2005年03月13日

マイヅルソウ

マイヅルソウ Maianthemum dilatatum


マイヅルソウは、国内では北海道、本州、四国、九州に分布し、山地〜高山帯の林床などに生える多年草です。特に針葉樹林の林床でよく見られます。草丈は5cm〜20cm程度です。葉は2枚が互生します。葉はハート形、長さは5cm前後で無毛。名前は、ハート形の葉にある葉脈が形に沿って曲がっているところを、ツルが羽を広げて姿に見立ててつけられたといいます。

マイヅルソウを見かけると、よくその辺りにかたまって群生していることが多いと思います。それは、地下の細い根茎が網目状にのびて増えるからだそうです。

花期は5月〜7月。花は白色で総状につきます。花被片は4枚、雄しべは4本。花被片の先は反り返って、雄しべが突き出て目立ちます。1つ1つの花はごく小さいもので数mmですが、10個前後つきますので、咲いていたら目にとまる花といえるでしょう。

果実(液果)は、熟すと赤または紫褐色の斑紋のある果実となります。果実は直径5mm〜7mmの球形です。また、国内では北海道と本州中部以北の亜高山帯に生育する「ヒメマイヅルソウ(Maianthemum bifolium)」は、葉がやや細めで、葉の裏や縁、葉柄、茎、そして花序など全体的に短毛があります。今回の写真のものは、葉の縁に何やら突起状のものがあるのですが、葉や茎の短毛はなく全体的に無毛なので、「マイヅルソウ」としています。果実には、紫褐色の斑模様があります。

マイヅルソウ属の植物は、日本で見られる2種(マイヅルソウ、ヒメマイヅルソウ)以外に、もう1種「カナダマイヅルソウ (Maianthemum canadense)」という種が知られていますが、これは日本には生育していません。

【和名】マイヅルソウ [舞鶴草]
【学名】Maianthemum dilatatum
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2004/08/12
【撮影地】福島県檜枝岐村

posted by hanaboro at 19:05| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これも懐かしい花です。たぶん、山で出会って最初に覚えた(教わった)花じゃないかな。白い花をたくさんつけてるんですが、意外と足下に咲いているので気がつかないことが多かった気がします。単に不注意なだけか(^_^;
Posted by 三宅信光 at 2005年03月14日 20:05
*三宅信光さん*

こんばんは。マイヅルソウは、小さな植物ですからね。個体数が少ないと見落としてしまうかもしれませんね。群生して咲いているときなどは、それはもう、ハート形の緑色の葉っぱと純白の小さな花で、そこら中がパーッと輝きます。とはいっても、久しくそんな状態は見ていません。懐かしい花ですね。
Posted by hanaboro at 2005年03月15日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。