2005年02月22日

タムラソウ

タムラソウ Serratula coronata var. insularis


タムラソウは、本州、四国、九州の日当たりのよい山地の草原などに生える多年草です。花期は8月〜10月。キク科の植物ですが、花(頭花)にはいわゆる花びらに見える舌状花はなく、すべて筒状花で、一番外側の筒状花は特に細く雄しべや雌しべを欠いています。直径3cm〜4cmにもなる花冠は赤紫色、総苞には瓦のように重なった総苞片があります。総苞は幅の広い卵形でボッテリした感じ、総苞片の先は糸のように細くなっています。

花だけを遠目から見ると、アザミ属(Cirsium)の植物によく似ていますが、同じような環境に生えていて上向きに花をつけるアザミ属はそう多くはありません。だいたい思い当たるのは、ノアザミとノハラアザミあたりではないでしょうか。そのあたりとの違いを押えておけば、よいと思います。葉を見れば一目瞭然で、タムラソウの葉にはトゲがありません。羽状複葉の切れ込みも深く、質が薄くて、湾曲する感じがあって、ちょっと力なく垂れ下がるように見えることがあります。

遠めに花を見た場合だと、タムラソウの上部はよく分枝します。アザミ属の花冠が整った形であるのに対して、タムラソウの花冠は咲き進むにつれてボサボサ感が出てきます。また、アザミ属のように冠毛が羽毛状にならないし、ノアザミやノハラアザミよりは草丈がちょっと高めです。大きいものでは1.5mくらいになります。見慣れてくると、その立ち姿が違うので、似ているようには見えなくなるかもしれません。

あっ、いろいろ書いてますが、写真ではよくわかりませんね。花は終わっていて、総苞、花冠ともに茶色になっていますから。撮影地は、標高1000mちょっとの草原なんですが、9月下旬でもうすでにこんな状態でした。アザミ属ならこんなに茶色になってくると、すでにモワモワと冠毛(綿毛)つきの種子がわきでているんですが、写真では見当たりませんよね。

撮影中、雷鳴が次第に近づいてきて、この後、筆者は大雨にあって、ずぶ濡れになるのでした。。。

【和名】タムラソウ [田村草]
【学名】Serratula coronata var. insularis
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/09/23
【撮影地】山梨県牧丘町

posted by hanaboro at 18:59| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思わずどんな花かしらと図鑑で調べてしまいました。
本当にアザミのような花ですね。
そのあとこの写真を見ると生前の姿(笑)がしのばれます。
野山の草花はわからない(見たことはあっても名前の知らない)ものばかりで本当に勉強になります。
本来は実際に確認したいのですが・・・
Posted by WAKA at 2005年02月22日 21:46
思い出して戻ってきました。
タムラソウときいて思い出したのが「アキノタムラソウ」だったのです。
それがひっかかっていたのを急に思い出しました。
結論から言うと全然違う植物なのですね。
全く知らないことばかりで勉強ばかりです。
Posted by WAKA at 2005年02月23日 00:10
*WAKAさん*

こんにちは。この記事を見てくださって、その後図鑑などで調べたっておっしゃっていていただけたこと、生前の姿を想像してもらえたってこともとても嬉しいです。

初めて見るような植物や、近くにあっても気づかなかったような植物について、このブログをきっかけに、ちょっとでも興味が持てるようになってもらえたらいいな〜なんていう想いが、近頃ではブログを続けるモチベーションのようになっていましたから。

WAKAさんはすでに、園芸植物や植物にまつわるいろんな文化的な知識もとても豊かなので、野山の花の名前も早く身につけられそうですね。園芸種をずっと地味にしたような野の花も多いですからね。こちらの方こそ、いつも勉強させていただいています。

タムラソウ、確かに「アキノタムラソウ」を思い浮かべることも多いですね。そちらの方は「シソ科」の植物で、サルビアの仲間なので、全然違う植物ですね。「ハルノタムラソウ」とか「ナツノタムラソウ」というのもありますが、「ハルノ」は関東には分布しないみたいです。

キク科の方の「タムラソウ」は、関東では比較的、標高が低くても出てくるようですね。でも、わかりやすいのは、やっぱり夏から初秋ごろの標高1000m程度の草原でしょう。割と背が高いので、赤紫の花が上向きに揺れているのが目につくと思いますよ。
Posted by hanaboro at 2005年02月23日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2085212

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。