2005年04月21日

ホトケノザ

ホトケノザ Lamium amplexicaule


ホトケノザは、本州、四国、九州、沖縄に分布するほか、東アジアやヨーロッパ、北アフリカなどに広く見られる越年草です。草丈は10cm〜30cmほど。主な花期は3月〜6月。こちら関東の丘陵地では、4月半ばを過ぎた現在、遅めに生長したものがちらほら花を咲かせているくらいで、すでに一通り咲ききって、ほとんど終わっています。

そこで、花は落ちてなくなって、ケバケバしたガクが残っているあたりをじっくり見ると、薄茶色の種子が挟まるように入っていることがあります。近くには、蕾のまま開かずに結実する「閉鎖花」の残骸のようなものもあります。

ホトケノザの種子には、アリが好む「エライオソーム」という付属物がついています。そのとおり、段々についている葉の上は、種子を運ぶアリたちがウロウロ。ガクの間の種子を物色中のアリもあちこちで見られます。

ホトケノザ Lamium amplexicauleホトケノザ Lamium amplexicaule


ガクの中をのぞくとふつうは4つの種子が入っているはずなんですが、コロコロと落っこちやすい種子らしく、あまり4つそろっていないかもしれません。種子は3つの稜があって、背側は丸くふくらんだ形になっています。一見薄茶色なのですが、よくみると白斑が見られることもあります。エライオソームは白っぽい色をしていて、種子の細くなった方についていて、ガクに入っているときは、下側になっています。

前日、雨が降ったせいでぬれていたからなのか、何となくネバネバしていて、アリもそこから種子をとりだすまで時間がかかっている様子。それともその場で、ネバネバをなめていたのかな。ふつうだったら、もっと種子ははずれやすいと思うのだけど。

白いエライオソームがついているのは、種子の細い方。アリはエライオソームがついている方を持って運んでいっていました。ホトケノザがアリのために、細い方にエライオソームをつけるようにしたのかはわかりませんけども。こうやって、アリは栄養豊富なエライオソームを食べるため、巣までせっせと種子を運んでいきます。その種子はアリの巣で発芽することになります。ホトケノザはアリによって種子が運ばれる植物なんですね。このような種子散布様式は他の植物でも見られます。例えば、ホトケノザと同じ属の「ヒメオドリコソウ」や「スミレ類」、「カタクリ」などです。

冬の最中のホトケノザの種子は、アリに運ばれていきそうな気配はなかったのですが、4月半ばを過ぎた現在、ホトケノザのまわりは数匹のアリの往来で、少しにぎわっていました。

写真をちゃんと撮れたらいいのですが、筆者の腕ではこんなのが限界でございます。小さいもののお写真の撮影、関心がある方は、こういうのにもチャレンジされてはいかがでしょう。

【和名】ホトケノザ [仏の座]
【別名】サンガイグサ [三階草]
【学名】Lamium amplexicaule
【科名】シソ科 LABIATAE
【撮影日】2005/04/21
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
ホトケノザ
ホトケノザ(No.2)

■Trackback
ikimonodaisuki !」さんの記事「ホトケノザ
ホトケノザについて、詳しくわかりやすくまとめてあります。

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 21:34| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。
うちのほうにコメントありがとうございました。

ホトケノザって、こうやって種子を飛ばしていたんですね。知りませんでした。

うちの庭のホトケノザは、ほとんど花が開かないです。やっぱり栄養足りないのか・・・。
雑草ですらあまりよく生長できない庭です。
カタバミとゼニゴケはすごいけど・・・。

ところで、私は小学校を卒業するまでは、日野市に住んでいました。
Posted by 混沌 at 2005年04月21日 21:54
ナイスショット!
あの、ちょろちょろする蟻をよくぶれずに・・・!

マクロ撮影って楽しいですよね♪
Posted by 実桜 at 2005年04月22日 01:05
*混沌さん*

こんにちは。こちらこそ、お越しいただいてありがとうございます。

ホトケノザ、種子の散布の方法は、アリによるもののようですね。でも、どうやら、閉鎖花でできた方の種子にはエライオソームが少ないらしく、アリは開放花でできた方を好んで運ぶらしいです。

雑草たちにもいい花を咲かせてもらうには、土作り、やり直すといいのかもしれませんね。

日野市のご出身だったのですか。自分はというと、じつは九州出身で、あちこち放浪した後、このあたりにたどり着きました。ここの記事のほとんどが日野市で撮影した植物なので、懐かしんでいただけたらなと思います。
Posted by hanaboro at 2005年04月22日 11:47
*実桜さん*

お褒めいただいて、恐縮です。
写真、大ブレなんですよ。

JPEG画像を圧縮しているので、全体的にぼや〜っとしてるんで、少しごまかされているのかもしれません。もっと、マクロな写真とって見たいです。一眼レフデジカメ、ほしいですね〜。
Posted by hanaboro at 2005年04月22日 11:52
アリによる種子の散布のお話、とても面白かったです。なるほど、そう言う手もあったのですね。
アリが種子を持ち上げている写真は、写真としても楽しくは意見しました。いつもながら、こちらに来ると楽しみがあります。
三宅
Posted by 三宅信光 at 2005年04月23日 08:15
*三宅信光さん*

こんにちは。お楽しみいただけて嬉しいです。

ホトケノザやヒメオドリコソウなど、種子に綿毛がないような、ただツブツブしているような種子の場合、アリの好きなものを用意しておいて、運んでもらうという、そういう種子を作る植物もいろいろあるようですね。

お近くでもきっと観察できると思いますよ。
Posted by hanaboro at 2005年04月23日 13:32
トラックバック&コメントありがとうございます。バッチリ撮れてるじゃないですかー!
僕の記事なんて、どっかからの引用ばっかりですよ〜(^^;
すっごい気になることがあるんですが、これを撮るまでにどれ位の間、その場所でカメラを構えていたのかです^^
・・・
おもしろっ(笑)
動くモデルさんは気まぐれですもんネ^^
Posted by 006 at 2005年04月23日 23:58
*006さん*

こんにちは。
うほほほ。お恥ずかしいかぎりです。笑っていただけて、うれしいです。

006さんところの記事、わかりやすくまとまっているなあと。自分のところはダラダラ書いてるから。ここも、いろんなのを見ながら書いてますよ。同じですね〜。

これは、もう偶然の産物で、カメラを構えていたのは、きっと数分です。気が短いもので。春先に比べれば、うどんこ病にかかったホトケノザが多くなったなぁ〜、うぇ〜っと思って眺めていたら、何やらチョロチョロ動くものが見えまして。それが、種子を運ぶアリだったんですね〜。それで、006さんの記事を思い出したんです。

隣にあったヒメオドリコソウにもアリがいたんですが、もう種子はなくなっていて、それでも、アリはガクの中を探し回っているようでした。
Posted by hanaboro at 2005年04月25日 10:18
しね
Posted by バカ at 2007年08月23日 15:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ホトケノザの幼芽
Excerpt: クワの根元付近ではじめて見るタイプの双葉発見。姿かたちや周りにある植物からして、ホトケノザに違いない。同定というより断定!同じ1円玉の手前にも。葉のつき方がどちらもシソ科
Weblog: 庭の観察
Tracked: 2006-02-11 23:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。