2005年01月08日

アメリカイヌホオズキ

アメリカイヌホオズキ Solanum ptychanthum


アメリカイヌホオズキは、北アメリカ原産で道ばたや荒れ地に生える一年草です。ナス科ナス属の植物ですが、よく似た種類もいくつかあり個体差もあってちょっとわかりづらいこともあります。特によく似ているのは、「イヌホオズキ (Solanum nigrum)」、「テリミノイヌホオズキ (Solanum americanum)」あたりです。学名の取り扱いもゴチャゴチャしているようですが、今回は下記サイトに従って表記しました。
米倉浩司・梶田忠 (2003) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/bgplants/ylist_main.html
(2005年1月8日)

特に身近でよく見られるイヌホオズキとアメリカイヌホオズキの違いをかなりおおざっぱにちょっとだけ。イヌホオズキの花は白色ですが、アメリカイヌホオズキは白色のこともありますが淡い紫色のことも多いです。1枚目の写真はアメリカイヌホオズキの若い果実ですが、果実は軸の先の方に集まってついています。これが熟すと光沢のある黒い実になります。これに対して、イヌホオズキの果実は散らばってつき熟しても光沢がありませんので、実のあるときの方が区別しやすくなるかもしれません。

果実は垂れ下がってついていますが、花が咲く前は斜め上〜横向きというぐらいで花が終わるにつれて花茎が下がってくるという感じです。球形の果実は、直径5mm〜8mmで若い時期からすでにツヤツヤ。

アメリカイヌホオズキ Solanum ptychanthum


2枚目の写真は、枝の先端部分にあった蕾で花冠が開く前のはずですが、先からは柱頭(雌しべの先)が見えています。雌性先熟ってことなんですかね。いや、他のを見るとそうとは限らないようですね。一般的な花期は7月〜10月ですが、2004年は暖かさが長く続いたからでしょうか、12月になってもまだアメリカイヌホオズキ以外にも冬には枯れるタイプの草本類が開花していました。とはいってもアメリカイヌホオズキはそれなりに寒さを感じ取っているようで、茎や葉の表面は紫褐色に変色していました。

茎が紫褐色になる傾向があるのは、どちらかというとイヌホオズキの方なんですが。。。草丈も時期はずれだったからか25cmぐらいでしたけど、本来は30cm〜大きいものでは80cmぐらいまでなるということです。また、アメリカイヌホオズキの場合は、よりたくさん枝分かれする傾向があるので茎が横に広がってゴチャゴチャと重なっています。それで、どこにカメラを向けようかと困ってしまうこともしばしばです。

【和名】アメリカイヌホオズキ [亜米利加犬酸漿]
【学名】Solanum ptychanthum
【科名】ナス科 SOLANACEAE
【撮影日】2004/12/08
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 19:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

イヌホオズキとニジュウヤホシテントウ
Excerpt: 志賀高原から帰ってきた日の夕方にフラッシュで撮影。なるべくニジュウヤホシテントウが写る角度で撮ったつもり。翌13日の15時半頃。イヌホオズキの葉っぱはもうボロボロ。ニジュウヤホシテントウに食われまくり..
Weblog: 庭の観察
Tracked: 2005-08-16 15:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。