2005年03月03日

イタチハギ

イタチハギ Amorpha fruticosa


イタチハギは、もともとは北米やメキシコ原産の落葉低木です。日本に入ってきたのは大正時代のことだそうで、砂防や護岸に用いられています。現在では、各地の崩壊して開けた場所などで野生化しているのが見られます。高さは1m〜5mほど。葉は長さ20cm〜30cmの奇数羽状複葉で、小葉は5〜12対あります。小葉の縁にはギザギザはなく全縁です。

葉の形は、植物の名前を調べるのときにはとても重要です。一般的な図鑑でも「奇数羽状複葉」というような用語がよく出てきます。そこで、まず「複葉」という用語を「単葉」との違いと一緒に覚えておきましょう。簡単にいうと小葉が複数ある葉が「複葉」で、複数の小葉がなく葉が一枚でできているのが「単葉」です。また、複葉はバラ科やマメ科の植物でよく見られ、イタチハギのように羽状になったものを「羽状複葉」といいます。

上の写真はわかりにくいですが、楕円形の小さい葉がたくさん見えているのが「小葉」です。この小葉が、羽状復葉の一番先端に1枚だけついています。それによって、小葉の数が奇数枚になるので「奇数羽状複葉」といいます。先端に2枚小葉がつく場合は「偶数羽状複葉」です。ただし、イタチハギの場合は奇数とは限らず、偶数になることもあるようです。

花は6月ごろ、枝先に総状花序を出して、たくさんの長さ1cm内外の暗紫色の蝶形花をつけます。総状花序というのは、花序の中心となる茎(花軸)に柄のある花がたくさんついて、下から上に咲き進む花序のことです。ただし、花序が下に垂れ下がっている場合は、上から下へ咲き進むことになります。また、マメ科植物の多くが5枚の花弁が蝶のような形についている蝶形花をつけます。ふつうは、上につく1枚の花弁は旗弁といって大きく目立ち、翼弁と舟弁という少し小さめの花弁が、左右対称に2枚ずつついています。

ところが、イタチハギの場合はちょっと変わっていて、黒紫色の旗弁しかありません。それで、雄しべが花の外に突き出てオレンジ色の葯がよく目立ちます。花が咲き進むにつれて、下の花はどんどん終了していきます。咲いている花のある黒紫色とオレンジの帯は下から上に移動して、終わったところは色あせてしまいます。写真は、もう上までほとんど色あせてしまっています。変わった取り合わせに色のシッポのような穂が、あちこちたくさん立っている姿は、やはりどこか日本のものではないなという雰囲気を漂わせます。

写真では見えませんが、花の後にできる豆(豆果)は、長さ1cm程度の小さなもので種子は1個か2個です。

【和名】イタチハギ [鼬萩]
【別名】クロバナエンジュ [黒花槐]
【学名】Amorpha fruticosa
【科名】マメ科 LEGUMINOSAE
【撮影日】2004/07/04
【撮影地】山梨県牧丘町

■Trackback People : 帰化植物

posted by hanaboro at 17:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。