2005年03月14日

ノイバラ

ノイバラ Rosa multiflora

 
ノイバラは、国内では北海道、本州、四国、九州の山野に生育する落葉低木です。日本以外では朝鮮半島や中国にも分布しています。高さは2m程度ですが、ややツル状になってワサワサとした茂みをつくる感じに伸びます。名前は、野にある「イバラ」、つまり野にあるトゲのある植物ということからつけられたのだそうです。ただし、漢字は「野薔薇」となっていることもあります。

枝にはたくさんトゲがあるので、それに気づかずにブッシュに入ると、ガリッとあちこちやってしまって、思わず悲鳴をあげてしまうことがあります。そのトゲは、茎の表皮が変形したものなのだそうです。

葉は互生し、複数の小さな葉(小葉)から1枚の葉ができていています。小葉は3対〜4対あって先端部分には1枚の小葉があるので、小葉の数は奇数枚となるので、このような形の葉を「奇数羽状複葉」といいます。小葉は卵形か長楕円形で、長さは2cm〜5cmです。縁にはギザギザ(鋸歯)があります。

表面にはあまり光沢はありません。葉の裏面や柄の部分に毛が生えることが多いです。葉柄の茎に近い部分を見ると、くしの歯状に裂けた「托葉(たくよう)」が葉柄にくっついているのがわかります。この托葉があるのもバラ科に多い特徴です。といっても写真の状態では、まだよくわからないんですけどね。

ノイバラ Rosa multiflora


花期は5月〜6月。枝先に円錐花序を出して、芳香のある白い花をたくさん咲かせます。種小名の「multiflora」は、「たくさんの花の」という意味です。花は直径2cm〜3cmほどで、バラ科らしく花弁は5枚、雄しべは多数あります。ガクは後ろに反り返っています。

果実は7mm〜8mmくらいの球形で赤く熟します。果実の上の部分にはガクの名残りが見られます。この赤い果実は、子房と花床という部分がいっしょに発達してできています。子房以外の部分が果実のようになったものを「偽果(ぎか)」といいますが、その中にはごく薄い果皮で種子を包む「痩果(そうか)」が多数あります。このような果実(偽果)を「バラ状果」といいます。

よく似た種に「テリハノイバラ (Rosa wichuraiana)」がありますが、こちらは、海岸近くや山野の崖のような場所に多く生えます。葉の表面に光沢があって、地面をはうようにようにのびることが多いです。

【和名】ノイバラ [野茨、野薔薇]
【学名】Rosa multiflora
【科名】バラ科 ROSACEAE
【撮影日】2005/03/08
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 13:43| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
ノイバラで検索してたどり着きました。
植物のこととても詳しく書いてあるので感心しました。
これからも参考にさせてくださいね。
私のブログにリンクさせてくださいね。
Posted by keira at 2005年05月10日 21:37
*keiraさん*

はじめまして。
たどり着いてくださって、ありがとうございます。ノイバラの記事をアップしていてよかったなぁと思います。

いろいろとお褒めいただいて、ちょっと照れくさいですが、嬉しいです。リンク、どうもありがとうございます。
Posted by hanaboro at 2005年05月10日 22:02
こんばんは
この記事を見て,花が咲いたら紹介しようと思っていました。
バラの托葉なんていつも眺めているのですが,自分の意識の中には全然なくていつもながらこちらで勉強させていただいています。
Posted by WAKA at 2005年05月12日 22:36
*WAKAさん*

こんにちは!
うわぁ〜。どうもありがとうございます。
もう、ちょっと前の記事になるので、覚えてくださってたなんて、とてもうれしいです。

実はですね、「托葉」。バラ科を見たらチェックするというの、よく忘れるんです。次の日もう一度見たらしっかりギザギザした托葉がありました。この記事の写真のような状態でも托葉、見ることできちゃいます。うへへっ!
Posted by hanaboro at 2005年05月13日 11:00
初めまして。
お尋ねしたいのですが、薔薇とノイバラ(野薔薇)は、何処がどのように違うのでしょう? 長年、疑問に思っていました。ご存知の方、教えて下さい。
Posted by hisapet at 2005年05月28日 15:22
*2005年05月28日 15:22にコメントくださった方へ*

当ブログの管理人のhanaboroです。ご訪問いただきありがとうございます。早速です恐縮ですが、まず、お伺いしたいことがあります。

「お名前」を書いていただく欄にあるのが、メールアドレスなのではないかと心配です。書き込む欄をお間違えになったのであれば、アドレスらしきお名前の部分、削除させていただきますが、書き込まれたものがHNだとすれば、その部分を削除するわけにもいかないです。いかがいたしますか。

さて、ご質問の件ですが、わたしは特にバラについての知識が豊富な者ではないので、しっかりしたお答えはできません。

まず、「ノイバラ」の方ですが、これは1つの種として、日本や中国などに自生しているものです。これの特徴なら、図鑑やネットで調べられると思います。

そして、いわゆる「バラ」というのは、多くの原種やその後改良されてできた多くの品種などが様々に交配された膨大な数の品種群の総称です。そのもととなる原種の中には「ノイバラ」も含まれています。もちろん、すべての園芸種のバラの作出に関わっているというわけではないでしょう。

バラの品種の中には「ノイバラ系」などといわれるものもあると思います。それらは、花弁が5枚で、平べったく開くというようなものが多いのではないでしょうか。

当サイトは個人運営の小さなブログです。掲示板と違って、不特定多数の方が書き込みを見てそれに答えるということはここでは皆無です。もっとも、有名なブログならばそういうこともありえるのでしょうが、管理人にはそういうふうにサイトを盛り上げる能力がないのです。

バラの専門サイトかもっと大勢の方が見る掲示板でご質問されるか、品種について詳しく書かれたバラの専門書にあたるか、などやってみられてはいかがでしょうか。

このたびは、何のお力にもなれず、申し訳ありませんでした。

[追記]
やはり、メールアドレスではないかと気になりましたので、失礼かと存じましたが、お名前欄の@以下を削除させていただきました。それで、お名前はhisapetさんと表示されています。(2005/05/30)
Posted by hanaboro at 2005年05月28日 17:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2409600

この記事へのトラックバック

ノイバラの花
Excerpt: 去年いただいたノイバラの花が咲きました。 直径2〜3cmの小さな花で,5枚のシンプルな花弁です。 同じバラ科のイチゴの花によく似ています。 野生のバラはこんなに素朴なものなのだと改めて思..
Weblog: はなだより
Tracked: 2005-05-12 22:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。