツヤさんに見つけてもらえて、うれしいです。記事中に「海岸」って入れておいてよかったな。
Posted by hanaboro at 2005年04月25日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

■白いタンポポ
Excerpt:   12月にシロバナタンポポに出会ったのは初めてです。 私が住む町には、シロバナタンポポが群生している土手があります。 日差しをたっぷり浴びて、早々と咲き出すのが2月頃。 だから、思いっきりフライン..
Weblog: ひなっぺた通信
Tracked: 2004-12-10 17:45

早起きしちゃったかな。 − タチツボスミレ −
Excerpt: 週の初めから好天気続き、陽ざしも柔らかくなり暖かいこの頃 ・・・ 今日は雨模様ですが ・・・ 「 この子たち、早く植え替えてあげないと可哀想・・・? 」 と、鉢の野草に語りかけてる人が居ます。 40..
Weblog: My Pug Log
Tracked: 2005-03-11 10:38

たぶん(^^ゞ タチツボスミレ
Excerpt: 【学名】Viola grypoceras【科名】スミレ科 Violaceae 【和名】立坪菫(タチツボスミレ)   【別名】ヤブスミレ ミツバタチツボスミレ これまで母は雑草だと言い..
Weblog: My Garden - お花ダイスキ!
Tracked: 2005-04-14 21:35

THE ENEMY OF GANDUM
Excerpt: Yesterday, I discovered that the violet looks like ZAKU's head which is the enemy of GANDUM. 先日、秋ヶ瀬..
Weblog: KAIGAN
Tracked: 2005-04-24 02:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。