2005年01月07日

ツルコケモモ

ツルコケモモ Vaccinium oxycoccos


ツルコケモモは、国内では北海道と本州中部以北に分布し、亜高山〜高山の高層湿原に生えます。日本以外でも北半球の亜寒帯〜寒帯に分布しています。茎は細くあまり上には伸びずミズゴケの中をはうようにして伸びていくので、高さにすると数cmほどです。本当にか細い茎ですが、ツツジ科の植物で常緑矮性低木という扱いです。

学名の扱いは図鑑によっていろいろあるようですが、下記サイトによれば、
「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/bgplants/ylist_main.html(2005年1月7日)
Vaccinium oxycoccos L. が標準で、Oxycoccus quadripetalus Gilib. などは異名(synonym)とされています。「Vaccinium」はスノキ属で、「Oxycoccus」とする場合はツルコケモモ属ということになります。

花期は6月〜7月ごろで、一般的な夏山シーズンより早めです。時期をはずすと開花しているものにもなかなか出会えませんが、今回は実を見つけるのにも苦労してしまいました。湿原の中に葉はたくさん見えるのですが実がないんです。細長い柄の割には丸々とした大きめの果実(液果)をつけるもので、どうやらミズゴケの間にかくれてしまうようですね。おかげでこの実を求めて真夏の湿原の木道を行ったり来たり。上の写真はそうやってようやく写せたものなんです。まだ熟してはいませんが、「クランベリー(cranberry)」の素質が見え、おいしそう。。。

ツルコケモモ Vaccinium oxycoccos


葉はちょっと分厚い革質で互生(互い違いにつくこと)、長さは1cmぐらいの卵を細長くしたような楕円形です。

花も美しく、淡い紅紫色の花冠が4つに深く裂けて反り返ります。パッと花だけ見るとまったくツツジ科の植物に見えません。

【和名】ツルコケモモ [蔓苔桃]
【学名】Vaccinium oxycoccos
【科名】ツツジ科 ERICACEAE
【撮影日】2004/08/12
【撮影地】福島県南会津郡檜枝岐村

posted by hanaboro at 19:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1511058

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。