2005年04月11日

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン Adenophora triphylla var. japonica


ツリガネニンジンは、北海道、本州、四国、九州の高原や山野にふつうに見られる多年草です。花期は8月〜10月。茎頂の花序に釣鐘型の花を下向きに咲かせます。花冠は紫色〜白色、個体によって、やや濃淡があります。長さは2cm程度で、先は5つに裂けています。花冠から長〜く突き出したものは雌しべの花柱で、先は3つにわかれています。ガク片は5つで、細長い線形です。花はいろいろと変異があって、花冠の大きさや形などは、細かったり大きくふくらみがあったり、花冠の裂片の先が少し反っていたり、ほとんど反り返っていなかったりします。

草丈は30cm〜1mにほどになります。茎はあまり枝分かれしないのがふつうです。上部の葉の脇からたくさん花序が出ていることはよくあります。全体に毛が生えていて、茎の上部の葉は長楕円形でふつうは3枚〜4枚が同じ節から出て「輪生」します。葉柄はほとんどない状態です。ただし、葉のつき方は、互生や対生のこともあります。

根生葉は一応、柄がありますが、長いものもあれば、ごく短くて密集して葉がついているとよくわからないようなこともあります。根生葉も伸びてきた茎につく葉の形も個体差があって、おや?っと思うことも多いです。花時期になればそんなことも特にないのですが、葉っぱだけだと隣り合わせに生えている個体でも、何だか同じ種類の株なんだかどうだか、?マークが飛び交います。根生葉しかないときでも、どことなく茎が伸びたときに「輪生」しそうな素質が見える場合は、きっとそれだろうとわかるかもしれません。ちなみに、この根生葉、花が咲くころにはほとんど枯れてしまっているか、あっても草むらの中でよく見えないので、根生葉の現物を見るなら、4月上旬の今が旬。

若い芽は山菜の「トトキ」、根は肥大していて薬用として使われます。山菜取りの達人なら、?マークは出ないかもしれませんね。

【和名】ツリガネニンジン [釣鐘人参]
【別名】トトキ
【学名】Adenophora triphylla var. japonica
【科名】キキョウ科 CAMPANULACEAE
【撮影日】2005/04/08
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 20:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ロゼット図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2905671

この記事へのトラックバック

「霧ケ峰・八ヶ島湿原」で「山の花」を撮って見ました。3
Excerpt: 「霧ケ峰・八ヶ島湿原」で「山の花」を撮って見ました。3「ツリガネニンジン(釣鐘人参)」はキキョウ科ツリガネニンジン属の北海道〜九州に分布する多年草。輪生してして咲く 「釣鐘」みたいな花が可愛いですね。..
Weblog: GOCCIの男を磨く旅(笑)
Tracked: 2008-10-10 05:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。