2005年03月22日

フヨウ

フヨウ Hibiscus mutabilis


フヨウは、もともとは中国原産といわれていますが、国内では四国や九州の南部、沖縄などの暖地の海岸に近い地域に自生が見られます。落葉低木で、高さは2〜4mほどです。全体に白い星状毛が生えています。樹形は株立ち状になります。葉は互生、長さは10cm〜20cmほど、掌状に浅く裂けて、縁にはあまり鋭くない鈍いギザギザ(鋸歯)があります。葉柄も長くて5cm〜20cmほど。

花期は7月〜10月。茎の上部の葉の脇(葉腋)に淡い桃紅色の花をつけます。花は一日花で、直径10cm以上の大きめの花です。花弁は5枚。花の中央から伸びているブラシのような形のものは、雄しべや雌しべが集まったもので、この仲間(Hibiscus属)の特徴となっています。たくさんの雄しべが合着して筒状になります。さらに雌しべとも合着して筒状になった雄しべの先から雌しべが突き出ています。

八重咲きの品種に「スイフヨウ (酔芙蓉)」というのがあります。この品種は花の色が、朝開いたときは白色ですが、昼過ぎにはピンク色となって、夕方には紅色に変化していきます。この色の変化を酒に酔った人の顔色にたとえてそう呼ばれているのだそうです。夏の午前中には、咲いている花は白なのに、しぼんでいるのは赤いという場面に出会うことがあると思います。

フヨウ Hibiscus mutabilisフヨウ Hibiscus mutabilis


暖かい地方では常緑なのだそうですが、だいたい冬には落葉してしまいます。写真は、前年度の枝が整理されずに冬を越した株です。一見枯れているように見えましたが、ちゃんと冬芽ができていました。一番上の写真はその冬芽です。もうすべて落葉していますが、枝先には裂開した果実が残っていて、上向きについています。その姿には一種独特の雰囲気があります。こんなふうに枯れたあとの姿も印象的なので、「枯れ芙蓉」とも呼ばれて、観賞対象にもなっています。

ただし、写真の株は茎が「帯化(たいか)」してしまっています。帯化というのは、成長点が横に広がったために起き、茎の一部が異常に平たくなる現象のことです。この現象は木本、草本を問わず、いろいろな植物に見られるもので、時に大量の花を咲かせたりします。原因は様々で、一時的に見られることもあれば、ずっとその状態が続くこともあります。いけばなの花材に使われる「セッカヤナギ(石化柳)」「セッカエニシダ」や花序が帯化する「帯化ケイトウ」では固定されているそうで、ときどき見つかる「タンポポ」や「ユリ」なども話題になることがあります。

フヨウ Hibiscus mutabilisフヨウ Hibiscus mutabilis


果実は直径2.5cmほどの球形。熟すと5つに裂けます。カサカサとした果実の中にはたくさんの種子ができます。種子は淡褐色の毛におおわれています。同じ属の「ムクゲ」とよく似ていますが、フヨウの果実には長い毛が多いのに対して、ムクゲの方は細かい毛が少し生えているくらいです。果実の大きさもフヨウの方が大きめです。

【和名】フヨウ [芙蓉]
【学名】Hibiscus mutabilis
【科名】アオイ科 MALVACEAE
【撮影日】2005/03/18
【撮影地】東京都日野市(植栽)

■当ブログ内関連記事
ハイビスカス
ムクゲ

■TrackBack
風なき月夜の群青の森」さんの記事→「ぐるぐる

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 15:39| 東京 🌁| Comment(9) | TrackBack(3) | 冬芽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ムクゲとフヨウの見わけ方って葉の形で判断していますが,どんなものでしょう?
違っていましたら是非お教えいただきたいのですが・・・
http://blog.hanakoyomi.sunnyday.jp/?eid=32732
Posted by WAKA at 2005年03月22日 17:40
*WAKAさん*

ムクゲとフヨウ。わたしも主に「葉」で見分けるのがわかりやすいと思います。WAKAさんの記事、2種類の葉が並べて紹介されていて、とてもわかりやすいですね。さすがです。発見されたとおりで間違いないと思いますよ。

ムクゲよりもフヨウの方が、葉も花も全体的に大柄ですが、葉はフヨウだと5つに裂けることが多く幅が広いです。ムクゲだと3つに裂けることが多くて細身、葉の輪郭は卵形〜ひし形っぽくなります。裂ける数や鋸歯の状態にはいろいろ変異がありますけども、目立つ葉脈の数もだいたいフヨウが「5」、ムクゲが「3」って感じですかね。

樹形もちょっと違っていて、ムクゲは1つ1つの茎が縦方向に伸びていく感じがしますけども、フヨウはやや横広がりになりますね。
Posted by hanaboro at 2005年03月23日 11:05
*追伸*

ムクゲとフヨウの葉の形ですが、そういえば、葉柄につくもとの部分の形が違いますね。ムクゲはスッーと葉柄につながる感じなのに対して、フヨウはハート型にクッと曲がりこんでいますよね。
Posted by hanaboro at 2005年03月23日 18:02
こんにちは^^
フヨウの記事の件では、ご挨拶も無しにすいませんでした。
こちらの記事、大変参考になりました^^
ありがとうございました。


葉の形で見分けるのがポイントなんですね〜。
それは是非、見てみたいです(〃∇〃)ワクワク♪
Posted by りお at 2005年03月23日 18:53
*りおさん*

こんにちは^^
こちらこそ、わざわざ、お越しいただいて、どうもありがとうございます。ムクゲの果実も見せていただけて、とてもラッキーでしたし。それに、りおさんにご紹介いただいたおかげで、この記事は、いつもよりもたくさんの方が見てくださったようで、とてもうれしいです。

「葉」の形の違いは、WAKAさんのところで紹介されてる2つ並んだ「葉」がとってもわかりやすいと思います。葉が出てきたらぜひ違いをチェックしてみてくださいね。
Posted by hanaboro at 2005年03月23日 20:55
hanaboroさん、はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。
特に今回のこの記事は、知りたいと思っていた植物の名前でしたので、とても参考になりました。
いろんな時期の植物に目を向けていきたいと改めて思いました。
ありがとうございました。m(_ _m)ペコリ
Posted by kuu at 2005年03月24日 01:17
*kuuさん*

はじめまして。いつもご覧いただいていたのですね。どうもありがとうございます。わたしもkuuさんところ拝見させていただいたことありますよ。今もちらりと、「kuu's Gallery」見せていただいたのですが、もう驚きの連続。いろんな時期のいろんな植物の姿が見られて、楽しませてもらいましたよ。

砂に埋まったようなところから赤いバーベナのような花が咲いているお写真やムクゲっぽい果実が割れてるお写真もありましたね〜。ブログの方も楽しませていただいてます。

わからなかった植物の名前がわかると、気分もスッキリしていいんですよね。わたしも、もう何年もわからなかったようなものが、ふとしたときにわかったことがあって、そのときはすごく気持ちがよかったですよ。
Posted by hanaboro at 2005年03月24日 10:16
hanaboroさん、嬉しいお返事をありがとうございます。
こちらは、すぅさん主催の「多肉植物」TBピープルへTBなさったときに知りまして、以降こっそり巡回させていただいておりました。過去ログを読んでフムフムと思っても、実際にその植物に触れるようなことがないと憶えられませんね。(^_^;)
今回、りおさんと「あれはなんだろうね〜」と疑問を投げかけあっていたフヨウ(ムクゲ)で、すっかりお世話になってしまいました。ありがとうございました。

それとブログやGallery、見ていただいてありがとうございます。^^
あの赤い花はバーベナと言うんですね!
当時しらべて同じ花を見つけられず、芝桜に一番似ていたので芝桜としてしまっていたんです。さっきネットでたくさんの画像を見ました。確かにバーベナでした。さっそく訂正いたします。^^

すぐに名前がわからないとすっきりしませんが、時間がかかってわかった方が印象的ですね。自分の心の中でドラマチックな展開が(笑)。

またお世話になります。今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by kuu at 2005年03月24日 21:36
*kuuさん*

こんばんは。kuuさん、いろいろありがとうございます。今、とても嬉しいです。

そうだったんですね。「多肉植物」のときに、ご覧いただいたのですね。すぅさんにも感謝、感謝です。あのときの記事は「マツバギク」。ちょっとドキドキしながらのTBでしたが、思い切ってやってみてよかったです。

今回も、りおさんがご紹介くださったおかげもありますし、本当、感謝の気持ちでいっぱいです。

赤いお花、お題がついていたのですね。今、もう一度うかがってみたら、オンマウスで名前が出ていたんですね。すみません。気づいていませんでした。砂から出ている姿がとても印象的で、ついここで書いてしまっていました。確かにシバザクラも似ていますよね。って、今頃いってももう遅い〜。

植物の名前、もうずーっと思い出せないままのものがあるんですよね。一度はわかったのですけど、もうどうやって調べたのかも思い出せません。そこの部分だけゴッソリ記憶がない状態なんです。わかったっていうのが夢だったのかな。ドラマチックな展開を期待したいです。

こんな感じで、どうもシャキッとしないのですが、こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by hanaboro at 2005年03月24日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2541474

この記事へのトラックバック

フヨウ と ムクゲ (・・たぶん)
Excerpt: nojinさん、kuuさん、ありがとうございます(´▽`)どうやらそのようです♪フヨウとムクゲ、個別の記事にしようか迷ったんですけど、結局一つにまとめてしまいました。なので、記事長いです・・・(; ̄ー..
Weblog: フォト日和
Tracked: 2005-03-23 18:48

散歩先で見つけた風景
Excerpt:  日曜日に行った散歩先で撮った写真です。 フォトアルバムにも何枚か追加したので良ければご覧ください。 いつも自転車で行く買い物を久しぶりにと歩いていって見つけたところです。 ふっと目を転じ..
Weblog: フォーチュンな日々
Tracked: 2005-04-06 02:26

芙蓉(フヨウ)と木槿(ムクゲ)の花。 > kuu
Excerpt: 区別のつきにくい植物がいくつもあって、芙蓉(フヨウ)と木槿(ムクゲ)も、そうでし
Weblog: 風茶房 日々雑記
Tracked: 2005-08-03 22:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。