2005年04月15日

チゴユリ

チゴユリ Disporum smilacinum


チゴユリは、本州、四国、九州に分布し、丘陵や山地の明るい林に生える多年草です。早春の花がだいたい終わって、次に林床に花開く代表的な植物。草丈は20cmから大きいもので30cmくらいですが、だいたい小さめです。名前は、その小さなかわいらしい姿を小さな子どもにたとえて、「チゴユリ(稚児百合)」と呼ばれています。

ふつうはほとんど枝分かれしないのですが、ときどき枝分かれすることもあります。葉は5枚程度つきます。種子での繁殖のほかに、地下茎を長く伸ばして増えるので、特に明るい場所では群生していることも多いです。

葉は楕円形で先はとがって、付け根の方には丸みがあります。長さは5cm前後、幅は2cm〜3cmくらい。質はちょっと薄めで、若い時期はとても柔らかそう。平行に入る3本の葉脈がよく目立ちます。芽吹きから花の時期は特にとても瑞々しい黄緑色です。その後、濃い緑色になります。

チゴユリ Disporum smilacinumチゴユリ Disporum smilacinum


花期は4月〜5月。茎の先に1個か2個の花をやや垂れ下がるようにつけます。茎の上部が斜めにちょっと弧を描くような感じで伸びるので、花がかくれてよく見えないこともあります。

花びら(花被片)は、白色〜クリーム色で長さ1cm程度、先のとがった披針形。花被片6枚、雄しべ6本。雌しべの柱頭の先は3つにわかれています。花の後にできる果実は、熟すと黒っぽい藍色になります。できる種子の数は少なく、発芽したその年は、地上部を出さずに過ごすのだそうです。二年目になってようやく、地上に本葉を2枚出すのだとか。栄養繁殖でなく、種子で新しい個体を増やすのはたやすいことではないのですね。

ユリ科の植物には、チゴユリと同じような場所に生えて、よく似た葉を出して、晩春〜初夏のころに咲く植物がいいろいろあります。その中でもチゴユリは花が咲くのが早い方。その後、ホウチャクソウ、ミヤマナルコユリ、アマドコロ、ナルコユリなどがどんどん咲いていきます。花が咲けば、それぞれ個性があるのでわかりやすくなりますが、小さい葉っぱの時期は、もうよくわかりませんね。今回のものは、全体に小さくて、もうすでに、蕾が見えかけていたので、チゴユリだとわかりました。

【和名】チゴユリ [稚児百合]
【学名】Disporum smilacinum
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2005/04/15
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 16:13| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(3) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hanaboroさん
またまたhanaboroさんのオタクで、我が家のお花を発見!
自分で育てていながら、さっぱりわからない生態を知ることができ、本当にありがたいです。
またまたTBさせていただいちゃいました。
庭には名前がわからないお花が結構あったりしていて(@_@;) お恥ずかしいかぎりです。
Posted by すぅ at 2005年05月07日 11:17
*すぅさん*

本当、すぅさんのお庭って、何でもありそう。まだまだ何が出てくるか、目が離せませんね〜。チゴユリ。地植えで育ててらっしゃるんですね。やっぱり、勝手にたくさん殖えていくのかな〜。記事にはいろいろ書いていますけど、実際に育てたことはなく、野山で見ているだけなもので。。。
Posted by hanaboro at 2005年05月07日 16:14
hanaboroさん こんにちは!
山野草系は植えるときに半日陰または完全に日陰になっているようなところに選んでしまっていたので、この稚児百合も本来はもっと日光が当たるところなら増殖するのかもしれませんが、昨年に比べるとほぼ倍に増えているように思います。
お隣のオジサマから「名前がわからないんだけど・・・」といっていただいたものもあるので、不詳のまま育てているのも結構あるんです。hanaboroさんのところで大抵お悩み解決できるので、本当に助かります。
Posted by すぅ at 2005年05月07日 16:51
*すぅさん*

なるほどお。一年で倍くらいになったんですね〜。すごいなぁ。チゴユリ、自生しているところも、日当たりがいいのは、広葉樹が葉を広げきる前までってところが多いですよ。だから、お庭だと日当たりが良すぎないところがちょうどいいのでしょうね。

山野草、すぅさんのところで、これからもたくさん見られそう。何が登場するのかワクワク。
Posted by hanaboro at 2005年05月07日 19:17
ボロボロ図鑑という名前に惹かれてしまいました。ボロボロどころかナットク図鑑です。これからも私のブログの資料参考に時々お邪魔させていただきますので宜しく御願いいたします。m(__)m
Posted by 夢女将 at 2006年06月18日 11:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2976163

この記事へのトラックバック

チゴユリの開花
Excerpt: 【学名】Disporum smilacinum 【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】チゴユリ属 Disporum 【和名】稚児百合(チゴユリ) チゴユリが咲きました!これは..
Weblog: My Garden - お花ダイスキ!
Tracked: 2005-05-07 11:15

山古志の野辺に咲いていた「チゴユリ」
Excerpt:  昨年ブログを始めてから1年あまりたちました。今年4月頃までは飛び石投稿でしたが、最近は結構楽しく続けています。  その一番の原因はというと、家の周りの普段さりげなく見ていた自然や草花を撮り初めてか..
Weblog: 青海川夢物語
Tracked: 2006-06-18 11:17

山古志に咲いていた可憐な「チゴユリ」
Excerpt: 昨年ブログを始めてから1年あまりたちました。今年4月頃までは飛び石投稿でしたが、最近は結構楽しく続けています。  その一番の原因はというと、家の周りの普段さりげなく見ていた自然や草花を撮り初めてか..
Weblog: 青海川夢物語
Tracked: 2006-06-18 11:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。