2005年03月11日

マテバシイ

マテバシイ Pasania edulis


マテバシイは、高さ10m〜15mほどの常緑高木です。本州関東以西の暖かい沿岸地域に見られ、街路や公園によく植栽されています。ただし、分布域についてはやや不明瞭なところがあって、本来の分布域は九州〜沖縄にかけてのやや狭い地域だといわれています。

葉は枝先にたくさん集まってつきます。葉は分厚い革質で、長さ5cm〜20cmの倒卵状楕円形。葉先に近い部分で一番幅が広くなっています。つまり卵を逆さにして細長〜くしたような形なんですが、先端は少しとがり気味です。葉柄は1cm〜2cmほど、縁のギザギザ(鋸歯)はなく全縁です。裏面は白っぽいような黄色っぽいような色で、ちょっと光った感じに見えます。表面には濃い緑色で光沢があります。

マテバシイ Pasania edulis


花期は5月〜6月。この仲間の花が咲いていると、その付近には独特のむせ返るようなにおいがたちこめます。果実(堅果)はいわゆる「ドングリ」で、長さ2cm〜3cmほどの長楕円形です。熟すのは翌年の秋。一年目のドングリは小さくブツブツした状態で、二年目のドングリと同時に見ることもできます。帽子の部分は「殻斗(かくと)」といいますが、やや浅めのお皿型で、瓦状の模様(総苞片)がみられます。

【和名】マテバシイ [全手葉椎]
【学名】Pasania edulis
【科名】ブナ科 FAGACEAE
【撮影日】2004/08/08
【撮影地】東京都日野市(植栽)

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 19:44| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
息子の小学校の運動場に、ずらりと並んでいます。
「これって、食べられるんだよね〜」(←食べられるものなら何でも興味津々の息子)
でも、ずらりと並んだ小さな実は、来年まで待たなくちゃいけないんですね。2年生になっても食いしん坊だと思いますので、楽しみにしています。勉強になりました!
Posted by ひなっぺた at 2005年06月30日 14:54
*ひなっぺたさん*

このところの暑さは大変なものですが、お子さんたちも食べる気、満々のご様子で何よりです。そういえば、ヤマモモの果実も、集めてこられたんでしたね。

マテバシイのドングリは、そうなんです、ちっちゃい方は来年の秋まで待たなくっちゃいけないです。長い時間かかるんですね〜。ずらりと並んだ小さな実、ちゃんと大きくなってほしいですね!
Posted by hanaboro at 2005年06月30日 19:45
はじめまして。
花の検索をしていてたどり着きました。
マテバシイの実はこういうふうになるのですね。勉強になりました。
先日 旅先で花が咲いているところを撮影してきました。
でも、ニオイはなかったんですよね・・。時間帯によるのでしょうか。
Posted by 花mame at 2005年07月04日 20:31
*花mameさん*

ようこそ、たどり着いてくださいました。
マテバシイの果実、2年がかりできれいなドングリになります。こちらでは、新しくできたちっちゃいブツブツの状態も見られますよ。

匂いについては、わたしも今年はぜんぜん感じませんでした。花を写したのが暑い日の昼間だったからでしょうか。どうなんでしょう?それなりに開花していたんですけどね。
Posted by hanaboro at 2005年07月04日 21:00
シリブカガシとの違いを教えてください・
Posted by at 2008年11月11日 22:23
ppppppppppppppppppppppp@@pppppp
Posted by mumumi at 2009年11月12日 15:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。