2005年04月25日

ニガナ

ニガナ Ixeris dentata


ニガナは、日本全土に分布し、低地の道ばたの草地や、田畑のまわりから山地の日当たりのよい場所まで広く生育し、ごくふつうに見られる多年草です。草丈は20cm〜50cmほどになります。全体的にヒョロヒョロと細長く華奢な感じがします。花もちょっとまばらにパラパラ咲いている感じです。

根生葉は切れ込むことがありますが、切れ込みの度合いはさまざまです。根生葉には長めの柄があって、葉身の部分の長さは3cm〜10cmです。ただし、必ずというわけではないようですが、この根生葉にも生育段階によって明らかに二形見られることがあります。早い時期に出てきた根生葉は、柄の先に丸っこい楕円形の葉ですが、晩春のころに見られる根生葉は細長くて、羽状にギザギザと切れ込んだ状態のものが出てきています。

上に伸びてきた茎につく茎葉は、細長い楕円形で幅は1cm〜3cmほど、柄はありません。つけ根の部分は丸くはりだし、耳状になって茎を抱くような状態につきます。この丸くはりだした部分や葉の中央より下の部分には、粗い切れ込みや先の細長くなったギザギザが見られます。ちなみに、学名の種小名「dentata」は、「鋸歯のある」という意味です。葉の質は根生葉も茎葉も薄く、柔らかな印象があります。

葉や茎を切ると断面から白い乳液が出てきます。この乳液に苦味があるところから、「ニガナ(苦菜)」という名前がつけられたといわれています。

ニガナ Ixeris dentata


花期は5月〜7月。茎の上部では枝分かれして、「集散花序」に黄色の花(頭花)をつけます。頭花の直径は1.5pぐらい。花びらに見える「舌状花」はふつうは5個ですが、6〜7個のこともあります。キク科の植物ですので、この花びらに見えるものは1つ1つが小さな花(小花)です。こんなふうに複数の花が集まって1つの花に見えるものを「集合花」といいます。

花びらの下の部分には、緑色の筒状の「総苞(うほう)」があります。総苞には細長い線形の「総苞片」が並んでいますが、ふつうパッと見てそれとわかるのは、細長い「総苞内片」です。「総苞外片」はごく短いもので、総苞の下の方にちょこっと貼りついている程度の目立たないものです。

花の後にできる果実(そう果)は紡錘形で、長さは3mm程度。

「ニガナ」は、いろいろと変異の大きい植物ですが、花の直径が2cmくらいの大きめで、舌状花が8〜10個と多く白色のタイプの「シロバナニガナ (Ixeris dentata var. albiflora) 、その黄色のタイプの「ハナニガナ(Ixeris dentata var. albiflora f. amplifolia)」などがあります。今回の写真の個体は、まだ花が咲いていませんので、このうちのどのタイプなのかはわかりませんね。花の咲くころまで、もうちょっと待ちましょう。雌しべの花柱の先が2つに裂けてルッと巻いた状態が見られるのも、もうすぐ。

【和名】ニガナ [苦菜]
【学名】Ixeris dentata (Ixeridium dentatum)
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2005/04/14
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
ジシバリ
オオジシバリ

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 18:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ロゼット図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3149536

この記事へのトラックバック

ニガナ
Excerpt: ニガナ:キク科 開花時期:葉や茎に苦味のある白い乳液を含む為、ニガナ(苦菜)という名が付いたらしい。食べられるそうですが、美味しいと言う記述はほとんど無い(苦いんだもんね)。むしろ鼻づまりや胃薬として..
Weblog: 日々 絵
Tracked: 2005-06-22 19:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。