2005年03月16日

モミジイチゴ

モミジイチゴ Rubus palmatus var. coptophyllus


モミジイチゴは、本州中部以北に分布し、山野の林縁や比較的日当たりのよい林内などに生える落葉低木です。西日本には、葉の長い「ナガバモミジイチゴ (Rubus palmatus)」が分布しています。バラ科キイチゴ属の植物で、同じ属の植物は世界各地に広く分布していて、700種ほどもあるといいます。日本国内にも40種近くが知られています。

名前は、葉が3つ〜5つに掌状に分裂して、モミジの葉に似ているところからきています。しかし、葉の形には変異が大きくて、ナガバモミジイチゴと区別しにくいような形をしていることもあります。葉の縁には粗いギザギザ(鋸歯)があって、葉柄にもカギ状の小さいトゲがあります。

花期は4月〜5月。花は冬芽からのびた短い枝先に1つつきます。直径3cmほどの白色の5弁花で下向きに開きます。果実は直径1cmほど、6月くらいには橙黄色に熟し、とても瑞々しく光沢があります。食べると甘酸っぱくてとても美味しいです。

地下茎を長く伸ばして増えるので、モミジイチゴが見られる場所では、しばしば群生していることがあります。高さは2mほど。根元の方から太めの枝を出して、上部で枝分かれしています。この枝は、越冬後花が咲いた後次の冬を前に枯れてしまい、夏には別の枝を出し、その新しい枝が越冬するのだそうです。茎は無毛ですが、細めで鋭いトゲがあって、茎からほぼ垂直に出ています。

モミジイチゴ Rubus palmatus var. coptophyllusモミジイチゴ Rubus palmatus var. coptophyllus


冬の時期に見られる茎は紅紫色〜紫褐色。冬芽も紅紫色の芽鱗に包まれていて、ちょっと光沢があります。冬芽は互生してつきます。5〜7枚の「芽鱗(がりん)」に包まれた「鱗芽(りんが)」で、先のとがった紡錘形です。紡錘形というのは、細長い円柱の両端が細くとがるような形のことです。

木々の芽が萌え出る季節になってきました。その中でも芽吹きの早い「モミジイチゴ」。色は、まだ紫褐色を帯びた状態で、寒さに耐えているような色ですが。

【和名】モミジイチゴ [紅葉苺]
【別名】キイチゴ
【学名】Rubus palmatus var. coptophyllus
【科名】バラ科 ROSACEAE
【撮影日】2005/03/15
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 13:50| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(4) | 芽吹き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hanaboroさん、こんにちは。
このイチゴという名前でバラ科の物って沢山あるんですね。
我が家に咲いているのはクサイチゴではないかと思うのですが、自信がありません。
TBさせていただきました。
Posted by フラウ at 2005年03月22日 16:20
hanaboroさん。

コメントありがとうございました。

負担をお掛けしてしまったようで、申し訳ありませんでした。

何でも、頼りにしてしまってはいけませんね。。。。
Posted by フラウ at 2005年03月22日 23:27
*フラウさん*

こんにちは。一足早く、花のお写真を見せてくださって、どうもありがとうございました。わたしはまだ、今シーズンの花を見てないもので。

こちらこそ、お力になれずに、ごめんなさいね。こういうブログを作ってはいるんですが、実のところ、あまり植物に詳しくないんですよ。ブログに書いていることが、全部頭に入っているなんてこともなくて。たまたまわかったものだけを、図鑑などで調べながら書いているんです。ときどき「これは何だろう」という感じのTBをいただくことがあっても、なかなか、「その植物の名前はこれですよ!」って、教えてさし上げることもできなくて、申しわけないなぁと思っていたんですよぉ。わかる範囲のことで、自分にできることがあればいいなぁとは思っていますけども。

どうしてもってときは、「この花なに?」というような質問掲示板に写真を投稿するっていう手もありますよ。複数の上級者の方々がかなりすばやく答えておられるようです。
Posted by hanaboro at 2005年03月23日 12:51
はじめまして。以前からときどき拝見してはhanaboroさんの視点の新鮮さに感心しておりました。

今回ブログを開設しましたので,はじめてトラックバックをさせていただきました。
私も芽、葉、枝など花や果実以外の写真はたくさん撮っているのですが、何分不精もので(^^; 毎日の更新はとてもできませんが、よろしければときどき遊びに来てください。
Posted by semiaqulegia at 2005年07月29日 01:09
*semiaqulegiaさん*

ようこそ、本当によくいらしてくださいました。「植物学リソース」、時折利用させていただいていました。素晴らしいサイトのオーナーさんにお越しいただけるなんて、大変光栄です。

先ほど、semiaqulegiaさんのところのブログにお邪魔してきました。植物たちの様々な姿、拝見できるのを楽しみにしています。これからもどうぞよろしくお願いします!
Posted by hanaboro at 2005年07月29日 12:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2440391

この記事へのトラックバック

新芽
Excerpt: モミジイチゴの芽が動き出した。 私にとって年に3回意識する植物。最初は新芽が出...
Weblog: MovableType日記
Tracked: 2005-03-16 19:40

一株だけ咲いていたモミジイチゴ
Excerpt: 仕事場のちょっとしたハプニングから今日は午後お休みとなった。 お天気が悪いのが残...
Weblog: MovableType日記
Tracked: 2005-03-22 15:23

クサイチゴ?
Excerpt: 裏山の斜面で、咲き出した、花。 名前が良く解らない。 図鑑で調べた、クサイチゴかヒメカジイチゴに似ているが。。。。 hanaboroさんの花図..
Weblog: ★酒洒落落★
Tracked: 2005-03-22 16:23

モミジイチゴ
Excerpt: キイチゴ類の中ではもっとも美味しいと思う。 もっとも私が食べたことがあるのはクサイチゴ、ナワシロイチゴ、エビガライチゴ、モミジイチゴくらいしかないのだが。 Rubus palmatus var. ..
Weblog: Plant Planet
Tracked: 2005-07-29 00:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。