2005年01月01日

ドイツスズラン

ドイツスズラン Convallaria majalis


花壇などで一般的に栽培されている「スズラン」の多くはヨーロッパ原産の「ドイツスズラン (Convallaria majalis)」といわれています。日本国内の野生種のスズラン (Convallaria keiskei)は、北海道、本州、九州の山地や高原の草地に生え、ドイツスズランより小型です。こちらは日本以外にアジア東北部に分布していて、ドイツスズランの変種 (Convallaria majalis var. manshurica)として取り扱われることもあるようですね。

花期は5月〜6月、長さ20cm〜30cmぐらいの花茎を出して十数個の白いベル型(鐘形)の花を咲かせます。花の長さは1cmぐらい、直径は1cm〜1.5cm。花には芳香があって香水の原料としても利用されています。ふつうドイツスズランの方が香りが強く花も葉も大きくて、葉の色は濃く光沢がある感じがします。また、国内のスズランが葉の影にかくれるように咲くのに対して、ドイツスズランは葉と同じくらいの高さまで花茎が伸びます。

ドイツスズランもふつうは白い花ですが、園芸品種にはピンクや紅色のものや八重咲きのもの、斑入りなどがあります。花が終わると球形の果実(液果)ができますが、秋ごろには赤く熟してきます。写真は一番熟した時期を過ぎてしまったからでしょうか、果実がシワシワになって梅干のようでした。

【一般名】ドイツスズラン [独逸鈴蘭]
【英名】リリー・オブ・ザ・バレー(lily of the valley)
【学名】Convallaria majalis
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2005/01/01
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1453816

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。