2004年12月27日

ウシハコベ

ウシハコベ Stellaria aquatica


ウシハコベは、北半球に広く分布し国内でも日本全土に分布しています。田畑のあぜや山野の草地、林縁、河原などやや湿り気のあるところにふつうに見られる越年草または多年草です。一般的な図鑑ではだいたい「…または多年草」という記載がされています。しっかり調べたわけではないのではっきりいえないですけど、個人的にはこの草が多年草という印象ではありません。根でも掘ってみればわかるかもしれませんね。

ハコベの仲間はよく似ていてなかなか見分けにくいことも多いのですが、ウシハコベはちょっと独特なものなのでわかりやすい種類です。芽生えや幼植物での区別は難しいかもしれませんが、ある程度生長した個体ならまず間違えることはないでしょう。

花がさく前の時期なら葉や全体の感じ見ますが、「ハコベ(Stellaria neglecta)」や「コハコベ(Stellaria media)」の葉が卵形で1cm〜2cm程度で草丈も10cm〜30cmくらいなのに対して、ウシハコベの葉は長い卵形で2cm〜大きいものでは5cm以上で草丈も30cmを越えることも多く50cmほどにまでなります。とにかく全体的に大柄なんです。それで、ハコベよりも大きいことを「牛」にたとえて「ウシハコベ」とよばれています。

花があればさらに見分けやすくなります。ナデシコ科の植物ですので、花弁やガクよりも種子のできる子房が上にある「子房上位」の花です。5枚の花弁は深く2つに裂けているので10枚あるように見えます。一番注目したいのは花の中心部です。雄しべは数本あり中央には雌しべがあって下部が丸くふくらんでいまが、これが子房です。子房の先端部分を見ると、白っぽい糸状のものが5つあるのがわかります。これは花柱です。ほかのハコベは花柱の数が3本ですが、ウシハコベは5本。そのため、ほかのハコベ属とは異なる「ウシハコベ属 (Myosoton)」と分類されることもあります。

また、北海道の山地のやや湿り気のある場所では、ウシハコベにそっくりの「オオハコベ(エゾノミヤマハコベ Stellaria bungeana)」が見られますが、オオハコベも花柱の数が3本なので区別できます。

写真は、すでに花は終わって果実ができている状態です。こんな状態になっても花柱はまだ残っているものなんですね。全体的にみても枯れかけている感じですけど、葉が大きく長いことやかろうじて数えられる花柱から、ウシハコベとわかりましたよ。まあ、花柱の数の話をするのにこの写真では、説得力がありませんけれど。。。

【和名】ウシハコベ [牛繁縷]
【学名】Stellaria aquatica
【科名】ナデシコ科 CARYOPHYLLACEAE
【撮影日】2004/12/24
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 19:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。