2005年04月19日

アリアケスミレ

アリアケスミレ Viola betonicifolia var. albescens


アリアケスミレは、北海道、本州、四国、九州に分布し、道路脇や人里近くの日当たりのよい草地や、田畑のあぜなどに生える多年草です。九州南部〜沖縄には、「リュウキュウシロスミレ (Viola betonicifolia var. oblongo-sagittata)」が分布しています。

花期は4月〜5月。やや遅めに開花が始まります。花の直径は1.5cm〜2cmくらい。もう少し大きめのこともあります。花の色は白色に紫の筋がたくさん入るというパターンが多いですが、ほぼ白色のこともあれば、筋が多くてややかすれたような紫色に見えるようなものもあって、いろいろと変異があります。名前は、このように変化に富む花の色を明け方ころの空にたとえてつけられたそうです。

似たように白い花を咲かせる「シロスミレ (Viola patrinii)」は、やや標高の高い草原に生育し、特に「上弁」という上の1対の花弁は、かなり後ろに反り返ります。アリアケスミレの上弁はシロスミレほど激しく反り返らず、葉は水平方向に出るものが多く、葉の長さに比べて葉柄の部分が短いです。

アリアケスミレ Viola betonicifolia var. albescensアリアケスミレ Viola betonicifolia var. albescens


スミレの仲間の花は、左右同じ形をしています。ふつう5つの花弁があって、上の1対を「上弁(じょうべん)」、下の1対を「側弁(そくべん)」、一番下にあるものを「唇弁(しんべん)」といいます。花の中央部に注目すると、アリアケスミレの場合、「スミレ」や「ヒメスミレ」と同じように、側弁の基部にはモシャモシャとたくさん毛が生えています。さらに側弁だけではなく上弁にも毛のある場合もあります。中心から突き出しているのは雌しべの花柱で、先の方には膨らみがあります。唇弁の後ろに突き出ているシッポのような部分は、「距(きょ)」で、アリアケスミレの距は太くて短めです。

草丈は5cm〜15cmくらい。「タチツボスミレ」のような立ち上がる地上茎はありません。葉は細長いほこ形で、長さは4cm〜7cmほど。質は厚めで、表面には光沢があります。葉柄には葉身から流れるようについているひれのような「翼」という部分があります。

【和名】アリアケスミレ [有明菫]
【学名】Viola betonicifolia var. albescens
【科名】スミレ科 VIOLACEAE
【撮影日】2005/04/19
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 野に咲くすみれ

posted by hanaboro at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3048481

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。