2005年03月18日

ミズキ

ミズキ Cornus controversa


ミズキは、北海道〜九州の日当たりのよい雑木林や山地の沢沿いなど、やや湿り気のあるところに生える落葉高木です。高さは10m〜20m。生長は速いそうで、幹はまっすぐに伸び、枝は水平に出ます。その枝が段々に見える独特の樹形です。

冬芽は無毛で長さ1cmほどの長卵形、5枚〜8枚の「芽鱗」に包まれています。枝も冬芽も紫紅色で光沢があります。ふつう、枝先の「頂芽」がよく目立って、「側芽」はあまり発達していません。赤くて横に伸びた枝は先の方が少し上にカーブして、その先端に赤い頂芽がついているという感じです。

ミズキは落葉樹ですので、冬の間は枝には葉がなくなってしまいますが、葉のついていた痕跡は残っています。それは「葉痕」といって、ミズキの場合は半円形か少しとがったようなV字形です。そして、やや枝から突き出して上向きかげんについています。葉は「互生」なので、葉痕も互い違いについています。

ミズキ科ミズキ属の樹木の中では、ミズキは葉のつき方や芽鱗の並び方が特徴的です。それに葉が互生するのは「ミズキ」だけ。「クマノミズキ」の場合は芽鱗のない「裸芽」か不明瞭な芽鱗しかなく、「ヤマボウシ」の場合は芽鱗は2枚で、両者とも葉は「対生」です。

ミズキ Cornus controversa


樹皮は灰褐色で浅く縦に溝が入っています。花期は4月〜5月。枝の先に「散房花序」を出して、白い小さな花をたくさんつけます。1つ1つの花は直径7mm〜8mmほどの小さなものですが、段々になった枝は扇を広げたような状態になって、一斉に花が咲くと遠くからでもよく目立ちます。新緑の若葉と白い花の対比は、初夏らしく清々しい印象を与えてくれます。

【和名】ミズキ [水木]
【学名】Swida controversa (Cornus controversa)
【科名】ミズキ科 CORNACEAE
【撮影日】2005/03/18
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
アメリカヤマボウシ
ゴゼンタチバナ

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 20:00| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 冬芽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hanaboroさん こんばんは〜
ミズキは「ハナミズキ」とは親戚でも違うものなんですね〜 わが町にはハナミズキを植えている方が異常に多いので、よくみかけるのですが、このミズキはまだお花がないので、どの程度似ているものなのかがよくわからないのですが、ハナミズキのほうは私もダイスキで、今年狙っている苗のひとつです。八重咲きのタイプが欲しいのですが、よく見るのは一重なんです。
このミズキも、「扇を広げたように・・」とあるので、きっとお花も似ているような気がします。ちょっと調べたのですがミズキ科の植物もたくさんあるのですね。びっくりしました。
Posted by すぅ at 2005年03月19日 02:07
*すぅさん*

こんにちは。「ハナミズキ」、最近本当よく植えられていますよね。さすが、すぅさんはこだわりがありますね、八重ですかぁ〜。八重咲き種、実際には見たことないんですけど、「アルバプレナ」というのがあるそうですね〜。他にもあるのかな。斑入りも白や黄色があって、ハナミズキの品種もいろいろあるんですね。

ところで、「ミズキ」はですね、ハナミズキのようには、大きな苞はないんですよ。小さい花がかたまってそれが扇のように広がった枝にあちこちたくさんついているって感じです。扇っていうのは、枝ぶりの様子ですね。なかなか、うまいこと表現できなくて、わかりにくかったですけど、もう検索で花はご覧になったのかな。一度それとわかると、花時期は特に遠くからでもわかるようになりますよ。新緑のころ、谷筋でよくみられると思います。同じ科の植物はたくさんありますね〜。
Posted by hanaboro at 2005年03月19日 14:28
hanaboroさん、こんばんは
もしわかれば、ですが、ミズキ科のオウゴンミズキについておしえていただきたいことがあります。植木鉢で楽しんでいます。気持ちよく育っていたのですが、先週ごろから、葉の半数以上が丸まってきました。最初は、水を欲しがっているのかなぁと思っていたのですが、どうもそうではなさそう。原因について、何かアドバイスいただけることがあれば、教えてください。よろしくお願いします。
Posted by るう at 2005年07月31日 20:28
*るうさん*

こんにちは。
オウゴンミズキ、お持ちなんですね。きれいなんだろうなぁ。さて、ご質問いただいたことについてですが、わたしは栽培のプロフェッショナルではないし、オウゴンミズキの栽培経験はありませんので、ごく一般的なことしかわかりません。それをご理解いただいたうえで、お読みいただけたらと思います。

まず、水切れではないようだとのことですが、このお話をうかがって、最初に思い当たったのは、梅雨明け後、日中の高温乾燥によって、葉からの蒸散が激しくなって、水分の上昇が追いつかずに葉が巻いている、あるいは、夏の直射日光をダイレクトに浴びるのを避けて表面積を減らしているのではないかということです。この場合は葉の色や形にはあまり問題が出ていないと思います。野生状態のミズキの場合ですが、今の時期、葉は垂れ下がってやや葉は主脈を中心に2つ折気味に緩やかに丸くなっています。

また、水が不足しているかどうかは、土の色を見ることと、実施に手で触わることの両方からチェックします。もし、日中にかなり水切れして明らかにしおれている場合は、鉢を比較的明るめの日陰に移動した後、水を与えます。直射日光が当たっている場所での水遣りは、水がお湯になって根ぐされしたり、葉の縁が茶色く枯れてきたりするのでダメ。

ただし、しおれるほどの水切れがなく葉に色や形の異常が見られないのなら、水遣りは様子を見ながら朝夕1回か2回。夕方に葉水を与えるとよいかもしれません。

あるいは、夏の高温乾燥期は、直射日光の当たる時間がちょっと減る場所に移動する、西日があまり当たらない場所に移動するなど置き場所を注意することで改善できるかもしれませんね。

逆に水や肥料の与えすぎで根ぐされしている場合もあります。その場合は、土の表面にコケが生えていると思いますので、コケを取り除いて、減った分の土を足します。そして、その後は、土が乾いているかどうか確認してからの水遣りを心がけます。この場合なら、肥料はしばらく控えた後、回復が見られたら、濃度、頻度を守って与えます。

また、もし葉がいびつな形や色がおかしくなっていたら病害虫の可能性があります。黒くなっていたらすす病が考えられるので、原因のアブラムシやカイガラムシがいないかチェックして薬剤等の散布も必要なこともあります。葉がクルクルと巻いているのなら、ハマキガなどがいるのかもしれませんし。

と、わたしが考えつくことはこんなところでしょか。ただ、今回の内容がオウゴンミズキに当てはまるかどうかはわかりませんし、まったく的外れの可能性もあります。お役に立てず申し訳ありません。

園芸専門のサイトで、最初の症状がどうで、その後、何をやったらどうなったか、現在の症状がどうなのかなど、少し情報を加えて、もう一度確認されることをおすすめします。例えば、「園芸ナビ」さんの「植物Q&A掲示板」でお尋ねになってみられてはいかがでしょうか。

ttp://www.engeinavi.jp/
Posted by hanaboro at 2005年08月01日 12:50
hanaboroさん
丁寧なアドバイス、ありがとうございます。水は足りているようだし、コケも生えてはいないので、たぶん暑がっているのではないかと思います。たしかに、少し影になっている下のほうの葉はなんともないのですが、上に伸びている枝ほど、葉が丸まっているようです。また、葉の色などは元気な緑色のままです。ベランダで育てているので、直射日光のまったく当たらない場所、というのは難しいですが、時間によって移動させて様子を見ようと思います。
5月に植えたものですが、花の時期は、かわいらしく、楽しめました。すでに買ったときよりも一回りほども大きくなっており、順調と思っていただけに、心配していましたが、丁寧に教えてくださりありがとうございます。
Posted by るう at 2005年08月03日 09:41
*るうさん*

こんばんは。
なるほどぉ、そうなんですね〜。葉の色形に異常が見られないのなら、原因は高温乾燥なのかもしれませんね。だとすると、ある程度、一時的なものなのかなとは思いますけども。

真夏のベランダはかなり過酷な状態になることも多いので、鉢の移動ができないとすると、一番日差しの強い時間だけでも、寒冷紗などで一時的に遮光するとか、もしコンクリートなど高温になるものの上に直においてあるとしたら、何か台の上に置くとか木の板などを敷くとか、そういう手もあるかもしれませんね。

るうさんのオウゴンミズキが、無事に夏越ししてくれるといいなあ。
Posted by hanaboro at 2005年08月03日 20:54
hanaboroさん
なるほど、寒冷紗で遮光ができるんですね。園芸はまったく初心者で、オウゴンミズキも、ただ、かわいらしいと言う理由で選びました。湿気のあるところを好むということなので、ベランダでの栽培はかわいそうなのかもしれません。気をつけてあげたいと思います。
Posted by るう at 2005年08月06日 12:23
*るうさん*

わたしも園芸のこと、なかなか上達しなくてダメダメです。でもはじめは気に入ったものをちょっとだけ育ててみるというのがいいのかもしれませんね。欲張ってたくさんいっぺんにやろうとして失敗したことがありますもん。ベランダ栽培でもOKな植物はいろいろあると思うので、種類を選べば十分楽しめると思います。ただ特に真夏と真冬は気をつける必要があるでしょうけどね。

風通しはよいままで、強い光だけを遮れるものなら、よしずやすだれなどでもいいと思いますよ!
Posted by hanaboro at 2005年08月06日 17:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。