2005年01月12日

キランソウ

キランソウ Ajuga decumbens


キランソウは、本州、四国、九州に分布し山野や人家近くの道ばたなどにふつうに生える多年草です。変わった名前ですが、「キ」は紫の古語、「ラン」は藍色という意味で、花の色からキランソウという名前になったのだといいますが、名前の由来や漢字の表記には諸説あるようで、漢字では「金瘡小草」、「金襴草」などとされています。また、放射状に地面にへばりつくよう広がるので「ジゴクノカマノフタ」というこれまたすごい別名まであります。種子でも増えますが、走出枝を伸ばしてすぐ隣に新たな株がどんどんできていくので、そのあたり一帯に群生していることもしばしばです。

花の咲く時期でも、上方にどんどん伸びるわけではなく地面にはりついていますが、冬の間もロゼット葉を出して過ごしています。暖かい時期に比べると勢いはなく葉も紫褐色で地面や落ち葉と同化しています。より地面に近いところにある越冬中のロゼット葉は、花が咲くころに出てくる上部の茎葉より大きめです。

葉の先端や縁の鋸歯(ギザギザ)はとがらず、うねうねとした葉はとらえどころのないような形をしていますが、全体に縮れた毛がたくさん生え表面はでこぼこしていて、意外と特徴的な葉ともいえます。それで花がなくてもだいたいそれだとわかりやすいです。越冬中は全体的に紫褐色になっていますが、暖かい時期の葉は濃い緑色で、縁や主脈がおもに紫色に染まっています。

花期は3月〜5月。葉の脇(葉腋)に濃い紫色の唇形花をつけます。唇形花はシソ科の植物などに見られる基本的な花の形ですが、キランソウ属の植物の場合、上唇は目立たず、下唇(舌のように見える方)が大きくなる特徴があります。

【和名】キランソウ [金瘡小草]
【別名】ジゴクノカマノフタ [地獄の釜の蓋]
【学名】Ajuga decumbens
【科名】シソ科 LABIATAE
【撮影日】2005/01/12
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 13:05| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | ロゼット図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キランソウは大好きです。地獄の釜のふたとはすごい名前ですが、煎じて飲むと医者要らずというぐらいに薬効があるとか。園芸種のアジュガもいいですが、道端で見つけるキランソウはいいですね。
Posted by blc at 2005年01月13日 19:43
■blcさん、こんばんは。

キランソウ、いろいろ薬効があるもんなんですね。今、Google検索しましたら、生薬名は「筋骨草」というそうで、地方によっては医者倒しとか医者ころしともいうらしいですね。地獄の釜の蓋といい、何だかすごい呼ばれ方をしているなあと改めて思いましたよ。

園芸種のアジュガは花茎も上に長く伸びるタイプなどはかなり華やかですよね。キランソウは小さいですけど、1つ1つの花はきれいな形をしていて、色もなかなかの味わいがあると思います。道ばたのキランソウはわたしもよく写真に撮りますよ。
Posted by hanaboro at 2005年01月13日 21:27
お早うございます。
地震の被害はありませんでしたか。
少し長い揺れでした、とうとう関東地方にもやって来ましたかね?イヤですね。
昨日、国分寺崖線(はけ)歩きの一端で、春秋二日だけ開放する日立中央研究所の庭園・・・武蔵野の自然が残る・・・の見学に行ってきました。
構内には、キランソウ、ムラサキケマン、色々のスミレたち、関東タンポポなど珍しい野草があり楽しめました。
他の方は上ばかり・・・サクラ・・・見て歩いていました。
そこから、武蔵小金井までの崖線を歩きましたが、殆どが住宅地になっていて湧水の場所も減ってきているようです。
せめて、今残っている庭園・森・農地などが残せたら良いのにと思いました。
我が家で育てています、キランソウの記事TRします。
Posted by upplain at 2005年04月11日 08:32
*upplainさん*

おはようございます。
地震は、恐ろしいですね。upplainさんのところは大丈夫でしたか。こちらより、ゆれが強かったのではないかと。。。

ご心配いただいて、ありがとうございます。確かにちょっと長くゆれましたから、怖かったですけども、特に被害はなくて大丈夫です。

「日立中央研究所の庭園」、いろいろな野草たちがたくさん咲く、自然豊かなところのようですね。今も残るこういった貴重な場所は、ずっと残していきたいものですね。

こちらでも、サクラの下では、キランソウがちょうど見ごろですよ。地面のところどころに紫色の塊があって、パッチワークのようになっていますよ。
Posted by hanaboro at 2005年04月11日 10:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

− キランソウ ・ アジュガ − シソ科の植物
Excerpt: 今日は、我が家で咲いている地味な花を紹介します。 シソ科なので、花弁を見るとタツナミソウやホトケノザ、ヒメオドリコソウなどに似通っています。   ◇ キランソウ ◇  シソ科キランソウ属  学名 : ..
Weblog: My Pug Log
Tracked: 2005-04-11 08:34

キランソウ(金瘡小草)
Excerpt: 雨が小降りになったので、裏山開墾畑脇のキランソウを自分のイメージ通りに撮って来ました(2006.5.13 10:55撮影)。 キランソウは根生葉が地面に張り付くように放射状に広がって、写真のように他の..
Weblog: Sr.ボスケの山野草日記
Tracked: 2006-05-13 16:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。