2005年03月30日

クコ

クコ Lycium chinense


クコは、日本全土のほか、朝鮮半島、中国、台湾などに分布し、日当たりのよい草地や土手などに生える落葉低木です。高さは1m〜2m。クコは果実や葉、根などに薬効があるそうで、古くから薬用に使われています。果実は酒や焼酎につけて「クコ酒」にしたり、乾燥させたものを料理に使ったり。葉も「クコ茶」にするなどいろいろと利用されています。

茎は根もとの方から何本も束になって出てきます。枝は弓なりに曲がって垂れ下がり、枝にはしばしばトゲ状の小枝があります。葉は、1つの節から数枚が束のようになって出ます。質は柔らかくて無毛です。

花期は8月〜11月。葉腋に直径1cmほどの紫色の花を咲かせます。ナス科の植物ということで、「イヌホオズキ」や「ヒヨドリジョウゴ」などの花を思い浮かべていると、クコは何だかぜんぜん違うような気がしてしまいます。確かに花冠は5裂しているし、ガクや果実を見ると、ナス科だな!と納得するのですけれど。果実は長さ2cmくらいの楕円形で、熟すときれいな朱赤色の「液果」になります。種子もその中に入っています。

クコ Lycium chinense


写真の株のある場所は、定期的に草刈が行われるところで、2004年の秋にも枯れた夏草がきれいに刈られました。その後、晩秋〜初冬にかけて、こちら関東の丘陵地では、春のような暖かい日が続き、写真のクコもグングン枝をのばして1.2mほどまで生長し、瑞々しい葉を茂らせていました。しかし、年末からの本格的な寒さの訪れによって、展開した葉は枯れてしまいました。

3月下旬、新葉の展開が始まっていました。新芽も、角ばって白っぽい枝も、小枝が変形したトゲさえも、春の光に照らされて暖かな様子。

【和名】クコ [枸杞]
【学名】Lycium chinense
【科名】ナス科 SOLANACEAE
【撮影日】2005/03/30
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
ヒヨドリジョウゴ
アメリカイヌホオズキ

posted by hanaboro at 19:27| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 芽吹き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クコ。
薬膳料理には欠かせない、あの赤い実♪
実は我が家の裏の土手にも一株生えているのです。
誰かが植えたのか、はたまた鳥の糞のせいか・・・?
去年は背丈が大体1m弱くらいまで伸びていました。
少ないけれどちゃんと実もなってました。
Posted by 実桜 at 2005年04月01日 01:33
*実桜さん*

こんにちは。
実桜さんところの裏の土手って、いろんな植物があるんですね。クコまであるんですか。赤い果実はやっぱり鳥たちのご馳走だと思いますから、1株だけってことは、鳥が運んできたかもしれませんね。確かに、人の仕業も考えられますけども。

トゲがあるのでちょっと気をつけないと、ガリッといってしまいますよね〜。それに、ハムシか何かが食草にしているらしく、さわると何やら黒い液体が。。。
Posted by hanaboro at 2005年04月01日 13:11
はい^^
気をつけて探すと、かなりの種類の草花がありますねー^^
植物好きにはタマラナイです♪
自宅は実家のすぐ近くにある(結果的に近いところに居を構えたという)ので、小さい頃から親しんだ土手・河原・川のところで今も過ごせる幸せを感じています。

今日、ちょうど拙ブログにもアップしましたが庭でフキノトウとハコベを見つけました♪
もうすぐスミレも出てきます〜^^
Posted by 実桜 at 2005年04月01日 13:41
*実桜さん*

子どものころから慣れ親しんだ場所があるっていいですね〜。たくさんの草花をすぐ近くで見られるのもうらやましいです。

フキノトウはこちらでは、おばけ化が進んでいます。スミレもタチツボやらノジやらが目立ってきました。

しかし、中学生の修学旅行で「大英博物館」なんて。。。
Posted by hanaboro at 2005年04月01日 19:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2694148

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。