2005年04月12日

フタバアオイ

フタバアオイ Asarum caulescens


フタバアオイは、本州、四国、九州の山地の林内に生える多年草です。草丈は10cm〜20cmくらい。茎は土や落ち葉などに埋もれたりしながらも地をはって伸びていき、葉はその茎の先端に2枚出て、対生状についています。その状態は、二又に分かれているように見えます。茎は分枝して伸びていくので、生えている場合は、だいたいそのあたりにひとかたまりの株立ち状になり、しばしば群生します。

葉は長さ4cm〜8cmのハート形。両面に白っぽくて短い毛がたくさん生えています。先はとがり、逆に基部は深く湾入して心形になっています。徳川家の家紋になっている「三葉葵」は、このフタバアオイの葉を3枚組み合わせて図案化したものだといわれています。また、京都の賀茂神社の神紋で、5月15日に行われる「葵祭」の飾りにも使われるのだとか。

カンアオイの仲間は常緑ですが、このフタバアオイやウスバサイシンは地上の葉を落として越冬します。写真の状態は、まだ葉や蕾が出てきたばかりで、葉はまだしっかり展開していませんでした。おかげで、葉の両面の短い毛はよく目立ち、蕾もよく見えました。

フタバアオイ Asarum caulescens


花期は3月〜5月。花は二又状になっている部分、つまり葉柄の基部から柄のある花が1つ出ます。花は直径1cmちょっとくらいで、下向きに咲きます。色は内側は紫褐色や茶褐色、ときに白っぽくなり、いずれも地味な色あい。3つのガク片は先端から半分くらいが三角形に切れ込んでいて、その部分が花の外側に折り返されて、ピッタリくっつくので、下から見ると円形に見えます。ガク片や花柄には白くてやや長めの毛があります。

学名の「Asarum」は、カンアオイ属の学名で、同属の1種のギリシャ名からきているそうです。種小名の「caulescens」は、「茎のある」という意味です。

【和名】フタバアオイ [双葉葵]
【別名】カモアオイ [賀茂葵]
【学名】Asarum caulescens
【科名】ウマノスズクサ科 ARISTOLOCHIACEAE
【撮影日】2005/04/03
【撮影地】東京都八王子市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 00:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2910968

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。