2005年04月06日

マメグンバイナズナ

マメグンバイナズナ Lepidium virginicum


マメグンバイナズナは、北アメリカ原産の一年草または越年草です。日本に入ってきたのは、明治の中ごろのことだそうで、現在では各地に広く帰化しています。道ばたや荒れ地などでごくふつうに見られ、しばしば群生します。草丈は20cm〜50cm、かなり小さな個体でも花をつけます。

根生葉は、羽状に切れ込んでロゼット状になります。表面はやや光沢があって、少し濃いめの緑色です。花が咲くころには、この根生葉はほとんど枯れてしまいます。のびた茎につく葉(茎葉または茎生葉)には、ほとんど柄がなく互生します。形は長楕円形で縁には不規則なギザギザ(鋸歯)があります。

花期は5月〜6月。茎の上部でたくさん枝分れして、さらにその先の方にそれぞれ穂状の花序を出して、密集して花をつけます。花は直径3mmほどのごく小さいもの。ふつうは白の4弁花、ガク片は4枚で緑色です。時折、花弁のない花をけていることもあります。

果実は、平たくてほぼ円形の「短角果」、先端はちょっとだけへこんでいます。長さは3mm程度。全体にマメグンバイナズナより大きめでよく似た種に「グンバイナズナ」がありますが、名前は果実の形が、相撲の行司がもつ軍配の形に似ているところからきています。

マメグンバイナズナ Lepidium virginicum


「ナズナ」よりは春の生育が遅く、4月上旬の関東の丘陵地では、ナズナの方はすでに、花より果実が目立ち始めていますが、マメグンバイナズナの方は、写真のような小さなロゼットで、秋に芽生えて越冬したと思われる紫褐色の葉が、まだ見られるような状態です。

【和名】マメグンバイナズナ [豆軍配薺]
【学名】Lepidium virginicum
【英名】virginia pepperweed
【科名】アブラナ科 CRUCIFERAE(BRASSICACEAE)
【撮影日】2005/04/06
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事→ナズナ

■Trackback People : 帰化植物

posted by hanaboro at 15:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロゼット図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。