2005年02月08日

セイヨウノコギリソウ

セイヨウノコギリソウ Achillea millefolium


セイヨウノコギリソウは、キク科ノコギリソウ属(Achillea)の多年草です。同じ属の植物は北半球の主に温帯地域に100種ほどが知られていて、日本にも、エゾノコギリソウ (Achillea ptarmica var. macrocephala)やノコギリソウ (Achillea alpina)など数種が分布しています。

この仲間の花(頭花)は、茎の先の散房花序にたくさんつきます。1つ1つの花はさらにたくさんの小さな花(小花)が集まってできた集合花です。その小花は縁に1列〜2列に並ぶ舌状花(花びらに見える部分)と中心部の多数の筒状花からできています。縁の舌状花は雌花ですが、筒状花は両性花です。ちなみに「散房花序」というのは、花序の中心となる茎(花軸)のより下につく花の柄が長くなってより上部の花の柄が短くなるため、花がほぼ同じ高さについて平らに見える花序のことです。

セイヨウノコギリソウは花色も豊富で、白、ピンク、赤、黄色など華やかな品種がそろっています。草丈は30cm〜1mほどです。葉は地上付近でロゼット状についているものには柄がありますが、上部の茎につく葉には柄がなくなります。

葉は互生してつき、切れ込んだ部分をぬきに見たときの輪郭は細長い楕円形〜細長い披針形。長さは8cm内外、幅は1cm程度。何といっても、そのクシの歯状の深い切れ込みと切れ込んだ1つ1つの裂片の鋭いギザギザ(鋸歯)が大きな特徴ですね。「ノコギリソウ」という名前は、そんな葉の様子を鋸の歯に見立ててつけられています。クシの歯状の葉は、実際の鋸の形とは違っていますけど、日本の野生種の1つ「エゾノコギリソウ」はクシの歯状にならず、縁に鋸歯があるだけなので、鋸のイメージに近いかもしれませんね。

セイヨウノコギリソウは、花や葉も見所があって観賞用やハーブとしての栽培のほか、法面の緑化としても用いられているそうです。ただ、寒さにも強く種子で増えるほか、茎の根もとの方からは走出枝を出して増えるので、群生していることもあります。現在、日本各地で野生化し道ばたや草地などで見られます。

現在、こちら関東では、地面近くにロゼット状に葉を広げて越冬中です。越冬中の葉は、緑色のものもあれば、写真のように赤く色づいたものも見られます。根生葉の裂片はさらに小さな裂片に分かれていてそれにまた小さな鋸歯がある感じで、何だか海藻を見ているようでした。

【和名】セイヨウノコギリソウ [西洋鋸草]
【別名】アキレア、ヤロー
【学名】Achillea millefolium
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2005/02/04
【撮影地】東京都日野市

posted by hanaboro at 19:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロゼット図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。