2005年01月31日

コモチマンネングサ

コモチマンネングサ Sedum bulbiferum


コモチマンネングサは、本州、四国、九州、沖縄に分布し、道ばたや田畑のあぜなどに見られる多年草です。草丈は数cm〜20cmくらいです。同じ属で黄色の5弁花をつけるマンネングサの仲間には「ツルマンネングサ (Sedum sarmentosum)」「マルバマンネングサ (Sedum makinoi)」「メキシコマンネングサ (Sedum mexicanum)」など他にも数種ありますが、花はどれもよく似ています。コモチマンネングサの大きな特徴はなんと言っても葉の脇に珠芽(むかご)をつけることです。それで、名前もコモチマンネングサといいます。珠芽にはだいたい2対〜3対の葉があって、花が終わったころ地に落ちて、夏を越し、さらに冬も越します。種子はできないので、繁殖はもっぱら珠芽による栄養繁殖ということになります。

花は5月〜6月。直径1cm弱ぐらいの黄色い5弁の花で、ガク片は5枚、雄しべは10本です。尖ったような形の雌しべも5本あって根もとの方でくっついています。珠芽が落ちてすぐ増え、暖かくなるとグングン伸びてきてしまうので、畑や庭では嫌がられる存在ですが、星を散りばめたような花はそれなりに見所もあるのではないでしょうか。

コモチマンネングサは、生長した姿なら、それとわかりやすいと思います。上部の葉は互生し茎の上部になるにつれて、葉は小さくなります。上部の葉の形は細長いヘラ状です。

珠芽が少しだけ生長したぐらいの幼植物の段階では、やっかいなことに、葉が丸くて対生しているんです。その状態は「マルバマンネングサ」ととてもよく似ています。冬の時期は小さいロゼット状か、少しだけ茎が伸びたくらいの状態なので、葉の質や生育地などを手がかりにします。コモチマンネングサの方がより葉の質は薄めで、マルバマンネングサの方は葉がより分厚くより丸くより密集した感じに見え、主に山地の岩や石垣の間などに生えます。

迷うようなときはよりたくさんの個体を探すとよいかもしれません。周囲を見ると中には節間が伸び葉の付け根が細くなりつつあるような、これから細長くなりそうな素質を見せている個体が見られることもあって、コモチマンネングサだろうと予測できることもあります。

【和名】コモチマンネングサ [子持ち万年草]
【学名】Sedum bulbiferum
【科名】ベンケイソウ科 CRASSULACEAE
【撮影日】2005/01/12
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 19:14| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ロゼット図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、生字引です。
いつぞやはいろいろお世話になりました。
なんとか復旧できそうなので、また少しずつやってみようかと思います。
よろしくお願いします。
Posted by 生字引 at 2005年01月31日 20:02
■生字引さん、こんばんは。

そうだったんですね。パソコンの調子がよくなかったのですね。なんとか復旧できそうだということで、よかったですね。お知らせいただいて、本当にうれしいです。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
Posted by hanaboro at 2005年01月31日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1781935

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。