2005年04月22日

ワダソウ

ワダソウ Pseudostellaria heterophylla


ワダソウは、本州中部以北と九州の一部に分布する多年草です。主に山地の明るめの林内に生育します。全体的に華奢な感じのする小さな草本で、草丈は5cm〜20cm。茎には短い毛が生えています。

葉は対生しますが、葉の形やつき方がちょっと変わっていて、上部につく2対の葉は特に大きくて、すごく接近してつくので、4枚輪生しているように見えます。それより下部のは細長く、コスモスの双葉のような感じで2枚、ピッ、ピッと対生します。さらに、上部の2対は、花の終わりごろになるとかなり大きくなって、その状態を初めて見たときは、これは一体何なんだぁ〜と、しばし考え込んでしまいました。上の葉で長さは5cm前後です。

ワダソウ Pseudostellaria heterophylla


花期は4月〜5月。花は、葉の脇から出た細長い花柄の先につきます。花柄やガクには短い毛があります。花は上向きに開きますが、花が終わりに近づくと下向きかげんになって、果実は垂れ下がります。1株につき花数は、1個〜数個。ナデシコ科ワチガイソウ属の植物で、花は白色の5弁花です。花弁は長さ7mm〜8mm、弁の先は少しへこんだようになります。ガク片も5枚で緑色。

雄しべは10本あって、先の「葯(花粉のあるところ)」の部分が赤くて白の花弁によく映えます。何となくなんですが、10本のうち5本は仮雄しべってことはないですかね。長さや色に違いがあるような気がするんですけど。それとも成熟する時期を5本ずつにわけているとか。。。

名前は、人の名前みたいですけれど、長野県の和田峠に多いことからきているそうです。

【和名】ワダソウ [和田草]
【学名】Pseudostellaria heterophylla
【科名】ナデシコ科 CARYOPHYLLACEAE
【撮影日】2004/04/30
【撮影地】東京都八王子市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 18:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。