2005年04月11日

タチイヌノフグリ

タチイヌノフグリ Veronica arvensis


タチイヌノフグリは、ヨーロッパ原産の越年草です。日本で最初に帰化が認められたのは、明治の中ごろのことだったそうです。現在では各地でごくふつうに見られます。

草丈は10cm〜30cmほど。小さい個体では茎はほぼまっすぐに直立します。大きめの個体になると、茎の株の方はよく枝分かれしてやや地面をはうように斜めに伸び、途中から直立します。全体に短い毛がたくさん生えています。

葉は卵形でほとんど柄がなく対生します。長さ5mm〜1cmほど、幅は1cmあるかどうかっていう程度です。茎の上の方の葉は次第に小さくなって、特に花のついている花序のあたりでは細くとがった「苞」になっています。

花期は4月〜6月。花は茎の上部の葉の脇(葉腋)に、1つずつつきます。同じ茎に同時に咲いているのはせいぜい2つ〜3つのことがほとんどですが、株が生長してくると、たくさん分枝して、それなりに花をつけていることもあります。

花色は青紫色、直径は3mm〜4mm。花柄はほとんどなく、苞やガクの間にチョコチョコと咲きます。同じクワガタソウ属(Veronica)の「オオイヌノフグリ (Veronica persica)」をすごく小さくしたような花です。同じような場所に生えるので、よく隣同士で「タチイヌノフグリ」と「オオイヌノフグリ」が咲いています。大きさを比較した写真は、一度は撮影したくなるものでしょう。

果実の形はやはり、オオイヌノフグリに似た形で、長さや幅は3mm〜4mmで、縁には腺毛が生えています。中の種子は平べったい楕円形です。

タチイヌノフグリ Veronica arvensis


芽生えて間もないような幼植物では、葉の鋸歯が非常に少ないですが、それでもほんのちょっとだけある!というのがミソです。葉の縁がやや裏側に巻き気味みになるところもチェックポイント。とくに越冬中は、オオイヌノフグリよりもかなり小さいものが見られます。

4月上旬の、こちら関東の丘陵地では、まだ、小柄な個体が多いもので、草丈は数cmで、芽生えたばかりのようなものも見られます。大きくても10cm程度。

【和名】タチイヌノフグリ [立犬の陰嚢]
【学名】Veronica arvensis
【科名】ゴマノハグサ科 SCROPHULARIACEAE
【撮影日】2005/04/08
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
オオイヌノフグリ

■Trackback People : 帰化植物

posted by hanaboro at 16:32| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
名前の由来は一緒なんですね、オオイヌノフグリと。
オオイヌノフグリをさらに小さくしたような花。きっと身近にある花なんでしょうね。探してみよう。
三宅
Posted by 三宅信光 at 2005年04月11日 17:47
*三宅信光*

今回の記事では、名前の由来については述べていないので、え?っと思いましたが、由来はおっしゃるとおりだと思います。

ただ、オオイヌノフグリにせよタチイヌノフグリにせよ、先に「イヌノフグリ」という植物があって、そちらの命名者が果実の形から、そのような名前をつけたのだそうですよ。つまり、イヌノフグリ、オオイヌノフグリの命名者の発想ではないということだと思います。

こちらではいたるところにありますから、きっと三宅さんの身近なところにもあるはずですよ。
Posted by hanaboro at 2005年04月11日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2901807

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。