2005年02月02日

ヒマラヤトキワサンザシ

ヒマラヤトキワサンザシ Pyracantha crenulata


ヒマラヤトキワサンザシは、ヒマラヤ原産の常緑低木で、「ピラカンサ」と呼ばれるものの1つです。日本には昭和になってから渡来したといいます。ピラカンサというのはふつう、本種の他に「トキワサンザシ (Pyracantha coccinea)」、「タチバナモドキ (Pyracantha angustifolia)」を含めたバラ科トキワサンザシ属(Pyracantha)の総称です。この3者の区別は少々わかりづらいこともあります。

タチバナモドキは果実があれば、黄土色っぽい橙色、縁にはギザギザ(鋸歯)がなく全縁のことが多く、葉の裏には白っぽい軟毛があります。トキワサンザシの場合は、葉の縁に細かい鋸歯があって、両面には毛がなく果実も赤い点など、ヒマラヤトキワサンザシととてもよく似ていて、区別はなかなか大変です。比較的、枝が長く伸び、葉の幅が広くて樹高も高くなることなどで一応わかることもあります。

高さは2mほどになるそうですが、写真のものは1.2mほどにきれいにそろえられていて、野生化したものではなく、ちゃんと管理されているものだとわかりました。2004年12月半ばの撮影でしたが、実のつきもとてもよくて、まばゆいほどの艶やかな赤い果実がたくさんついていました。

ヒマラヤトキワサンザシ Pyracantha crenulataヒマラヤトキワサンザシ Pyracantha crenulata


また、先ほど、葉は両面無毛と書きましたが、どうやら、新芽から展開したすぐのころは、両面に白っぽい軟毛があるようですね。特に新しく伸びてきた枝や葉の裏には毛がたくさん生えています(写真左)。花が咲くころの葉の場合、表面には光沢があって裏はやや薄めの緑色になり、両面とも毛がないので、しばらくすると脱落するということでしょうね。

確かに10月ごろから冬にかけて真っ赤に色づく果実は美しい。野鳥たちにとってもご馳走のようで、種子は野鳥によって散布されているようです。植えてもいないのに勝手に生えてきたりしますからね。枝にはかなり鋭いトゲがあるので、取り扱い注意です。直径8mm程度の光沢のある果実は、ほぼ球形ですが、ちょっとつぶれたように平たくなっています。果実の上部には茶色っぽくなったガクや花の痕跡が見られ、なるほど、子房下位の花だなと思わせます。

果実は確かに観賞価値は高いでしょう。でもまぶしすぎると感じることもある。自分にとっては、同時に見られるちょっと伸びてきた新芽で十分だったりします。枝は赤みを帯びていてきれい(写真右)。先が尖っているところなんかは鋭いトゲをつけるその片鱗を見たような気はしましたけれど。。。

花は5月〜6月。直径は1cmほどの白い5弁の花です。

【和名】ヒマラヤトキワサンザシ
【別名】インドトキワサンザシ、カザンデマリ
【学名】Pyracantha crenulata
【科名】バラ科 ROSACEAE
【撮影日】2004/12/08
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 19:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。