2005年04月15日

オカトラノオ

オカトラノオ Lysimachia clethroides


オカトラノオは、北海道、本州、四国、九州に分布し、丘陵や山地の日当たりのよい草地に生える多年草です。高さは50cm〜1mほどになります。サクラソウ科オカトラノオ属(Lyshimachia)の植物で、「コナスビ」と同じ属に分類されています。そういえば、「ごまのはぐさのこまごまことのは」さんで紹介されている「クサレダマ」も同じ属の植物ですね。

地下茎を伸ばして増えるので、株立ちになっていたり、群生していることもあります。茎には少し短い毛がありますがまばらです。特に茎の下のほうや、葉柄の付け根のあたりなどは、よく赤みを帯びています。若いうちは葉の縁も赤みを帯びています。

葉は互生。長さ10cm前後、幅2cm〜5cmの長い楕円形で、先は少しとがっています。縁のギザギザ(鋸歯)はなく滑らかです。写真では、まだ、芽が出たばかりの小さなもので、草丈は5cmに満たないものでしたが、今のところ周囲に他の芽は見当たりませんでした。種子から芽生えたにしては大きいような気がするけれど。

花期は6月〜7月。茎の先の20cm〜30cmの総状花序を出して、白い小さな花をたくさんつけます。名前は、花序の様子をトラの尻尾に見立ててつけられたものです。緩やかに垂れ下がって先端の方が少し上に立ち上がる独特で、とても優美な曲線を描きます。花はその花序の下のほうから咲き進みます。

花(花冠)の直径は1cmくらい。深く5つに裂けているので、花びらが5枚あるように見えます。花序全体の姿も美しいのですが、1つ1つの花をじっくり見ても、よく整っていてきれいなものです。

その1つ1つの花をよく見ると、5つの花冠の裂片にはそれぞれ雄しべが1本ずつ向き合うようについています。これはサクラソウ科の植物の特徴の1つで、ほかの科の植物だと雄しべが花冠裂片と互生していることが多いです。オカトラノオは、雄しべが花冠裂片と対生している様子を観察しやすいと思います。

よく似た「ノジトラノオ (Lysimachia barystachys)」はの茎には褐色の毛が多く葉が細身です。ちなみに、ノジトラノオは、環境省の絶滅のおそれのある野生生物の種をとりまとめた「レッドデータブック」に掲載されています。また、湿地に生える「ヌマトラノオ (Lysimachia fortunei)」は花序が直立します。

【和名】オカトラノオ [岡虎の尾]
【学名】Lysimachia clethroides
【科名】サクラソウ科 PRIMULACEAE
【撮影日】2005/04/15
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
コナスビ

■Trackback
ごまのはぐさのこまごまことのは」さんの記事
→「くされだま 草連玉 サクラソウ科
「クサレダマ」ってすごい響きがありますが、さて、その名前の由来は?

posted by hanaboro at 19:09| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございますm(__)m。
motion_emotionさまの素晴らしいサイトも是非ご覧くださいね。

この新芽から「オカトラ」と見抜くとはさすがhanaboroさんですね。
オカトラとクサレダマは地下茎が物凄ーく伸びるんで、地上部がかなり離れているように見えて、実は地下では繋がってて、おんなじ固体ということがありますです。

これも種子でよく発芽します。
雑種のイヌヌマトラノオの種子を駄目元で蒔いてみたら、少しだけ発芽しました。
どんな花が咲くか楽しみです(^^)。

Posted by ごまのはぐさ at 2005年04月15日 20:10
*ごまのはぐささん*

こちらこそありがとうございます。
motion_emotionさまのところ、本当、素晴らしいですね〜。お写真も内容も。植物の紹介にどこの部分が何センチなんて、いらないんだな〜と改めて思いました。図鑑に書いてあるんだし。motion_emotionさんやごまのはぐささんのように、もっと植物とちゃんと向き合って、生き様に焦点を当てられたらいいなぁ、と思います。

地下茎の長さってそんなに長〜いもんなんですね。そのうち、写真の場所もかなり離れたところから、ぽつぽつ出てくるのかも知れませんね。どれくらい離れるんだろう。。。

イヌヌマトラノオ。雑種なのに稔性があって、しかも発芽能力もあるんですね〜。どんな感じの花序になるんだろうな。楽しみですね。
Posted by hanaboro at 2005年04月15日 20:47
>植物の紹介にどこの部分が何センチなんて、いらないんだな〜と改めて思いました。
いえいえ大事ですよー。私は読者にちゃんとサイズを書けって言われちゃいました。 hanaboroさんの記事を読むと、自分の記事の記述が独りよがりな部分が多いなって気が付きます。

イヌヌマトラノオは、たぶんイヌヌマトラノオ×ヌマトラノオだと思います。果実の発育が著しく悪く、中の種子もほとんどシイナでした。現在発芽率1%未満です。
Posted by ごまのはぐさ at 2005年04月17日 19:02
*ごまのはぐささん*

植物のサイズは、どうしても目分量になってしまうので、スケールを写真に写しこもうかとも思うのですが、ほとんどすべてが、自宅以外での撮影なので、そこまで手がまわらなかったりしてます。芽生えなど小さいものだったら、10円玉を横に置いて写すだけでもいいかもしれませんが。

他のサイトさんから学ぶことってありますね〜。いいところをまねしたいなぁ〜と思いつつ。結局、いつもと同じようになっちゃって、なかなか進歩しないです。もともと、個人で、独りよがりでやっているものなんだし、まあいいんじゃないかと思ってみたり。

発芽率1%未満の「イヌヌマトラノオ」って、「イヌヌマトラノオ×ヌマトラノオ」だったんですか。ということは、すでに雑種のイヌヌマトラノオがさらにヌマトラノオと交雑してしまったということなのかな。なかなか複雑なことが起こっているようですね。
Posted by hanaboro at 2005年04月18日 10:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2978204

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。