2005年03月14日

キブシ

キブシ Stachyurus praecox


キブシは、北海道南部、本州、四国、九州に分布し、山野の比較的明るい場所に多く見られる落葉低木です。高さは2m〜5mほど。上にグングンのびる感じではなく、よく分枝した長い枝が垂れ下がるようにのびます。枝は赤みのある紫褐色で、少しツヤツヤしています。葉は互生し、長い卵形か長い楕円形で、先は細長くシッポのようにのびます。長さは5cm〜10cm程度。縁にはちょっと粗めのギザギザ(鋸歯)があります。葉の形はサクラに似ているところがあります。

花期は3月〜4月、葉が展開するより先に花が咲きます。花は5cm〜10cmくらいの垂れ下がる穂状花序にたくさんつきます。1つ1つの花は長さ5mm〜7mm程度の鐘形で、色は淡黄色。花弁は4枚、ガク片も4枚で赤褐色。大小のガク片が花弁の基部の方に、ちょこっとはりついているように見えます。

基本的には、雄花と雌花が別の株につく雌雄異株。しかし数は少ないようですが、両性花をつける個体もあります。花の中をのぞいてみて、雄しべが目立っていたらだいたい雄花と思ってしまいますが、両性花の場合も雄しべはそれなりに目立ちます。雌花の場合も雄しべはありますが、雌しべに比べてかなり短く退化しています。

果実は雄花にはできず、雌花にはよくできます。長さ8mm程度の楕円形で熟すと黄色くなります。名前は、この果実をヌルデ (Rhus javanica)の「五倍子(ふし)」の代わりとして染料に用いることからきているそうです。ちなみに、「ふし」はヌルデに「ヌルデノフシムシ」というアブラムシの仲間が寄生してできた「虫こぶ」のことで、これから「タンニン」をとってインクや薬などに利用するのだそうです。

キブシ Stachyurus praecox


写真は、蕾のついた花序の部分です。徐々に垂れ下がってきているようで、風にゆらゆらと揺れていました。春の訪れを感じさせるキブシ。開花まであと少し。果たして、雄花か雌花か、それとも両性花か。。。

【和名】キブシ [木五倍子]
【別名】キフジ[木藤]、マメブシ[豆五倍子]
【学名】Stachyurus praecox
【科名】キブシ科 STACHYURACEAE
【撮影日】2005/03/08
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 19:14| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 蕾図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お水取りが終わったので・・・、啓蟄が過ぎたので・・・、春はもうすぐです。と、予報士が云ってますが、今日も寒い一日になりそうです。
Posted by upplain at 2005年03月15日 15:50
書きかけの途中で送ってしまいました。
今日、お墓の掃除に行った帰りに県立高根森林公園に寄ったら、「キブシ」の小さい房が下がっていました。
目的の、「カタクリ」の葉も見つかりませんでした。
今年は、まだ寒の戻りもありそうで草木の花たちの目覚めは遅いようです。
−続きです−失礼しました。
Posted by upplain at 2005年03月15日 16:00
*upplainさん*

こんばんは。そうですね〜。なかなか一足飛びには暖かくなってはくれませんね。今日はちょっとだけ、近くの小さな緑地を通ってみると、キブシも房は下がっているのですが、まだちょっと堅めの蕾でした。カタクリは、もうそろそろ葉っぱが見えてもいい感じですけどね〜。自分もまだ見てないです。

でも、今、upplainさんのところ飛んでみましたら、たくさん春の景色が見られるじゃないですか。もう春ですよ。やっぱり。

ここのコメントフォームは、送信用のボタンが近くにあるもので、時々途中で送信されてしまうことがあるんです。何とか改善しないといけませんね。お手数おかけしてしまって、ごめんなさい。
Posted by hanaboro at 2005年03月15日 18:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2413264

この記事へのトラックバック

3月15日のラッキーさん
Excerpt: キブシ、ノイバラ、アガパンサス。これが何であるかがわかる人はそんなに数はいないは...
Weblog: Modern Syntax
Tracked: 2005-03-15 12:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。