2005年02月08日

マツバギク

マツバギク Lampranthus spectabilis


マツバギクは、南アフリカ原産の常緑の多年草です。名前はマツの葉のように葉が細長く多肉質で、花がキクに似ていることからきています。ふつう「マツバギク」という場合、「ランプランサス属」をさすことが多いようですが、「マツバギク」というのは、1つの植物の名前というわけではなく、「デロスペルマ属(Delosperma)」と「ランプランサス属(Lampranthus)」の植物の総称ととらえることもあります。その中でもマツバギクという名前でもっともよく見られるのは「Lampranthus spectabilis」と「Delosperma cooperi」で前者を松葉菊、後者を耐寒性松葉菊ということもあるようです。また、ランプランサス属には、スペクタビリス (Lampranthus spectabilis)のほか、アウレウス (Lampranthus aureus)、ロゼウス (Lampranthus roseus)など多数の種が知られています。

草丈は10cmから品種によっては立ち上がるので40cmほどになります。花期は種によって違いがあって、春のみ開花するものや5月〜11月くらいまで長く咲きつづけるものなどがあります。花は直径5cmほどのツヤツヤとした光沢のある花で、色は桃紫色がふつうですが、そのほかに、白、赤、オレンジなどもあります。花は日の光を受けて開き、日が陰ると閉じます。

耐寒性は種類によって違いがありますが、乾燥や暑さにはとても強くて、ほったらかしでもよく地面をはうように伸びます。多肉質ということで、葉の表面はきっと光沢があってツルツルでなめらかだろうと思ってしまうんですが、マツバギクの葉は近づいてみると小さなツブツブがたくさんあって、触るとザラザラします。

このところときどき話をきくのですが、田畑のあぜの雑草防除として、背丈が低く地面をきれいに被って、管理に手間のかからない植物を用いる手法が注目され、アジュガヒメツルニチニチソウ、シバザクラなどとともに、このマツバギクも研究されているそうです。ただし、越冬中に傷んでしまうことや次年度の生育があまりよくないこともあるようですね。

名前や多肉質なところなどが似た印象の「マツバボタン (Portulaca grandiflora)」はスベリヒユ科(PORTULACACEAE)の植物で、マツバギクとはまったく別の植物です。マツバボタンは耐寒性がなく一年草です。

マツバギクは、ある程度の耐寒性があるので、それほど寒さの厳しくない地方では、屋外での越冬が可能です。現在、ここ関東の露地で越冬中の葉は、写真のように透明感のあるピンクっぽい朱色に染まっています。葉の数は少なくなっていて、茎頂に少し残っているという感じです。何だかカニのツメがあちこち転がっているようで、ちょっと不思議な感じでした。この状態だと、松の葉っぱに似ているって感じではないですね。それとも松葉ガニってことか。。。

【和名】マツバギク [松葉菊]
【学名】Lampranthus spectabilis
【科名】ツルナ科(ハマミズナ科) AIZOACEAE
【撮影日】2005/02/04
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 多肉なPeople

目の前のマツバギクがランプランサスなのか、デロスペルマなのかよくわからないことが多いです。ここを見れば確実!というポイントや記述の誤りなどがありましたら、ぜひアドバイスお願いします。「多肉なPeople」は「My Garden - お花ダイスキ!」のすぅさんが新しく作られたTrackback Peopleです。

■記事中の間違いを訂正しました(2/8)
3段目の葉について書いてある部分の記述に間違いがありました。下線のある部分「マツバギク」が「マツバボタン」となっていました。大変失礼しました。

*ここの間違いは「はなだより」のWAKAさんに教えていただきました。WAKAさんどうもありがとうございました!さらにうれしいことに現在、蕾がたくさんついている「冬のマツバギク」のTrackbackもいただきました。耐寒性のあるなしで越冬中の姿がこんなに違うんだ!とまたビックリですよ。

posted by hanaboro at 15:35| 東京 ☔| Comment(11) | TrackBack(2) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家のマツバギクは寒さで瀕死状態なのに,近所ではたくさんのつぼみをつけているマツバギクがあって謎だったのですが,耐寒性のものなのかもしれませんね。
やっと謎が解けたような気がします。

3段目の葉に関する記述で「マツバボタン」とありますが,「マツバギク」ではないのでしょうか?
図々しく失礼しました。
Posted by WAKA at 2005年02月08日 17:00
■WAKAさん、こんにちは。

ありがとうございます!「3段目の葉に関する記述」…「マツバギク」の方です。教えてくださって嬉しいです。本当に助かりましたです。さっそく修正します。

今日はちょっと気持ちがふさぎ気味だったんですよね。天気も一日さえなかったですしね〜。WAKAさんのおかげでとても晴れ晴れした日になった気がします。本当にありがとうございました。

こんなふうにぼんやりした管理人とブログですけど、これからもどうぞよろしくお願いします。

マツバギク、耐寒性の強いものとそうでもないものがあるようですね。写真のもあまり強い方ではなさそうです。蕾はまったくなかったですから。それにしても本当にWAKAさんってたくさんの植物を育てておられるんですね。幅の広さにまたビックリです。瀕死状態のマツバギク、復活するといいですね!
Posted by hanaboro at 2005年02月08日 20:27
hanaboroさん♪
今日は早速「多肉なPeople」へTBをつけてくださり、本当にありがとうございました(o^o^o)
いつもながら詳細な情報に感服するばかりです。
実は私松葉菊で大失敗してしまったことがあるんです。ご近所で見かけたのでステキ!だと思って沢山植えつけたら、耐寒性のないものだったのです。
大きな勘違いでした。(>o<")
年を越してくれるものだとばかり思い込んでしまって・・まったくもって日々失敗の連続です。
Posted by すぅ at 2005年02月08日 21:59
■すぅさん、こんにちは♪

TB peopleの名前間違っていましたね。すみません。後ほど「多肉なPeople」に修正しますです。

すぅさんのとこの記事で、新しく作られたのを知って、これはいいチャンスだなと思ったんです。近いうちに「マツバギク」をアップしようと思っていたところだったので。でも、いわゆる多肉植物とはちょっと違っていたかもしれませんね。またいつか、今度はもうちょっとちゃんとした多肉で、チャレンジしたいなと思います。

園芸っていろいろ失敗も成功も、自分のやったことやらなかったことが、結構ダイレクトに出ますよね〜。だからついのめり込んでしまうんですよね。耐寒性のないマツバギクは室内に入れると大丈夫なのかな〜。
Posted by hanaboro at 2005年02月09日 10:23
hanaboroさん!こんばんは!

いえいえ、学術上(言い方、正しい?)は多肉植物にはならないのかもしれませんが、見た目は多肉なので、松葉菊もわたくし的には全くOKです。

自分がよく間違えて失礼なことばかりしているので、私は名前の間違いとかはあまり気にしません。大丈夫です。

そうそう、そうしたら「はなだより」のWAKAさんが「多肉なPeople」に松葉菊をTBしてくださって、ありがたいことです。人のご縁というのは、本当に楽しいですね。

これで花博士お二人とお知り合いになれちゃいました!お二人のサイトで、大概の植物は調べることができちゃいます(o^o^o)

次回のTBも楽しみです。
もちろん、古い記事でも大歓迎です。
Posted by すぅ at 2005年02月09日 20:14
■すぅさんとTBくださったWAKAさんへ。

コメント、トラックバック、どうもありがとうございます!早速お返事したかったのですが、今日は朝から風邪気味で、それでもふつうに過ごしていましたら、少し熱があがってきてしまいました。早めに休もうと思います。お返事は、また明日、改めてさせていただきますね!
Posted by hanaboro at 2005年02月09日 22:00
■すぅさん、こんにちは。

そうですよね〜。ご縁ってすごいことだと思います。ブログをやっている人もたくさんいる中で、巡りあうことができたことに感謝したいです。そういえば、WAKAさんとお近づきになれたのも、秋味ぶろぐつながりのブロガーさんがご紹介くださったからなんですよね。ネットの片隅にある小さなここのブログを見つけてもらえて、すぅさんにも感謝です!

また「多肉なPeople」やお花のお話とか、いろいろお話ができるのを楽しみにしています!
Posted by hanaboro at 2005年02月10日 11:14
◇hanaboroさんへ

TBありがとうございます。
お風邪だそうで大丈夫ですか?
近頃だいぶ流行っているようですね。
なんとなく私も嫌な予感がしています。
早目に寝ないとだめですね。
実は夜更かしの作業をしてついに引越ししました。
JUGEMとは同じ穴の狢といったところですけど。
今後もよろしくお願いします。


◇すぅさんへ
「花博士」なんておこがましい。
いつまでも勉強です。
私もhanaboroさんを通じてお友達が増えて嬉しいです。
Posted by WAKA at 2005年02月10日 21:15
■WAKAさん、こんにちは!

ついに、WAKAさんもお引越しされたんですね。やっぱりJUGEMダメですか。お引越し先は、「同じ穴の…」ということからすると、もしかして、ロリポブログですか?有料サービスですよね?何はともあれ無事に移行できてよかったですね。お引越し作業お疲れさまでした。どうぞゆっくりお休みくださいね。こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

こちらの体調不良で、ご心配おかけしてしまいましたね。おかしくなりはじめたのは一昨日だったんですが、いつも風邪薬を飲めばすぐに治ってしまうので、同じような調子でやっていたんですよね。それで昨日の朝、一旦熱が下がったので、油断してしまいました。風邪薬をやめて、解熱剤を飲んだら、すぐに効きました。今日は、まあ、ボチボチやっていきます。

WAKAとすぅさんが、ここを通じてお友達になられたということで、とても嬉しいです。植物については見ることばっかりで、栽培経験の乏しい自分は、WAKAとすぅさんのブログで、これからもいろいろ学ばせてもらいますです。自分から見たら、お二人ともすごくお花好きのお花博士だと思います。
Posted by hanaboro at 2005年02月11日 12:18
hanaboroさんへ

サツキへのTBありがとうございました!本当に光栄なことです。ありがとうございました。WAKAさんからもメッセージをいただいているとお伝えいただいたおかげでこちらにもお返事することができます。

WAKAさんへ

名前を間違えてばかりいるといっているそばからWAKAさんのお名前を半分にしてしまってすみませんでした。

本当にhanaboroさんのサイトを通して、お二人とお知り合いになれたこと、またお友達と呼んでいただけること、とても嬉しく思っています。

もっともっと私もお二人のようにお花のことわかる人間だったらと無念ですが、コツコツと日々精進してゆきたいと思っています。
粗忽者ですが、どうか今後もよろしくお願いします。

Posted by すぅ at 2005年02月11日 22:06
■すぅさん。WAKAさん。

お花に対しては、みんなそれぞれの付き合い方があって、そこにある歴史や想いもきっと様々でしょうね。それに現在持っている情報もあったりなかったり。。。いろいろだと思うので、何気ない世間話も含めて、楽しくお話できたらなと思います。

これからも、どうぞよろしくお願いします!
Posted by hanaboro at 2005年02月12日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

冬のマツバギク
Excerpt: 近所で冬にもかかわらずマツバギクにたくさんのつぼみをつけているところがあります。 不思議に思いながら眺めていましたが,hanaboroさんのBLOGを拝見して,耐寒性のマツバギクがあることを..
Weblog: はなだより
Tracked: 2005-02-09 18:58

公園に行く途中で つるバラ と マツバギク(松葉菊)
Excerpt: ★人気の写真blogランキングへ・・・★ 私も風景・自然分野の写真プログとして毎日、更新して紹介しています! 今日は、いい天気でした。公園に行く途中で、あるマンションに八重のつるバラが咲いているのを見..
Weblog: 季節の中で 〜 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary 〜
Tracked: 2005-06-04 21:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。