2005年02月07日

ツルニチニチソウ

ツルニチニチソウ Vinca majorツルニチニチソウ Vinca major


ツルニチニチソウは、地中海沿岸地方原産の常緑のツル性植物です。ツルの長さは10cm〜50cmほどですが、ツル植物といっても他の植物に絡まって伸びていくというわけではありません。伸びはじめのころは上に立ち上がっていますが、しだいに地にはうようになります。長く伸びた茎の途中からは根をおろして、地面をはうように広がります。日本の風土になじんで旺盛に生育し、時折野生化していることもあります。葉は対生してつき、少し分厚くロウ細工のような質感で、濃い緑一色の品種や斑入りの品種があります。葉の縁にギザギザ(鋸歯)はありません。

花の時期には、花茎だけが立ち上がる感じになります。日陰でもよく育つのですが、花は日当たりがよい方がたくさん咲くかもしれません。主な花期は4月〜6月、葉の脇(葉腋)から上に伸びた花茎に、直径2cm〜3cmほどの淡い青紫色の花を1つずつ咲かせます。花冠は5つに裂けてプロペラのような形に見えます。花の中心には五角形の溝のような部分があって、中を見ると細かい毛がたくさん生えています。

プロペラ状に5つに裂けた花や、葉や茎に毛がなくツルツルしている様子などは、キョウチクトウ科の植物だな〜と思わせます。「キョウチクトウ (Nerium indicum)」は花や葉がたくさんつく常緑低木なので、ずいぶんパッと見たときの姿は違うんですけどね。

青紫色の花がもっともふつうだと思いますが、他にも、白やワインカラーの品種などがあります。また、花や葉が小さめのものは「ヒメツルニチニチソウ (Vinca minor)」とされています。

ツルニチニチソウ Vinca majorツルニチニチソウ Vinca major


比較的温暖な地域では葉を残したまま越冬しますが、寒さが厳しいと葉は枯れてしまいます。こちらは関東でもそれほど寒さの厳しい地域ではありませんが、長く伸びた茎についていた葉はほとんどなくなってしまいました。ところが、2005年立春の日、たまたま見かけたツルニチニチソウは、ちょっと早めに伸びてしまった芽は少し傷んでいても、さらに新しく瑞々しい新芽も見られました。この時期の新芽はかなり赤いものなんですね。

【和名】ツルニチニチソウ [蔓日々草]
【別名】ビンカ、ツルキキョウ [蔓桔梗]
【英名】Greater Periwinkle
【学名】Vinca major
【科名】キョウチクトウ科 APOCYNACEAE
【撮影日】2005/02/04
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 19:42| 東京 ☁| Comment(15) | TrackBack(0) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
我家でも寄植えに使っていたのですが、
なんだか枯れてしまったみたいです。(>o<")
温かくなったら、再生してくれるのかなぁ〜と思って、そのままにしてあるんですけど。
ところで、BBSに書き込みさせていただこうと思ったら、エラーが出てしまって書き込みできなかったんです。・゚・(ノД`)・゚・。
また後で遊びに参ります!
Posted by すぅ at 2005年02月08日 09:17
■すぅさん、こんにちは!

さすがですね、すぅさん。ツルニチニチソウ、寄せ植えされてたんですね。斑入りですか?それとももっと凝った品種かな?再生するといいですね。

「多肉植物People」作られたんですね。きっとはまっている人たくさんおられるでしょうから、投稿(TB)もにぎやかになりそうですね。すでにバナーができているのもすごいな〜。わたしもTB people作ったことあるのですが、いまだにデフォルトのバナーになっているものもあるんですよね〜。

JUGEPI!のBBSは、昨日からずっとエラーが出ています。JUGEP!のトップページにいくと、現在不具合が発生していてBBSの書き込みや登録、モブログの投稿ができない状態で、調整中とのことでした。自分のところや、すぅさんやほかのブロガーさんのところで、ブログの内容以外このとでもお話ができる重要なものだったから、とにかく復旧してほしいです。
Posted by hanaboro at 2005年02月08日 10:20
_| ̄|○
もう〜〜〜お恥ずかしいを通り越しております。我家のBBSも同様で、今現在もError中でした(>_<) まったくもって全然気がつかない私のバカさ加減に呆れるばかりです。すみませんでした。
ところで、hanaboroさんのTBPeopleってお題はなんでしょうか?もう運営されるお気持ちがないのですか?折角あるのに勿体無いですね。
私、ふつつか、かつ、未熟者ながら、なんでも協力させていただきますので、もしバナーを目覚めさせたいお気持ちがあるなら、おっしゃってください!

ところで、今日、ツルニチニチソウの様子を見てまいりました。やはり新芽はまだ動いていなさそう。今日もちょっと雪混じりの天気でした。サムっ。

はやくお花満開の季節になってほしいですねー
Posted by すぅ at 2005年02月08日 21:46
■すぅさんへ ♪〜

昨日のお返事、今読んでみると、失礼な書き方になっていましたね。ごめんなさい!BBSはですね〜。もちろんコミュニケーションのツールとしても大事だったんですが、毎日のようにブツブツと独り言を書いたりするのにも使っていました。それで、恒例のように、ぼやこうとしていたら、エラーが出てそれでたまたま気づいたんですよ〜。

TB Peopleは、作った本人にはTBできる記事がなかったりするんですが、少しずつ自然とTBしてもらえているようです。運営はちょっと自分には荷が重かったかなと。。。TB Peopleをどちらかといえば、データーベース的に使えないものかと、何だかちょっと幻想みたいなのを思い描いて作ってしまいました。すぐにガシガシ運営となると、そのためにあちこち飛びまわるようなことにもなりそうなので、ゆっくり時間をかけて、どうしたらいいのか探っていこうかなと思っていたところです。

協力してくださるっておしゃってもらって、本当にうれしいです。それにバナーは早く作った方がいいですよね。ちなみに、いくつか作ってしまったんですが、今のところ1つもTBがないのは、「野に咲くすみれ」です。

昨日は、こちらも冷たい雨でした。寒い日が続きますね。春爛漫、お花満開の季節、待ち遠しいですね〜。
Posted by hanaboro at 2005年02月09日 10:57
まず、BBSのことですがこちらこそすみませんでした。自分のバカさ加減にただただ呆れているのみです。
それから、ご質問いただいていたのにもかかわらず、お返事を忘れ・・・。
我家のツルニチニチソウは、斑入りのものでそう凝ったものではないと思います。園芸センターで安く購入したものですので。

「野に咲くすみれ」ですね!
そっかー 園芸センターものではダメなのですね。でもでも、もしかすると我家の庭の隅っこに日本スミレ(合っているか疑問、家人はそうよんでいます)があったかもしれません。探してみますね〜。
もっとも日本のスミレって数が多いんでしたよね。
我家は「野」に近い田舎ですので。(爆)
スミレの季節にご近所をお散歩したら結構なにか見つけられるかもしれません。

なるほど、hanaboroさんの構想はデータベースっぽいものだったのですね。
でも確かに時間をかけてゆけば、ゆくゆくそうなるかもしれませんね。
いや、そうなるように楽しみながら、トライしましょ!


Posted by すぅ at 2005年02月09日 20:05
*すぅさんへ ♪♪〜

「Trackback People」にすでにある話題には結構、園芸関係のものはあるような気がするんですよね。園芸の世界も幅が広いからこれからももっと増えてほしいですけど。それで、今度は野生種の方もほしいな〜って思って作ってみたんですよ。種類をある程度絞ることで、DB的なものとして使えないかなぁと。それから、バナー、恥ずかしいですけど、一応作りましたです。

結構スミレってどこにでも何かの種類は生えているって感じなので、きっと見られると思いますよ。お庭やご近所で見つかったとき、もしよかったらTBしてくださいね!

すぅさんのツルニチニチソウ、ここの写真のと同じ感じみたいですね。復活してくれるといいですね。それにしてもJUGEPI!なかなか復活しませんね。他にもBBSつけといた方がいいかな〜と思い始めています。
Posted by hanaboro at 2005年02月10日 11:31
hanaboroさん!
「野に咲くすみれ」のバナーを発見!
紫色っぽいのですよね?TBがまだひとつもなかったので、これに間違いないだろうと確信。で、今日庭に探しにいって見ました。まだ雪が残っているので葉っぱが見つけられなかったのですが、枯れていなければ咲いてくれるはず!もう少しお待ちくださいね!
これまでお散歩とかしたことなかったのですが、もう少し温かくなってきたら散策にでかけよう♪って思っています。

BBS、確かに二つくらい設置しておいてもよいかもしれないですね。まだ修復していないみたいです。・゚・(ノД`)・゚・。
Posted by すぅ at 2005年02月10日 19:13
■すぅさん!

バナー、それです。お恥ずかしいですけど、発見してくださってありがとうです。お出かけはお車でなさるんですね。わたしも自分の足で歩かずに車と家の間くらいしか外に出ないような、全然アウトドアじゃない人だったりします。たまにふら〜っと、そのあたりを歩くと、こんな所にこんなものが。。っていうような発見があったりします。暖かくなったら、ぜひ散策なさってみてくださいね!それにしても、季節の感じられるお庭、うらやましいですよぉ。

Posted by hanaboro at 2005年02月10日 21:17
hanaboroさんこんばんは
少し久しぶりに眺めてみました。
判っていましたけれど(トップに書いてありますが)たんなる花の画像ではないのですね。
あらためて認識しました。中でも芽生えが興味深いです。
このツルニチニチソウ庭でも今日見まして、なんだろうと思っていたところ、こちらで発見しました。
ツルニチニチソウは大きくなっても普通はフイリですのでその姿を連想できますね。
自宅庭にもあったのだ(大汗)
Posted by at 2005年02月14日 21:55
21:55の投稿にハンドルが抜けていました。
Posted by sige at 2005年02月14日 23:25
■sigeさん、こんにちは。

文面からsigeさんかなって思いましたけど、報告してくださってありがとうございます。ここのブログサービスの場合、お名前が抜けてしまったときに警告などは出ず、そのまま送信されてしまうんですよね。お手数おかけしました。

確かに、きれいに咲いている花の画像を使っていれば、もっとわかりやすいですよね。まあ、植物は花の時期だけでなくても見られるわけで、いろんな姿を載せていこうかなと思っています。

「芽生え」のカテゴリに興味を持っていただいて、嬉しいです。相手は小さいものですから、かがんだ状態で撮影していると腰が痛くなったり、散歩中の犬に突進されたりで、いろいろあるんですよ。でも、それにめげずにこれからも、アップしていきたいと思います。

ツルニチニチソウを植えていらっしゃったのですね。sigeさんのところは、お近くだから、きっと生長の度合いもここの写真と同じくらいなんでしょうね。おっしゃるとおりで、斑入りはわかりやすいです。お庭、いいなぁ〜。
Posted by hanaboro at 2005年02月15日 09:15
一言だけ
庭というより、庭にある植木鉢の隅に生えていたということですよ。(笑い)
芽生えは、その植物を継続観察して良く知っていなければならないので、相当経験を要することになりますね。かつきちんとした観察が必要ですし。
特に形を変える雑草類や、単なる双葉では難しそうです。ちゃんと管理して植えておかねばならない。
Posted by sige at 2005年02月15日 19:51
■sigeさん、一言ありがとうございます。

そうでしたか。ツルニチニチソウ、植木鉢に植えておられたんですね。無事に生育して、花が見られるといいですね。

「芽生え」は、確かに双葉だけでは厳しいですね。本葉があって何とかわかることもあるっていう程度です。本葉のある芽を探す、種子の殻がないか探す、周辺の木や草を探す、前年度の枯れた株を探す、あとは、想像力みたいなものですかね。

長期的に考えるなら、何度も観察に訪れる、育ててみるなどでしょうか。お庭や鉢植えでの栽培の場合は、雑草なのか育てているものなのか、ちゃんとわかるように管理する必要がありますね。
Posted by hanaboro at 2005年02月16日 10:10
始めまして・・・。
昔、どこかのホームセンターで買ってきた花がいつの間にか我が家の庭一面に咲き誇ってしまい、はてさて何の花だったかと調べた挙句「つるにちにちそう」と今日始めて知りました。調べた結果「ほとんど手間要らずの強健な花」ということで我が家の「家風」に「馴染んだ花」として、惚れ惚れと眺めてしまいました。ヨーロッパでは、何でも「幸福と反映を招く花」だそうで、ほとんど一年中開花を楽しむ我が家の宝として今後も可愛がって行きたいと思っています。
Posted by 「つるにちにちそう」を始めて知った男 at 2005年05月04日 17:29
*「つるにちにちそう」を始めて知った男さん*

ようこそ、いらっしゃいませ。
おうおう!手間のかからない強健な花は、重宝しますね。いつの間にか、たくさんの花が咲いてくれるのって嬉しいものです。「幸福と反映を招く花」というのも、家宝にふさわしいですね。こちらの近くでも、今、あちこちで見かけます。花の紫の質感もいいので、よく好まれるみたいです。これからもかわいがってあげてくださいね。
Posted by hanaboro at 2005年05月06日 10:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1858894

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。