2005年02月10日

サツキ

サツキ Rhododendron indicum


一般にサツキは、「サツキ (Rhododendron indicum)」と「ツツジ」類をもとにつくられた園芸品種群をさしていて、その多くが常緑低木です。園芸品種のもとにもなった「サツキ」は山地の渓流沿いの岩の隙間などに自生しています。河川の水量が増したときなどだけ水につかるような、もともと土壌の少ない場所に生育するので、ある程度の乾燥には耐えられるようですね。

そのほか、多くの園芸種が盆栽として仕立てられたり、垣根や道路の中央分離帯などにも植栽されています。栽培の歴史は古く江戸時代にはすでに高い人気を得ていたのだそうです。その後も多くの園芸品種が生み出され、現在、その数は数千種にのぼるといわれています。

サツキの花期は、一般に他のツツジの仲間より遅めで、陰暦の5月ごろ(現在の6月半ば〜7月半ば)に花が咲くのでこの名があるといいます。でも、花期は必ずしもそうではない場合もあるようですね。品種が違うからなのか、気候の変化によるものなのかよくわかりませんが、もう少し早めから咲いているような感じがします。ちなみに、写真は道路の植え込みのもので、品種名は特定できていません。樹高は1mほどで、細かい枝がたくさん密生し、枝には褐色の毛があります。葉は互生してつきますが、現在の葉は長さ2cmぐらいです。

花(花冠)は直径4cm〜5cmの漏斗形で先が5つに分かれていて、いわゆる花びらに見えます。雄しべは5本、雌しべは1本です。花の後、剪定せずそのままにしていると、果実ができてきます。果実は長さ8mmほどの長卵形で、褐色の剛毛があります。

サツキ Rhododendron indicumサツキ Rhododendron indicum


越冬中の葉は赤っぽく表面には光沢があって、白っぽい毛が目立ちます。立春の日、穏やかに晴れた関東では、写真のように日差しを浴びてピカピカ輝いていました。花芽の形成は夏ごろですが、まだ蕾はよく見えない状態です。そのかわり、果実が裂開したものがたくさんあって、きれいに5つに裂けているのでまるで花が開いているかのようでした。一瞬、ガク片かなとも思ったのですが、ガクにしてはしっかりしすぎていますよね。

また、花後の剪定後など新葉が展開してきたころに、ときどき見かけるコブのように膨らんだものは、菌えいで「もち病菌」におかされているためにできたものです。

【一般名】サツキ [皐]
【別名】サツキツツジ [皐躑躅]
【学名】Rhododendron indicum
【科名】ツツジ科 ERICACEAE
【撮影日】2005/02/04
【撮影地】東京都日野市 (植栽)

■Trackback People : ツリーウォッチング

■Trackback !
My Garden - お花ダイスキ!」さんの記事「さつき」にTrackbackさせていただきます!下記のようなSOSを出しておりましたら、早速、管理人のすぅさんが、助けてくださいました。鉢植えに使う用土、肥料、増やし方などがよくわかりますよ。叔父さまから譲り受けられた盆栽を大切に管理なさっておられます。

■この記事は書きかけです。
加筆、訂正してくださる協力者を求めています(Wikipedia風)。ご協力いただける方は何らかの方法でお知らせください。お知らせいただく方法はおまかせいたします。

posted by hanaboro at 17:51| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(4) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日そのお話をしていたばかりだったはずなのに・・・。すみません。Pingを山のように飛ばしてしまいました。m(__)m
削除のほうよろしくお願いします。

私の知識ではお手伝いできないとは思ったのですが、ちょうど二、三日前に撮影したさつきのお写真があったので、記事にしてみました〜〜。\(*^▽^*)/

この「ツリーウォッチング」もhanaboroさんがお考えになったのですよねー!
バナーを見てそんな気がしました〜

記事がかけないほど、風邪がひどくなっているのでしょうか?
くれぐれもお大事に・・・。
Posted by すぅ at 2005年02月10日 20:26
■すぅさん、ありがとうございます!

TB無事届きましたです。1つにするのが遅くなってしまって、ごめんなさいね。

たくさんのお気遣い、本当にうれしいです。お返事などずいぶん遅れてしまいましたけど、考えてみれば、レスの遅いのはいつものことで体調のせいではなかったりもします。薬が効いたようで、熱は下がりましたから、もう体は平気です。すぅさんもどうぞお気をつけくださいね。

この記事を書いていて、なかなか書けなくて、つい言い訳をしてしまいました。でも、おかげでちょっと思いつきましたよ。お花のブログをみんなのトラックバックで繋ぐっていうのはどうかな。あるお花の記事をつくっておいて、そのお花について記事を書いたら、みんなにTBしてもらうんです。TB Peopleの場合は、バナーに向かってTBしているようなところもあるけど、それなら、ブログの記事に向かってTBできますからね。

すでに、Doblogにそういう感じのブログがあるんですけどね。よりお花に特化して、違うサービス間の垣根を越えて。。。すみません、また幻想ですね。それをするには個人の力では難しいし、相当そのブログが有名でないと成り立ちませんね〜。グチグチ。

バナー、やっぱりバレちゃいましたね。盛り上げてくださってありがとうございます!
Posted by hanaboro at 2005年02月11日 12:41
hanaboroさん

こんばんは!少しお加減が良くなられたみたいで良かったです。でも油断は禁物!
しっかり養生してくださいね。

ところで、ご提案の件!
日本中のお花のデータベース的なものが構築できるかもしれませんね。
初めの一歩は小さいかもしれませんけど、どんなものも初めの一歩は小さいものだと思います。

ただBlogPeopleのようなサイト同士の垣根を越えるための方法が必要ってことなのですね?

すぐには難しいとしても、とりあえずBlogPeople内でやってみるという手はありそうですね。

確かTrackBackPeopleのサイト名にもすでに「水仙」「ランタナPeople」のように決まったお花についてのTBグループは現に存在していますよね?
ただ写真愛好家の方がおおいのかもしれませんが、そういった現行のイメージとはちょっと違うということでしょうか?

今できることということでいえば、自分が新しい記事を書くたびに、その花についてのTrackBackPeopleのバナーを作ってアップしてゆくということになるのでしょうか?

地味でかつ仕事量(仕事じゃありませんけど)になりますし、時間はかかるかもしれませんが、hanaboroさんが考えておられる形の原型に近いでしょうか?

この考えかたに賛同してくださるかたには、同デザインのバナー(テンプレートのようなもの)を配布しておき、それぞれが新しい記事を書くたびに、バナーにお花の名前を入れて、TBPサイトを作ってゆけば、ゆくゆくはお花のデータベースっぽいものができるような気がします。

テンプレートにはですね。たとえば、
【DataBase − 松葉菊】
統一した名前 + お花の名前

のような・・・
素人考えですみません。

きっとhanaboroさんはもっと進歩した次元での構想をねっておられるだと思いますが・・。

もしそんな形のもの・・つまりは私くらいのレベルでもできる範囲のものであれば、いつでもお手伝いしますので、忌憚なくおっしゃってくださいね!







Posted by すぅ at 2005年02月11日 21:59
■すぅさん、こんにちは♪

たくさん考えてくださってありがとうございます。すぅさんが書いてくださったことと、何となく思い描いていたことは近いんじゃないかなと思います。まあ、ぼんやり考えている程度ですので、適当に流してくださっていいですよ。

また、データーベースのバナー(テンプレート)、これはGoodですね。すべての種類でTB Peopleができてしまうのは、やりすぎですね、あまりにも数が膨大ですからね。「ランタナ」はかなり盛り上がっていましたよね。そういう知名度の高いものは、特別に花が好きというわけでなくても、記事が集まったりしますよね。そういうメジャーな植物は、個別にTB Peopleができていいと思いますよ。例えば、「パンジー&ビオラ」「ペチュニア」「バラ」あたりはすぐにできてもいいような気がします。逆にちょっとマイナーなものはとりあえずは、大まかなものの方がよいと思います。

それでですね、1つ中心となるブログがあるといいのではないかと思っているんです。そのブログには、一応、今回のここの「サツキ」のような記事があって、でも、その記事は、個人が作ったものなので、情報としては決して十分なものとはいえないものです。でもそれにすぅさんがTBしてくださったじゃないですか。そのことで、栽培方法などの情報が加わったりして、TBでつながることで記事も生長したと思います。

そんな感じで、みんなの記事で1つの花の記事を作り上げるっていうのかな〜。多品種が存在する種類の植物なんかだと、品種図鑑にできるかもしれないし。地域ごとに違う栽培方法が集まるかもしれないし。

例えば、中心となるブログに「サツキ」の記事があったとして、「サツキ」の記事も、TB Peopleにトラックバックします。そのことで、より多くの方の目にとまりやすくします。さらに、個人でブログを運営されている皆さんが、「サツキ」についての記事を書かれて時には、「データーベースのバナー(テンプレート)」を貼ってもらって、中心ブログの「サツキ」の記事にTBしてもらいます。欲を言えば、他にどこかのとりあえずは現在あるTB PeopleにTBしてもらって、より広くいろんな方に参加していただけるように協力してもらえるような感じに。。。

ただ、ほとんどの場合、自身のブログを運営するだけでも手がいっぱいでっていう状態だと思うんですよね。なかなか、実行は難しいところです。どのブログサービスでやるかなどもちょっと悩みますし。。。

長々とすみませんです。
Posted by hanaboro at 2005年02月12日 11:39
hanaboroさん

すみません。書いている途中で、書き込むボタンに触ってしまったので、二重投稿になってしまったのです。(>_<)
またまた削除の手間をお掛けしてもうしあわけございませんが、よろしくお願いします。

さて、TBの「輪」の件。
確かにメジャーなものについては、作りやすいしTBもつきやすそうですね。
hanaboroさんがおっしゃるように、以下に簡単にそれらの記事についてのバナーを「サービスの垣根をこえた」貼りやすい環境を作ってあげられるかというところが、ポイントになりそうですね。

ランタナPeopleさんは、Staygoldさんが中心となって取りまとめてくださっているように、「軸」となるサイトや「管理者」が必要ですものね。

たとえば、カテゴリー分けして管理してゆくとしても、もしその運営者がサイトを閉鎖してしまったら、残念なことに作られたものも無くなってしまうということも起きえますね。

hanaboroさんの夢が叶う方法ないかなぁ〜
自分のBlogの運営だけでも、なかなか大変ではあしますけど、楽しそうですし、私もお花について勉強できそうですし、なんとか実現させたいって思うのですけど。

素人ながら、何か方法的に良いものが思い浮かんだらまたご相談にのってください。
Posted by すぅ at 2005年02月12日 14:34
■すぅさん、いろいろ感謝です!

ランタナPeopleさんは、しっかりとしたリーダーがおられるから、あんなに充実しているんですよね。やっぱり、そういう能力が必要ですね〜。

燃え尽きてしまってサイト閉鎖っていうのは悲しいですし、みなさんのデータで作るとなれば、バックアップもしっかりやらないとってことで、いろいろ大変なこともありそうで、なかなか踏み出せませんでした。

でもあんまり、グチグチといっていても仕方ないので、とりあえず近いうちに何か初めてみますかね。ただ、管理者一人っていうのはこころもとないので、何人か共同で管理できるブログが作れるといいな〜。←まだ、逃げるのかって感じですけどね。

一応、Seesaaには「共有ブログ」という機能が最近できたのですが、これはどうやら、全員がSeesaaの会員でないといけないような印象なんですよね。違うかもしれませんが。livedoorはどうですか?複数管理できましたっけ?あとはFC2あたりかな。

それにしても、こんな感じで、真剣にお付き合いいただいて、ありがとうございます。たくさんお時間も割いていただいてしまいまって、申し訳ないですけど、本当に感謝しています。

いただいていた2つのコメントですけど、微妙に違っていたので、2つともいただいておこうかなと思っていたのですけどね。話の流れから、削除させていただくのは1つ目の方なのかな。まあ、お気になさらないでくださいね。
Posted by hanaboro at 2005年02月12日 16:02
hanaboroさん

まずコメントのほうですが、21:51に投稿させていただいているほうを削除していただいたほうが・・・(///o///)ゞ
本当にすみませんでした。

私もそのデータ管理の部分が漠然とですが、引っかかって、私よりもよくBLOGのシステムをご存知なので、その辺りの難しさを考えておらていたのですね。

どんな風にはじめるにせよ、方向ややり方の修正は後からでもできますものね。
一歩、踏み出してみますか?

愚サイトでは図鑑の役目を果たしていないので、軸になれるとは思えず・・・。ただ、この部分をこんな風にしたいのでという指示を出していただければ、できる限りのことはお手伝いできますので、本当に本当にご遠慮なくおっしゃってくださいね。

共同で管理できるBLOGで補佐の役割のようなことでしたら、私でもできるかなぁ〜
Livedoorでは多分複数管理するためには、別にアカウントをとる必要があるのだと思います。共有するようなサービスは今のところ見当たらないようです。

あっ、そういえばちょっと話がそれてしまうのですが、先日私自身が「共通テーマ」として、「多肉植物」を加えたところ、数日は存在していたのですが、投稿がある程度の数に満たないと自然消滅してしまうようで、あっという間に「共通テーマ」から抹消されちゃったんですよ。

Livedoorは最近Yahooに対抗するためか容量が大幅にアップ。現在は無料で2GBの容量があるのです。

メジャーなブログにそれぞれお花の「軸サイト」を作っていき、その中で同じ記事をミラーサイト的に持っている必要があるとお考えでしょうか?

それにしてもどんな方法が良いのでしょうね?hanaboroさんが動き出してくださりそうなので、とても楽しみ(^_^)v

お礼などは無用ですよ〜〜 実際にはまだ何のお役にも立ててはおりませんし。
かえって私の素人考えに、真摯に向き合っていただけているということのほうに、私が感謝したい気持ちです。

おしゃべり相手程度ですけど、こうしたやりとりのなかで、hanaboroさんに良いアイデアが生まれたら、それでとても嬉しく思います。

がんばりましょう!
Posted by すぅ at 2005年02月12日 19:31
■すぅさん、すみません。

お返事遅くなりました。日曜日は、かなりの頻度でブログをほったらかしにしてしまいます。週末ごろのお返事は気長〜にお待ちいただけたら幸いです。

さて、「TBの輪」のことですが、ちゃんと運営するとなれば、一箇所だけでは、やはり、いろいろなアクシデントに弱いでしょうからね、ミラー的なものは必要ですね。バックアップや緊急避難の場所は用意しておいた方がいいですよね〜。

容量は、livedoorは2.1GB、ちょうどSeesaaも同じころ2GBになりました。Yahoo!の影響は大きいのでしょうね。でも今のところlivedoorは1つのブログを複数人で管理っていう機能のはないんですね。まあ、とりあえず、どこかにテストブログを作ってみて、それから、いろいろ試行錯誤してみようと思います。

ブログ、いろいろ難解なことも多くて、全然詳しくないのですけど、すぅさんに協力していただけるとまでおっしゃっていただいて、背中を押してもらって、ちょっとずつでも進めてみようかと思っていますよ。
Posted by hanaboro at 2005年02月14日 10:55
hanaboroさん

お返事が遅いだなんて、そんなことないです。毎日こうしてBLOGを運営されるなかで、お時間が取れないことがあるのは当然ですし、私などお返事が遅れるならまだしも、お返事をし忘れてしまうこともままあります。

そうでしたか!
どこのBLOGサイトも容量は大きくなりつつあるのですね。ますます、何かできそうな予感!
どんどん背中をおしちゃいます〜
でもお辛くなったら、おっしゃってくださいね。私がプッシュしすぎてしまって、hanaboroさんがダウン!してしまったら、大変ですので。
のんびりちょっとづつ♪ 
Posted by すぅ at 2005年02月14日 20:14
■すぅさん、こんにちは!

すぅさんのところは、いつもたくさんの方で、盛り上がってますよね〜。お人柄のよさが伺えますよ。ついお返事を忘れてしまうなんてことがあったとしても、みなさん、あまり気になさらないくらい、楽しんでおられるんじゃないですか。

ブログの容量は、気にしなくてもいいくらい、どこも大きくなってくるんでしょうね。ちょっと、夢見たいな話なので、気の長〜い感じで、やってみましょう♪
Posted by hanaboro at 2005年02月15日 09:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

さつき
Excerpt: サツキは、半日陰などあまり日の当たらなくて、常に湿度が高くて水はけがよいところを好みます。このサツキは鉢に植えていますが、用土につかうのは、「鹿沼土」でこれは、水はけがよいのに保水性にすぐれて..
Weblog: My Garden - お花ダイスキ!
Tracked: 2005-02-10 19:51

春待芽
Excerpt: hanaboroさんのアジサイの冬芽を拝見して,自分の周りの芽も探してみました。 まずはガクアジサイです。 剪定してしまったのでてっぺんの芽はありませんでしたが,脇から2つの元気な芽が出て..
Weblog: はなだより
Tracked: 2005-02-17 23:36

これなぁんだ? No.05
Excerpt: Title:ENTER THE PINK 難易度 ★★★☆☆ それでは、正解を発表します。 正解は、ツツジ(オオムラサキ)でした!!! (学名 Rhododendron p..
Weblog: KAIGAN
Tracked: 2005-05-05 01:27

サツキの花が咲く時期がやってきました。
Excerpt: いよいよサツキの花が咲く時期がやってきました。 我が家のサツキに花がちらほらつき始めました。
Weblog: 世界6カ国に展開するTENKA OF TUUHANのブログ
Tracked: 2007-05-18 18:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。