2005年01月28日

スイセンノウ

スイセンノウ Lychnis coronaria
2005/01/27 冬の芝生の脇

晩秋のころから春の暖かくなるまでの時期、野山で越年草や多年草の小さな芽生えや大きなロゼット葉を見ることができます。でもそれは、野山の草たちに限ったことではありません。園芸植物でも同じことで、地上に芽を出して越冬している多年草もたくさんあります。写真のスイセンノウ(Lychnis coronaria)もその1つで、その姿は、「ハハコグサ」のロゼットをかなり分厚く巨大にしてよりケバケバにしたような感じです。と書いたもののあんまり似ていませんね。。。

スイセンノウは南アフリカ原産で、園芸的な取り扱いは、秋まき一年草(越年草)、または宿根草となっています。耐寒性はあるようですが、数年たった株の場合、寒い地域では冬の間、地上部は出ているのでしょうか。種子は春まきもできますが、開花は翌年になるようです。

花期は5月〜9月、最もふつうなのは赤紫色だと思いますが、他にも白、赤、ピンク色があります。花の直径は2cm〜3cmくらいで、枝の先につきます。花弁は5枚です。特に、赤紫のタイプは、白い葉や茎とのコントラストがとても鮮やかなものです。草丈は50cm〜70cmほど。花が終わり、果実がすっかり熟して茶色になったころ、茎をゆするとカシャカシャと音がします。筒を逆さにして掌の上で軽くたたくようにすると、中から細かい種子がたくさん出てきます。

ナデシコ科センノウ属の植物で、同属の植物は北半球の温帯から寒帯に30種ほどが知られていて、そのうちの数種が日本に自生しています。例えば、「フシグロセンノウ(Lychnis miqueliana)」、「マツモトセンノウ(Lychnis sieboldii)」、「センジュガンピ(Lychnis gracillima)」などです。センノウ属の花は子房がガクや花弁より上につく「子房上位」の花で、ガクはくっついて(合着して)筒状になります。花柱は5つあって果実は5つに分かれます。というように、「5」というのが基本となっていて、図鑑などでは「花は5数性」などと書いてあります。

また、ここでは、「センノウ属 (Lychnis)」としましたが、「シレネ属 (Silene)」に分類され、学名は「Silene coronaria」とされることも。

スイセンノウ Lychnis coronaria
2005/04/30 春の河原

乾燥には強く、意外と都市部の月極駐車場の脇などでもよく咲いています。原産地では岩場などの乾燥気味の場所に多いようです。一度生えると、こぼれダネからふえることも多いです。どちらかといえば、手をかけすぎて水のやりすぎで根ぐされして枯れることがあります。

全体が白い毛で覆われていてビロードのような感触があることから、フランネルという布のようだということで、「フランネルソウ」とも呼ばれます。子ども時代を過ごした家の裏庭には一時期、スイセンノウがありました。特に関連はないのだと思いますが、この花が咲くころ、近くを「アカビロードコガネ」がよく飛んでいました。小さいけど触るとキシキシいって、オレンジ色の独特の光沢のあるコガネムシ。まだ幼なかったわたしは、大人たちがビロードといっているのが、虫のことなんだか花のことなんだか、その後何年もの間ゴチャゴチャになっていましたけど、名前としては虫の方でしたね。

【和名】スイセンノウ [酔仙翁]
【別名】フランネルソウ、リクニス
【英名】Mullein pink
【学名】Lychnis coronaria (Silene coronaria)
【科名】ナデシコ科 CARYOPHYLLACEAE
【撮影日】2005/01/27、2005/04/30
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 19:46| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | ロゼット図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hanaboroさん
こんにちは〜 我が家のスイセンノウもずいぶん大きくなってきました!
今年はたくさん咲きそうです。東京ではもうそろそろ咲いていますか?
白のスイセンノウもかわいいので、欲しいなぁ〜って思っています。
本当に乾燥に強いですよね。あまりの繁殖振りにちょっとびっくりしています。
いつものように、TBさせていただいてしまいました。よろしくお願いします。^−^
Posted by すぅ at 2005年05月14日 16:51
*すぅさん*

こんにちは!
ずっと以前は、スイセンノウといえば、あも濃い赤紫色の花を思い浮かべていましたけれど、最近、ときどき白花も見るようになりましたね〜。

こちらも今、グングン生長しているところですよ。まだ花は見てないですね〜。東京の多摩地区の丘陵地なんですが、だいたいの花が都心よりほんの少し遅かったりします。

この記事の写真は、冬の寒い最中に写したものだったので、とっても寒々としてます。あとで、春に写したものを追加しようかなと思っています。河原の石だらけのとこに生えていたものなんですけど、やっぱり乾燥には強そうな雰囲気をかもしていました。
Posted by hanaboro at 2005年05月14日 19:52
hanaboroさん 
是非、是非 春のお写真も待っています!
グングンという形容がぴったりの感じで、背丈も結構大きくなるのですよね〜 
発芽したものは捨てるのがかわいそうで、無理やり植えているのですが、近くのお花たちが窒息してしまうのではないかと、きが気でなりません。
大丈夫かなぁ〜
Posted by すぅ at 2005年05月14日 21:01
*すぅさん*

ありゃ?実はすでに追加してましたです。入れ違いになっちゃったかな。2枚目のが、その春の河原で撮ったものだったんですが、これまた夕方に撮影したもんで、やっぱり何だか寒そうですね。

今はもっと生長してますです。背丈大きくなってますよ。30cmくらいにはなってるんじゃないかな。

そうそう、種まきをすると、間引きができなくて、困っちゃうことありますね〜。どこか他のスペースがあるといいのだけど、なかなかそうもいかないですよね。
Posted by hanaboro at 2005年05月14日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

私、「スイセンノウ」と申します。 by すぅ
Excerpt: 【学名】Lychnis coronaria 【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】スイセンノウ属 【和名】酔仙翁(スイセンノウ) 【英名】Mullein pink ..
Weblog: My Garden - お花ダイスキ!
Tracked: 2005-05-14 16:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。