2004年12月21日

メマツヨイグサ

メマツヨイグサ Oenothera biennis


メマツヨイグサは、北アメリカ原産の帰化植物で、日本には明治の終わりごろ渡来したといわれています。現在は、日本各地の道ばたや荒れ地に見られるほか、世界的に見てもヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど広く帰化しているそうです。図鑑などでは二年草あるいは越年草となっていることがほとんどです。

メマツヨイグサの生活史についてはよくわからないのですが、同じ仲間のオオマツヨイグサ(Oenothera erythrosepala)の場合、栄養分の豊かな土地ならロゼット葉で冬を越し翌年の秋に開花結実して枯れ、栄養分の少ないやせた土地では開花結実するまで数年かかるのだそうです。

マツヨイグサの仲間は他にも数種が日本に帰化していて、最初のころに入ってきたのは、「マツヨイグサ(Oenothera stricta)」と「オオマツヨイグサ」だといいます。これらが、河川周辺で群落を作っていたところに、後から「メマツヨイグサ」が入ってきて勢力を拡大していったといいます。帰化植物同士でも勢力争いがあるものなのですね。このことから、勝手に想像すると、メマツヨイグサはやせた土地でもどんどん生育し開花結実までスピーディーにこなして、あっという間に子孫を増やして分布を広げていったのではないかという気がします。

写真は、メマツヨイグサの根生葉です。とてもきれいに葉っぱが並んでいます。マツヨイグサの仲間でメマツヨイグサと根生葉が似ているのは、オオマツヨイグサですが、オオマツヨイグサの場合は葉の先が丸くなる感じで、メマツヨイグサの方はスッーととんがる感じになります。

[注]花弁の間に隙間があるタイプを「アレチマツヨイグサ(Oenothera parviflora)」として区別する場合がありますが、ここでは区別していません。

【和名】メマツヨイグサ [雌待宵草]
【学名】Oenothera biennis
【科名】アカバナ科 ONAGRACEAE
【撮影日】2004/12/08
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
ユウゲショウ

posted by hanaboro at 18:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロゼット図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1359583

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。