2005年04月21日

ニワゼキショウ

ニワゼキショウ Sisyrinchium atlanticum


ニワゼキショウは、北アメリカ原産の一年草、または多年草です。日本に入ってきたのは明治の中ごろのことで、観賞用の花卉として導入されたそうです。現在では、各地で帰化して、日当たりのよい道ばたや芝生の中などでふつうに見られます。名前は、庭などによく生え、葉の形がサトイモ科の「セキショウ」に似ているところからきています。

茎の高さは10cm〜20cmほど。全体に毛はなくツルッとしています。根もとの方は葉が数枚重なり合ったような状態でついていて、アヤメをずーっと小さくしたような形をしています。花だけを見ていると、これがアヤメ科の植物とはわかりにくいのですが、この葉を見ると、なるほどっと思うのではないでしょうか。

葉は平べったい剣形、幅は2mm〜3mm程度です。付け根の方は茎を抱きような状態になります。

春にのびてくる花序は、葉と同じようなへら形をした1〜2枚の「苞(ほう)」に包まれています。その先端部分から、細長い柄が出てきて、直径1.5cmくらいの花が咲きます。もともと観賞用として入ってきたものでもありますし、特に群生していると小さくても見栄えがします。

花期は5月〜6月。花は紅紫色〜白色で花びらに見える花被片は6枚です。花色には、濃い紫のものと、少し青みがかった白色の2つのタイプを中心に、いろいろ濃淡があって、赤みがかったもの、白っぽいもの、青っぽいもの紫の濃いものなど変化があります。また、花被片には紫色の筋が入っています。花の中心部は黄色。花はその日一日でしぼんでしまう一日花ですが、しばらくは次々と花を咲かせていきます。ちなみに学名の種小名「rosulatum」には、「かわいいバラの」とか、「ロゼット状の」という意味があります。

アヤメ科ニワゼキショウ属の植物ですが、アヤメ属の花と比べると少し様子が違っています。アヤメ属の場合はふつう6枚の花被片のうち、外側の3枚が大きくて目立ちます。さらに中央部の花柱の先が3つに裂けて花弁のように平たく開きます。ニワゼキショウの方は花被片が6枚なのは同じですが、すべて同じ形をしています。さらに花柱の先も3つに裂けますが、裂片の先は糸状です。

果実(さく果)は直径3mmくらいの球形。熟すと垂れ下がって、3つに裂けます。

よく似た「オオニワゼキショウ」は、ニワゼキショウよりも草丈はやや大きいのですが、逆に花は小さめです。また、ニワゼキショウより子房の部分が大きくて、花の色がより青っぽい、「アイイロニワゼキショウ (Sisyrinchium graminoides)」という種類もあります。ただし、このあたり、学名も含めてまだよくわからない点があるようです。

【和名】ニワゼキショウ [庭石菖]
【学名】Sisyrinchium atlanticum
【科名】アヤメ科 IRIDACEAE
【撮影日】2005/04/21
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 帰化植物

posted by hanaboro at 17:36| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hanaboroさん
こんばんは〜 コレコレ! 我が家の庭にもあります。いつもとは違うご近所さんからいただいたのですが、いただいたときには「名前がわからないのだけどぉ〜」といわれてもらったのですが、グングン増えています。
今はまだ枯れた葉っぱに少し緑が入りだした程度なんです。昨年、お写真をとるのにピントがあわなくて難儀しました。
小さくてかわいい花ですよね!
咲いたらアップしますので、ご覧になってくださいね〜 ^−^
Posted by すぅ at 2005年04月23日 00:19
*すぅさん*

こんにちは。
本当、すぅさんのお庭はいろんなものがあるんですね〜。ニワゼキショウもたくさん咲くと見事なものですよね。

小さいお花は、なかなか写真が難しいですね。きれいにかわいらしく撮れたらなぁといつも思います。こちらも花はまだなんですよ。すぅさんのお花の記事、アップ楽しみにしています。
Posted by hanaboro at 2005年04月23日 13:38
hanaboroさん こんばんは〜
ようやく今日蕾を発見しました〜
今年はこのところ冷えたりしたので、花が咲いているものは持ちが良いのですが、花が遅いものが多いようです。

ニワゼキショウはお花が小さいので、もっとたくさんさいてくれないと、ピントがあいません。とほほ。
そちらはもう満開でしょうね〜 ♪

TBさせていただきました〜
お時間があったらお立ち寄りくださいませ!
Posted by すぅ at 2005年05月20日 20:54
*すぅさん*

今、すぅさんのところ、おじゃましてまいりました。すぅさんのところも冷えたりしたんですね。こちらも、すっごく蒸し暑い日があったかと思うと、ブルッとなるような日があったりです。花持ちがいいのは歓迎なんですけどね〜。

こちらのニワゼキショウは、満開です!終わりかけのも多くなっていますが、まだたくさん咲いていますよ。確かに小さいお花のピントあわせは大変だぁ。写真、上手に写せるようになりたいです。
Posted by hanaboro at 2005年05月21日 08:41
hanaboroさん こんばんは!
来ていただいてありがとうございました〜^−^
この二、三日は温度が急上昇で庭仕事で汗をかくほどでした。
それでも半日陰状態にいるニワゼキショウはまだつぼみがあがってきません。
南のほうにあるものは、太陽をいっぱいにうけて気持ちよさそうでした!
今度はピントがあうものでTBさせていただきますね〜
Posted by すぅ at 2005年05月22日 21:49
*すぅさん*

こんにちは!
こちらこそ、ご訪問、ありがとうございました。

ニワゼキショウって、日当たりがかなり重要なんですね。こちらでも、たくさん咲いている場所は芝生の中など、日当たりのいいところばかり。

シバザクラの方は、すっかり終わってしまったのですが、その姿が岩にはりつく高山植物みたいで、また何ともいい感じでした。

今度は何が出てくるか、すぅさんのお庭は楽しみが尽きないですね〜。
Posted by hanaboro at 2005年05月23日 10:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

私、「ニワゼキショウ」と申します by すぅ
Excerpt: 【学名】Sisyrinchium atlanticum 【科名】アヤメ科 Iridaceae  【属名】 【和名】庭石菖(ニワゼキショウ) 詳しいことは、hanaboroさんのお..
Weblog: My Garden - お花ダイスキ!
Tracked: 2005-05-20 20:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。