2005年04月20日

ウマノミツバ

ウマノミツバ Sanicula chinensis


ウマノミツバは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野の林内に生育する多年草です。草丈は30cm〜50cm、大きいものでは80cmくらいにはなります。ふつう花のころによく見られる茎葉は、小葉を比べるとよく似た「ミツバ (Cryptotaenia japonica)」を細身にしたようなものです。基本的には3つに完全に裂けた葉で、3つの小葉(または裂片)のうち外側の2枚を「側小葉(側裂片)」といいますが、その側小葉はさらに2つに裂けるので、5つの小葉があるように見えます。

また、葉脈が下面にくぼんだ状態となって、表面はシワシワに見えます。ミツバの場合は、小葉が3枚の「3出複葉」で、小葉は先のとがった卵形です。ミツバが全体として三角形に見えるのに対して、ウマノミツバは多角形の感じです。

茎葉の特徴はこんな感じですが、根生葉は、また違った形をしています。根生葉は、写真のような葉で、全体に丸く見えます。基本的には茎葉と同じように3つに裂け、そのうちの2枚がさらに5つに裂けます。そしてかなり長い葉柄があります。伸びた茎につく茎葉は下の方の葉には長い葉柄がありますが、上の方のものには短い柄しかありません。

花期は7月〜9月。茎先の「複散形花序」に白っぽい花をつけます。ウマノミツバの場合、その特徴がわかりづらいですが、一応セリ科なので、花序の形は基本的には「散形花序」です。散形花序というのは、これまでにも「オカウコギ」、「ヤブニンジン」、「アガパンサス」、「キルタンサス」あたりで登場しています。簡単にいうと、「散形花序」は、花軸(花のつく枝)の先からたくさん枝が出て、その先に1つずつ花がつく花序のことです。そして、「複散形花序」の場合は、たくさん出た枝先にさらに小さな散形花序(小散形花序)がつく、という花のつき方になります。

小散形花序につく小さな花には、カギ状のトゲがついた子房のある「両性花」と子房のない「雄花」があって、中央部分に両性花、周辺部分に雄花があります。両性花の子房の部分は、花が終わると果実ができ、先がカギ状に曲がったトゲが密生しています。

名前は、食用や薬用として利用されるミツバに比べて、利用価値がなく、馬に食べさせるくらいのものだというところからきています。

しかし、写真のような状態をはじめてみたときは、「チドメグサ」のお化けかと思ってしまいました。

【和名】ウマノミツバ [馬の三葉]
【学名】Sanicula chinensis
【科名】セリ科 UMBELLIFERAE
【撮影日】2004/04/11
【撮影地】東京都青梅市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 21:35| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hanaboroさん こんばんは
ウマノミツバって、本当に印象が地味なんですが、
実の頃はトゲに光が当たって反射して美しいですね。
といってもやっぱり地味ですが・・・。
好きな植物なんでうちでも記事にしたいんですが、はてどうしましょう(苦笑)。



Posted by ごまのはぐさ at 2005年04月21日 00:23
*ごまのはぐささん*

こんにちは。
地味なものでも、そういう美しさ、好きです。でも、その花や実、光の反射した美しい状態、なかなか写せないんですよね。もちょっと写真をうまく撮れるように、練習したいところです。

そういえば、これも「ひっつきむし」でしたね。記事アップ楽しみにしておりまする。
Posted by hanaboro at 2005年04月21日 13:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3069243

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。