2005年02月24日

マルバダケブキ

マルバダケブキ Ligularia dentata


マルバダケブキは、本州中部以北の主に太平洋側と近畿や中国や四国の一部に分布し、山地〜亜高山の日当たりのよい草地や林縁部に生育する多年草です。草丈は40cm程度〜1mちょっとぐらいですが、根もとから生える葉(根生葉)や花序が大きいので、草丈以上に迫力を感じることがあります。

根生葉は、長さも幅も20cm〜40cmほどもある大きく丸い腎円形で、表面にはちょっとテカテカした光沢があって、縁にはちょっと粗めのギザギザ(歯牙)があります。おなじみの「フキ(蕗)」のような形の葉で40cm以上もあるような長い葉柄があります。

花期は7月〜8月で、花(頭花)は、2個〜数個が散房状(さんぼうじょう)につきます。「散房状」というのは、たくさんの花が散房花序のようについている状態のことです。そして、「散房花序」では、長い花柄(花軸)にさらに柄のある花がたくさんつきますが、より下の花の柄が長くて、より上部の花の柄が短いので、花がちょうど同じくらいの高さで咲きそろいます。マルバダケブキもその散房花序のように、数個の花がだいたい同じくらいの高さで咲きます。

花の色は濃い黄色で、いわゆる花びらに見える舌状花は10枚ほど、やや後ろに丸くカーブするように反り気味になっていることが多いです。直径は8cmくらいになるのでかなり大型です。比較的オーソドックスなキク科植物の花に見えますが、ちょっと独特なのは、その花の下の部分の「総苞」です。マルバダケブキの総苞は濃い紫褐色をしていて、そこには10枚前後の細長い総苞片がぴったりくっついて並んでいます。といっても、写真にはちゃんと写ってはいませんけど。

「大きな丸い葉と紫褐色の総苞」という組み合わせで覚えておけば、同属の「トウゲブキ (Ligularia hodgsonii)」などと区別できると思います。もっともトウゲブキの頭花の柄にはすごく目立つ苞葉があるので、花があれば見間違うことはないかもしれませんね。

学名の「Ligularia」はメタカラコウ属、つまりマルバダケブキが分類されている属の学名で、「ligula」は「舌」という意味なのだとか。「dentata」は「歯の」という意味で、葉の縁に歯のようなギザギザ(歯牙)があるところからきているそうです。また、別名は「マルバノチョウリョウソウ」となっているのですが、この植物をこの名前で呼んでいる人にまだ出会ったことがありません。

【和名】マルバダケブキ [丸葉岳蕗]
【別名】マルバノチョウリョウソウ
【学名】Ligularia dentata
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/08/26
【撮影地】長野県長谷村

posted by hanaboro at 18:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2123765

この記事へのトラックバック

「霧ケ峰・八ヶ島湿原」で「山の花」を撮って見ました。6
Excerpt: 「霧ケ峰・八ヶ島湿原」で「山の花」を撮って見ました。6「マルバダケブキ(丸葉岳蕗)」はキク科メタカラコウ属の本州中部以北、四国に分布する多年草。葉が丸く大きく「フキ(蕗)」に似ていて、亜高山帯に自生す..
Weblog: GOCCIの男を磨く旅(笑)
Tracked: 2008-10-10 06:37

ドッピューーーーン♪
Excerpt: 口コミ板で見たサイトで会った女の子・・・カワイイ薄ピンクの地区Bなうえに アソコも濡れ濡れww 俺のティンコ血管破裂しそうなくらいオッキしたわw バイ部でクリとリス刺激したらドッピューーーって大噴射し..
Weblog: ひゃん
Tracked: 2008-10-12 00:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。