2005年01月29日

パンジー

パンジー Viola×wittrockiana
2005/01/20 撮影

パンジーはヨーロッパや北アメリカなどに分布するスミレ科Viola属の主に4つの原種、「ビオラ・アルタイカ(Viola altaica)」「ビオラ・カルカラータ(Viola calcarata)」「ビオラ・トリコロール(Viola tricolor)」「ビオラ・ルテア(Viola lutea)」などを交配して作られた超巨大輪〜中輪の園芸品種群です。「ビオラ」の場合は「ビオラ・コルヌタ(Viola cornuta)」という小輪多花性の性質をより受け継いでいます。

パンジーとビオラの区別は特に明確なものがあるわけではなく、だいたい花径が5cm〜6cm以上のものをパンジー、3cm〜4cm以下のものをビオラと呼んでいます。しかし、品種の改良がどんどん進んでいて、見た目の花の大きさでわける境目はほとんどわからなくなっています。

Viola属の植物は世界中に広く分布していて、400種以上が知られています。日本にも50種以上が分布していてすべて多年草です。パンジーも本来は常緑の多年草ですが、園芸的に一年草として扱われているものは特に夏越しは難しいです。軒下などで梅雨の長雨を避け、夏も直射の当たる時間を少なくするなど、条件が整えば不可能ではありません。とはいうものの、2004年の夏は越えられませんでした。。。2003年は大丈夫だったんですけど。

パンジーの品種改良は19世紀初頭から始まっていたそうで、現在でも毎年、新しい品種が発表されていて、現在、その品種の数は数千にのぼるといいます。花の大きさ、色も様々で、花の真ん中に目(ブロッチ)が入るものや、単色のものなど非常に多彩です。今ではブロッチが入っているものはふつうですが、もともとは珍しかったもので、これも品種改良で固定された形質だということです。

パンジー Viola×wittrockiana
2005/01/01 撮影

写真は年始早々雪に埋もれていた、特に品種名のないやや大輪のパンジーです。やはり寒さにはかなり強いですね。2004年の年末の雪やその後も霜柱がたったりする中でも開花しています。特に冬咲き性ではないので、ちらほらと咲いていますが、気温が低い分、暖かい時期よりは花持ちがよく、色も濃いめに出ています。

パンジーはもともとは春咲きだったものが、改良によって秋から咲き始める早咲き種が一般的になってきました。早咲き種は11月から花を咲きはじめ春遅くまで咲きます。それでも、気温の低い冬期は開花数が減るのがふつうでしたが、数年前からサカタのタネの「LRアリルシリーズ」など、冬でもよく花をつけるタイプも登場しています。このシリーズは花径7〜8cmの大輪で、9月の初めに種をまくと11月〜12月ごろ年内から開花が始まります。LRとはロングラン(Long Run)の略で長い期間にわたって開花する性質を表しているのだそうです。

「パンジー」という名前は「パンセ(考える)」というフランス語からきていて、和名の「サンシキスミレ(三色菫)」は、原種の1つ「ビオラ・トリコロール(Viola tricolor)」が青、黄、白の三色を持っていたことに由来しているそうです。学名は「Viola x wittrockiana」で、「wittrockiana」はスウェーデンのWittrockという人にちなんでいます。

【一般名】パンジー
【和名】サンシキスミレ [三色菫]
【別名】サンショクスミレ
【学名】Viola×wittrockiana
【科名】スミレ科 VIOLACEAE
【撮影日】2005/01/01、2005/01/20
【撮影地】東京都日野市

■余談。
正直に言うと、長い間ずっとパンジーのよさというものがわかりませんでした。いえ、今もわかっているとはいえません。ただ、2002年の秋の種苗カタログを見てはじめて、パンジーをきれいだと思いました。その品種は「LRアリルワインフラッシュ」。深みのある微妙な色合いがたまらなかったので、翌年、種まきをしました。冬咲き性にもかかわらず技術に乏しくて、冬の間はほとんど咲かせられませんでしたが、2003年春、育った苗が咲きそろいました。しかし、微妙な色合いは固定されにくいようですね。いろんな花が咲きました。まあ、その変異を楽しむべきなんでしょうね。

■Trackback !
びたみん園芸」さんの「冬のパンジー/ビオラ最終章」の記事にパンジーつながりでトラックバックさせていただきます。「LRアリルワインフラッシュ」のお写真のほか、いろんなパンジーとビオラのお写真が見られます。管理人のにんママさんはたくさんのお花を育てておられて、いろんなお花の楽しいお話が聞けますよ。

posted by hanaboro at 19:32| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(4) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも勝手にROMさせていただいています。
東京でもついたちは雪でしたか。。
このパンジー、雪に栄えてとてもキレイですね。
可哀想な子たちへの優しい目と解説にいつも感服しています。
この頃、花の世話がないがしろになって、反省しきりです。。。。
Posted by フラウ at 2005年01月29日 22:47
■フラウさん、こんにちは。

ここの拙い記事をご覧くださって、とてもうれしいです。フラウさんのブログ「★酒洒落落★」拝見させてもらいました。テニス、なさるんですね。何かカッコイイよくてうらやましいです。

花。わたしもいくらかは育てているんですが、ほったらかしになってしまうことが多いんですよね。今は寒いことを言い訳にしてしまっています。植物たちには、優しくないかもしれませんね。のらりくらりとしたブログですが、これからもよろしくお願いします。

フラウさんのところは神奈川ですね。だったら、こちらとあんまり変わらないのかな。実際に雪が降ったのは年末の29日と大晦日でした。元日は晴れていてもう雪はやんでいましたね。雪かきの音で目が覚めました。

年末まで咲いていた秋の花などは、その後枯れてしまったり、かなり弱った状態になってしまったんですが、パンジーは平気ですね。写真の場所には他にも20株くらいはパンジーがあるはずなんですが、他の株は雪に完全に埋まってしまっていました。あまり日が当たってなくて、ガタガタと震えながら撮った写真です。
Posted by hanaboro at 2005年01月31日 10:27
hanaboroさん、こんばんは。
私のところにも来てくださったんですね。有難うございます。

家は「神奈川でもあまり雪が降らなくて、今シーズンも23日に一度うっすら積もっただけでした。
今日も寒かったので、よそでは雪かなと。。。

これからも、図々しく図鑑として参考にさせていただきますね。
Posted by フラウ at 2005年01月31日 18:48
hanaboroさん、こんにちは
私もワインフラッシュ、好きです。
花壇に植えていますが、確かに雪をかぶっても花の痛みは少なく、大変丈夫なようですね。
今は濃いワインカラーでシックな印象ですが、少し暖かくなれば中心の黄色が大きく出て、グラデーションが大変美しいです。
hanaboroさんは渋好みとお見受けしました。
私も基本的にはそうです。と言うか、そうでありたいと思っています。(^-^ゞ。。。。
Posted by にんママ at 2005年01月31日 19:02
■フラウさん、こんばんは。

今日のところはこちらも晴れていましたが、今週の週間予報では、いつか降るかもしれませんね。参考にしていただいて、うれしいのですが、ここのブログは「花図鑑」とついてはいても、「ボロボロ」ですからね。ご利用はどうか計画的に。。。


■にんママさん、こんばんは。

ワインフラッシュ。色合いが深いですよね。グラデーション、本当すごいと思いました。冬に咲き続ける性質をもったものだけに、花も丈夫なんですね。

渋いの、好きですね。飽きがこないですから。でも、極端なもので、シクラメンやポインセチアなどクリスマスカラーのド派手なものもかなり好きだったりするんです。
Posted by hanaboro at 2005年01月31日 22:21
ばぁか
Posted by うさぎ at 2006年09月03日 15:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1757825

この記事へのトラックバック

冬のパンジー/ビオラ最終章
Excerpt:  しつこく他のパンジーも公開します。左はF1種のアリル・ピーチ。買った当初はいちごショートの方が可愛らしかったけど、咲き進むにつれて、こちらの方が好きになった品種。いちごショートは赤が濃くなっちゃっ..
Weblog: びたみん園芸
Tracked: 2005-02-05 02:50

スミレ二題 − ビオラソロリア ・ ヒゴスミレ −
Excerpt: このまえ「タチツボスミレ」を見せましたが、この暖かさで次々と小さな庭に花の種類が増えてきました。 昨春、銘水で有名な南アルプス 白州の”ペンション ボーンフリー”で頂いた 「ビオラソロリア」 が咲きま..
Weblog: My Pug Log
Tracked: 2005-03-17 11:28

春がいっぱい
Excerpt: 年が明けて冬の花から春仕様に植え替えする時に植えたビオラが花盛りです。 花が終わったらすぐに花茎の根元から摘んであげると次から次に蕾を付けます。 手入れをしなくてもこんもりと咲きそろってくれる..
Weblog: フリーアナウンサー 今野節子のLiebeな日々
Tracked: 2005-05-09 15:48

発芽の始まり^^
Excerpt: 温度や環境管理は大丈夫か?おまけに、reo*に掘り返されてしまって心配していた、最初に種蒔きしたパンジーがなんとか、やっと、発芽を始めたようです(≧∇≦)b種蒔きから5日後の様子です。約20粒の種のう..
Weblog: Mydailylife
Tracked: 2007-08-29 16:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。