2005年03月08日

タラノキ

タラノキ Aralia elata


タラノキは、日本全土の日当たりのよい山野にふつうに生える落葉低木です。高さは3m〜5mほどになります。大きくなった木にはトゲがほとんど目立たないのですが、若い樹皮には、かなり鋭いトゲが目立ちます。葉柄や小葉の軸などにもトゲがあるので、注意しないといけません。柔らかい若い芽は食用になり「タラノメ」としておなじみ。山菜の王とも呼ばれるほどですね。

葉は枝先に集まって互生します。葉は長さ1mほどにもなる「奇数2回羽状複葉」で、葉柄の基部は茎を抱くようにつきます。2回羽状複葉というのは、羽状複葉がさらに羽状に並んで1つの葉ができている葉のことです。また、葉の先端につく羽状複葉の数が1枚で、1つの大きな葉についている羽状複葉の数は奇数枚。さらに羽状複葉の先端の小葉の数も1枚で、1つの羽状複葉につく小葉の数も奇数ということになります。

花は8月〜9月。大型の花序に小さい花をたくさんつけます。

タラノキ Aralia elataタラノキ Aralia elata


大型の2回羽状複葉も冬には完全に落葉してしまいます。樹皮はトゲだらけで、ほとんど枝分かれせず、1本まっすぐ立っているので、葉がなくなるとトゲトゲの幹がまっすぐ突っ立っているのみです。

しかし、葉がなくなった幹をよく見るととげの他にもいろいろ観察できるものがあります。例えば、幹を取り囲むようについているV字形やU字形のあとは「葉痕」といって、葉がついていた痕跡です。葉痕はかなり大きく目立ちます。さらに葉痕には小さい点々がたくさん見えます。これは「維管束痕」といって、養分や水分の通路となっていた管の痕跡です。維管束痕は30個ほどあって、1列に並んでいます。

今回の個体の冬芽はちょっとわかりづらいのですが、幹のてっぺんの頂芽は円錐形をしています。芽を包む芽鱗はありますが、あまりしっかりしたものではないようです。冬芽近くのトゲはねる傾向があります。また、トゲが小さくて少ないタイプを特に「メダラ (Aralia elata f. subinermis)」といいます。

【和名】タラノキ
【別名】タラ、タランボ、ウドモドキ
【学名】Aralia elata
【科名】ウコギ科 ARALIACEAE
【撮影日】2005/03/08
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 17:18| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(1) | 冬芽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hanaboroさん
こんばんは〜 すっかりご無沙汰してしまっております。あまりに長引く風邪に辟易の毎日。ところで「タラの芽」は私の大好物。季節になると山歩きの好きな方から柔らかな新芽を頂戴してばかりで、親御さんをまったく知りませんでした。あの新芽から想像できない見目形ですね。大きなタラの木は身長が高い人でないと、採取しにくいとは聞いたことがあったのですが、大きいものは5メートルにもなるとは!
びっくりしました。はやくタラの芽やぜんまいのてんぷらが食べたいですね!
Posted by すぅ at 2005年03月08日 19:52
*すぅさん*

こちらこそ、ご無沙汰しております。風邪、長引いちゃっていますね。おつらいでしょう。パソコンの修理、新しいパソコンへの移行もいろいろと大変そうですが、たまにはゆっくりしてくださいね〜。

タラノキは本当、あの新芽とそのほかの姿が結びつきにくいですよね。葉を広げるとかなりの大物で、ビックリします。トゲがまた鋭いですから、気をつけないと大変なことになるかもしれません。しかし、すぅさんのまわりは、いつもにぎやかそうですね。山菜採りの名人もいらっしゃったとは。山菜のおいしい季節ももうすぐですよね、きっと。
Posted by hanaboro at 2005年03月09日 10:06
hanaboroさん
こんばんは〜 いろいろお気遣いいただいてしまってすみません!
私も山歩きをする人にちょっと聞いてみましたところ、本当に大きくてびっくりするだろうといってました。

そのトゲがとても厄介なのだそうですね。
私も山歩きに挑戦してみたいのですが、方向音痴なので遭難してしまいそうです。

あっ、JUGEPI!復活しました!
もうご存知かとも思ったのですが、念のためご連絡です。お花とは関係ないこともまたこれでおしゃべりできますね!
Posted by すぅ at 2005年03月09日 19:58
*すぅさん*

こんばんは。大きめの羽状複葉がさらに羽状に並んでいるわけですからね〜。大きいですよ。トゲもやっかいですね。山歩きは一人ではいろいろと危険なこともありますから、達人の方々とご一緒がいいかもしれませんね。若かったころは、一人で行っていましたが、今はかなり体力がなくなってしまって、なかなか行けませんです。ってなんだかすご〜くお年寄りみたいですけど。

JUGEPI!復活したんですか〜。お知らせくださって、ありがとうございます。知りませんでした。もうあれから、一ヶ月たってますからね、ほとんど忘れかけていました。
Posted by hanaboro at 2005年03月09日 22:18
hanaboroさん
確かに私のようなものは、方向音痴ですので山歩きの達人とご一緒に行かないと遭難してしまいます。山には危ないものもたくさんありますよね。
ところでhanaboroさんはBBS復活させないのですか?
Posted by すぅ at 2005年03月10日 23:45
*すぅさん*

山歩き、いろいろと必要なものとか、気をつけなければならないことがありますからね〜。最初は、達人さんとご一緒がいいですね。JUGEPI!ですか〜。ちょっと考えてしまいますね。ログをとりたいので、一度は復活させようとは思っているんですが、使い続けないかもしれません。
Posted by hanaboro at 2005年03月11日 08:02
hanaboroさん
もう、芽が出始めたんですね。

実は我が家は「たらの芽」が大好物で、ついに後先考えず、苗を2本買って来て植えたら大きくなること。
それで、伐って捨てたら、そこから、どんどん芽が出て、林になってしまいました。
もう、どうしようかと。。。。
Posted by フラウ at 2005年03月11日 21:44
*フラウさん*

こんばんは。芽、出ていることは出ていますが、まだちょっと早すぎますね。

やっぱり、タラノメ大好きですよね。しかし、まさかご自宅にあったとは。確か、柑橘系の木も何種類も植えておられるんですよね〜。すごく広々としたお庭を想像していますよ。タラノキの林まであるなんて、芽は食べ放題じゃないですか。でも採りすぎるとダメになっちゃうみたいだし、どうしたもんでしょうね。。。
Posted by hanaboro at 2005年03月12日 00:56
hanaboroさん、こんばんは。

>すごく広々としたお庭を想像していますよ。

それが、ちっぽけな畑だから困るんです。

この記事TBさせていただきました。
Posted by フラウ at 2005年03月12日 22:25
*フラウさん*

こんばんは〜。TB無事到着しています。

お庭(畑?)のこと、失礼な言いかたになっていましたね。本当にお困りだったのに。すみませんでした。どうかお許しください。どうしたらよいのか、わたしにもわかりませんです。お力になれず、ごめんなさい。
Posted by hanaboro at 2005年03月13日 00:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2312085

この記事へのトラックバック

この「タラノキ」どうしよう?
Excerpt: 我が家は「タラの芽」が大好きだ、スーパーではすでに養殖?ものが出回っている。 蕗の薹と並んで、春の珍味で天麩羅に最適ですね。 そんな訳で、8年位前でしょうか、近くのD.I.Yの店で苗木を2..
Weblog: ★酒洒落落★
Tracked: 2005-03-12 22:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。