2005年01月18日

ヒメミカンソウ

ヒメミカンソウ Phyllanthus matsumurae


ヒメミカンソウは、本州、四国、九州に分布し、道ばたや畑に生える一年草です。草丈は10cm〜30cmほど。トウダイグサ科の植物ですが、コミカンソウ属(Phyllanthus)は、茎を折っても乳液が出ません。

同属の「コミカンソウ Phyllanthus urinaria (または Phyllanthus lepidocarpus)」とはよく似ていますが、コミカンソウの場合は斜め横に出る横枝にのみ葉がつくのに対して、ヒメミカンソウは主要な茎にも葉がつくので、パッと見たときの姿が違います。また花の後にできる果実にも違いがあります。果実は両種とも直径2mm〜3mmほどでちょっと平たくなった球形ですが、コミカンソウの方は表面に隆起した突起があって赤みを帯びることが多いですが、ヒメミカンソウの果実の表面はツルツルで色は黄緑色です。

葉は互生してつき形は長い楕円形で長さは1cm内外です。花期は8月〜10月、葉の脇(葉腋)につきます。雄花と雌花がありますが、雌雄同株…つまり同じ株に雄花も雌花も咲きます。同じ株の中でも雄花と雌花は特に位置が別れてつくわけではなく、混じり合ってついています。花は小さく地味なもので目立ちませんが、ガクと花弁の区別が特になく雄花だと4〜5枚、雌花だと6枚の花被片があります。雄花には雄しべのほかに腺体もあります。一方、雌花の花柱の先は大きく3つに裂けたものがさらに2つに裂けるので、「ハサミムシ」のハサミの部分が3つくっついたような状態です。

名前はおそらく「コミカンソウ」の方が先についたのだと思いますが、果実を小さな「ミカン」にみたててつけられています。しかし、まあ、トウダイグサ科の植物というのは個性豊かでおもしろいものですね。

【和名】ヒメミカンソウ [姫蜜柑草]
【別名】チョウセンミカンソウ
【学名】Phyllanthus ussuriensis (Phyllanthus matsumurae)
【科名】トウダイグサ科 EUPHORBIACEAE
【撮影日】2004/10/11
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 18:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。