2005年04月07日

マルバコンロンソウ

マルバコンロンソウ Cardamine tanakae


マルバコンロンソウは、本州、四国、九州に分布し、山地のやや湿り気の多い林内に生える越年草です。高さは5cm〜20cm。全体に長めの軟毛が生えていて、白っぽく見えます。茎はほぼ直立してくるのですが、どことなく柔らかな感じをかもしています。

葉は、羽状複葉で、1つ1つの小さな葉(小葉)は、円形で短い柄があり、縁には一見丸いギザギザ(鋸歯)があります。てっぺんの頂小葉の輪郭の形だけみると、同じアブラナ科の「ユリワサビ」、シソ科のカキドオシやユキノシタ科のネコノメソウ類のような感じかな。う〜、他にもっと似ているのがあった気がするのだが。。。それより、羽状複葉でみたら、「オオバタネツケバナ」に近い形かな。まあ、そういうふうな丸っこい感じの小葉が数対ついて、奇数羽状複葉になっています。小葉の長さは1cm〜2cmくらい、頂小葉が一番大きいです。

さらに葉をよくみて、頂小葉以外の小葉の1つ1つに注目すると、小葉の中央脈に対して左右対称の形でないことが多いです。ちょっとゆがんだような形をしています。これは、同じタネツケバナ属(Cardamine)の他の種やそのほかの羽状複葉をもつ種でもよく見られる傾向だと思います。

と、ここで葉のことをいろいろ言っても、写真にはあんまり写ってないんですけどね〜。

花期は4月〜5月。茎の上部の花序に数個、花をつけます。花はアブラナ科らしい白色の4弁花です。花弁は長楕円形で、長さ5mm〜6mmほど。花茎やガクは、ふつう紫褐色を帯びていて、花柄やガクにも白い毛があります。蕾の感じは、色や毛の様子など、どこかナデシコ科の「ミミナグサ」のような雰囲気もあります。果実は細長い「長角果」で、果実にも毛があります。

【和名】マルバコンロンソウ [丸葉崑崙草]
【学名】Cardamine tanakae
【科名】アブラナ科 CRUCIFERAE(BRASSICACEAE)
【撮影日】2005/04/03
【撮影地】東京都八王子市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕾図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。