2005年02月03日

コフウロ

コフウロ Geranium tripartitum


コフウロは、本州、四国、九州の山地の林内に生える多年草です。フウロソウ科フウロソウ属(Geranium)の植物で、フウロソウ科は世界的に見ると5属700種ほどが知られています。園芸的に栽培されるものも多く特にPelargonium属とされるいわゆる「ゼラニウム」や「ぺラルゴ二ウム」には多彩な品種があります。また、フウロソウ属は世界に250種ほど、国内に12種ほどがあります。園芸種の「ゲラニウム」も多く見られるようになったと思います。なかなか、華やかなものが多い中、このコフウロはかなりおとなしい。

分布している地域はそれほど狭いわけではないですし、あるところには比較的多く生えていますが、どこにでもある種というわけではなく、地域によってはレッドリスト(絶滅のおそれのある動植物のリスト)に入っている場合があります。全国的に見ると、平成12年(2000年)刊行、環境省の維管束植物のレッドデーターブックには掲載されていません。

花は8月〜9月、直径1cm〜1.5cm程度です。白色の花弁は5枚で、ガク片も5枚あります。中央の薄いピンク色の花柱は先が5つに裂けて、クルッと下に巻いています。雄しべの先の葯(花粉のあるところ)は濃い紫っぽい色です。ガクの先は細い針状になっています。花弁には5本ほどの筋が入るところなど、山野に多く見られる「ゲンノショウコ (Geranium thunbergii)」に似ています。

ゲンノショウコと違っている点はいくつかありますが、結構重要なのが腺毛の有無です。「腺毛」というのは、毛の先がツブがついたように球状に膨らんでいる毛で、膨らんだ部分からは粘液が出ます。ゲンノショウコは全体的に毛が多くて茎や葉に毛が生えていますが、茎の上部、葉柄、花柄、ガクの毛には腺毛がまじっています。これに対して、コフウロの方はガク片の毛は目立ちますが、腺毛ではありません。

上の写真は、すでに花が終わって、花弁はなくなってしまっています。5枚のガクが残っていて、中央部にはちょっとだけ先がクルッと巻いた花柱も見えます。受精に成功していれば、長く伸びて長さ1cmぐらいの果実ができます。

コフウロ Geranium tripartitumコフウロ Geranium tripartitum


もう1つ、コフウロを同定するポイントとなるのは葉の形ですね。葉は3裂または5裂します。この裂けかたが重要です。葉の裂片は付け根まで完全に裂けます。このように完全に裂けることを「全裂する」といいます。葉は茎に互生します。よく似たミツバフウロは全裂せず深く裂けた葉で対生します。ゲンノショウコも深く裂けた葉です。

上の2つの小さい写真は一応、コフウロの葉です。ピンボケ写真の葉の部分だけをトリミングしたものなので、詳細などまったくわかりませんね。何となく輪郭だけでもこんな感じっていうのを見ていただけたらなと思います。

【和名】コフウロ [小風露]
【学名】Geranium tripartitum
【科名】フウロソウ科 GERANIACEAE
【撮影日】2004/09/16
【撮影地】山梨県山中湖村

posted by hanaboro at 20:41| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
8〜9月にかけて、色んな所に咲くゲンノショウコを見ましたが、その中のいくつは実はコフウロだった!なんてことがあり得そうです。
Posted by 知三朗 at 2005年02月03日 21:24
■知三朗さん、こんばんは。

ゲンノショウコはよく見かけますよね。花もいいですが、実に時期も楽しい形になります。皮がクルッて反り返って、踊っているみたいで、おもしろいです。

知三朗さんのところのお近くのもの(お近くなのかな?)が、もしコフウロだとしたら、分布の北限に結構近いかもしれませんね。北限は宮城県あたりのようですよ。しかも福島県でも結構貴重なもののようです。
Posted by hanaboro at 2005年02月04日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。